ロート製薬は年内にリアップのジェネリックを発売予定

8月6日にアンファーが大正製薬のリアップのジェネリックになるメディカルミノキ5を発売したのはご存じだと思います。

 

リアップのジェネリックがロート製薬から発売予定

 

香取慎吾と草彅剛のミノキ兄弟の影響もあって売れ行きは好調のようです。

 

そして、アンファーに続いて、

  1. ロート製薬
  2. 加美乃素本舗

などの大手製薬会社を含む4~5社がリアップのジェネリックを発売する計画であることも明らかになっていました。

 

10月9日、ロート製薬は、

ミノキシジルの発毛効果に新しい作用を見出したと発表し、

年内にミノキシジルに新たな成分を配合したリアップのジェネリックを発売する計画

であることを明らかにしました。

 

Sponsored Link

 

ロート製薬がリアップのジェネリックを年内に発売

ロート製薬は胃腸薬や目薬などの一般用医薬品(OTC医薬品)やスキンケア製品を主力商品とする製薬会社で、

「50の恵」という医薬部外品の育毛剤を販売していますが、

 

ロート製薬は10月9日に、

ミノキシジルに新たな作用を発見年内に発毛剤事業に参入する方針

を明らかにしました。

 

 

世界初!

ミノキシジルが脂肪由来幹細胞からの発毛因子の遺伝子発現を高めることを確認

ロート製薬の再生医療研究を「発毛」の研究へ応用

脂肪由来間葉系幹細胞の発毛研究における新知見

 

詳しく見る ⇒ ロート製薬 プレスリリース

 

ロート製薬は、2011年から再生医療の研究を開始し、

特に脂肪幹細胞に着目して研究を進めていたのですが、

ミノキシジルに新たな作用を世界で初めて見出したというのです。

 

Sponsored Link

 

ロート製薬が発見したミノキシジルの新しい作用

リアップの主成分はミノキシジルという化学物質です。

ミノキシジルはアメリカのアップジョン社 (現 Johnson & Johnson 社)が見出した物質で、

アップジョン社は経口薬の高血圧の治療薬として開発をすすめたのですが、

副作用として多毛症があることが判明し、

そこで、外用の育毛剤としても開発を進め1988年に脱毛症の治療薬としても承認されたのです。

 

国内では大正製薬が導入し、

14年間の開発期間を経て、

1999年に発売され、リアップは6,000万本も販売されています。

 

ということで、

ミノキシジルの作用は血管拡張作用だと考えられています。

ミノキシジルは頭皮の血行を良くして毛母細胞を活性化させて発毛を促進すると考えられていたのです。

 

ロート製薬は2006年から幹細胞を用いた再生医療の研究を開始し、ミノキシジルの脂肪幹細胞に対する作用に着目したのです。

脂肪幹細胞とは脂肪細胞の中にある、骨や軟骨、脂肪など様々な細胞へ分化することのできる細胞で、

髪の毛の根元の毛球部の周辺には多くの脂肪細胞があり、

この中の脂肪幹細胞が毛母細胞の修復や様々な成長因子を分泌して発毛を促進していると考えられているのです。

 

 

 

今回、ロート製薬は、

「ミノキシジルが脂肪由来幹細胞からの発毛因子の遺伝子発現を高める」

ことを世界で初めて発見したのです。

 

やや難しいのですが、簡単にいえば、

 

ミノキシジルによって脂肪幹細胞から、

  1. FGF7:毛の伸長に重要なな働きをする
  2. VEGFA:血管誘導に重要な働きをする
  3. PDGFA:発毛に重要な働きをする

という3つの成長因子が分泌されるというのです。

 

 

ロート製薬はリアップのジェネリックを発売するとプレスリリース

 

ロート製薬では、

 

年内にミノキシジルにこの作用効果を高める物質を配合した新たな育毛剤を発売することを明らかにし、

リアップやメディカルミノキ5よりも発毛効果が高いリアップのジェネリックが発売されることが期待されるのです。

 

Sponsored Link

 

リアップのジェネリックは続々と発売される

ED治療薬であるファイザー社のバイアグラは、

2013年5月に国内での物質特許が、2014年5月に用途特許が切れたことから、

2014年5月26日に東和薬品がジェネリックを発売したのにつづき、

陽進堂、武田薬品、キッセイ薬品、富士化学工業、摩耶堂製薬など2014年度末までに、

なんと10社からバイアグラジェネリックが発売されたのです。

 

 

リアップについても、2017年に国内の特許が切れたことから、

  • 生物学的同等性
  • 薬剤の安定性(長期保存試験や加速試験)

を証明する試験を行えば、

どこの製薬会社でも厚生労働省から製造販売承認を得て発売できるのです。

 

リアップについても、

  • ロート製薬
  • 加美乃素本舗
  • っっっx

などの4~5社が発売を計画しているといわれています。

 

リアップのジェネリックで価格破壊は起こるのか

 

バイアグラは健康保険が適用されないため、自由診療で処方され、

1錠(50mg) 1,500円

で処方されていました。

 

バイアグラのジェネリックでは、

 

1錠(50mg) 1,250円

と、バイアグラの8掛けの価格のようで、期待したほどの価格の低下(価格破壊)は起こっていないようなのですが、

 

Webで検索するとEDクリニックでは、

  • 1錠(50mg) 300円
  • 1錠(50mg) 500円

との価格も見受けられますが、国内の純正品のジェネリックなのか、インドなどの粗悪なジェネリックなのかは不明です。

 

 

リアップのジェネリックであるメディカルミノキ5の価格は、

  • メディカルミノキ5 : 7,800円(税込)
  • リアップX5プラス  : 7,611円(税込)

であり、ジェネリックであるにもかかわらずリアップよりも110円も高く、

 

「ジェネリックだから安い」と期待していた人には残念な結果になりました。

 

ただし、

 

メディカルミノキ5ではまとめ買いをすれば安くなり、

  • 通常価格 : 7,800円
  • 3本セット: 21,060円(1本あたり7,020円)
  • 4本セット: 27,000円(1本あたり6,750円)

4本まとめ買いでは1本当たり6,750円で、

総額では4,200円安くなります。

 

アンファーでは購買ターゲットを20~30歳の若い男性層としており、

リアップの購買層である40~50歳代の中高年とは差別化を図っているのです。

 

今年末に発売されるであろうロート製薬のリアップのジェネリックでは、

ミノキシジルにこの作用効果(成長因子の分泌促進)を高める物質を配合した新たな育毛剤

と公表していることから、

 

リアップの効果に付加価値を付けた製品として、

ロート製薬のジェネリックはリアップと同等の価格

になると予想されます。

 

ロート製薬の安いジェネリックを!と期待して待っているのであれば、

直ぐにでも、リアップやメディカルミノキ5の使用を始めた方が賢明のようです。

 

なお、毛髪診断士で毛髪科学協会の認定講師である私としては、

ミノキシジルの3倍の効果があるといわれるフィンジアも検討することをお薦めします。

 

関連記事(一部広告を含む)

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ