40代女性が脱毛症になったらやることは2つ

 貴女の頭頂部は大丈夫ですか?

頭頂部の薄毛は気付きにくい

髪を洗ったときやブラッシングしたときに時に、抜け毛が多いな、、と思うことはあっても、自分の頭頂部の薄毛はなかなか気付かないものです。

手鏡でもなかなか頭頂部は見にくいものです。

ですから、このビデオのように、娘さんなどから、『髪が薄くなってない?』と指摘されて始めて頭頂部の薄毛に気付く方が多いのです。 

40代女性の薄毛が増えている

 しかし、お辞儀をしたときや、背の高い男性からは、貴女の薄毛は丸見えなのです。

女性の薄毛や脱毛症が増えている

薄毛や脱毛症は男性だけのものと思われているかも知れませんが、女性でも薄毛や脱毛症の人がが増えているのです。 

リーブ21がインターネットで頭髪の悩みについてアンケート調査を行ったところ、薄毛や脱毛が進んでいると感じている人はおよそ4,200万人で、そのうちの1,700万人が女性だそうです。

この調査では、15歳以上の男女4,800名を対象に、「あなたは頭髪では薄毛や脱毛が進んでいると思いますか?」という質問に対して、「ひどく進んでいる」「進んでいる」「やや進んでいる」と回答した人を脱毛が進行している人と定義して、人口推計と対比して薄毛人口を推定したのだそうです。

日本の女性人口はおよそ6,400万人ですからその内の1,700万人ということは、4人に一人が薄毛やハゲで悩んでいることになるのですが、中高年の年齢層に限ってみれば、もっともっと多くの女性が薄毛で悩んでいることになります。

薄毛で悩んでいるのは貴女だけではないのです。

Sponsored Link

女性用育毛剤が売れている

女性で薄毛や脱毛症が増えていることを反映して、育毛商品を買う女性が増え、全国のドラッグストアにおける女性用育毛商品の売上額は、2010年から2012年の2年間に58%も伸びているのだそうです。

女性用育毛商品の市場規模的は、男性用育毛商品に比べてまだ小さいのですが、男性用育毛商品の売上げがほぼ横ばい状態なのに比べて、女性用育毛商品の売上げは急成長しているそうです。

M字ハゲに効く育毛剤

さらに、その後の(株)総合企画センター大阪の調査では、女性用育毛商品の2013年度の売上高は、前年度比5.0%増の125億円で、男性用も含めた育毛市場全体の約4分の1を占め、2009年からの過去5年間で約1.3倍に拡大したそうで、女性の薄毛や脱毛症の拡大を反映しています。

この市場拡大や、右肩上がりの成長に目を付け、新しい育毛商品がたくさん発売されていますが、新規参入の会社も多く、2014年7月に、富士フイルムが女性向け「育毛」市場に参入することを

 

女性の薄毛や脱毛症はホルモンの影響

男性の脱毛症は、前頭部やこめかみの生え際から薄毛になるいわゆるM字ハゲともいわれる「男性型脱毛症」がほとんどです。

この男性型脱毛症は最近はAGA(Androgenetic Alopecia)ともいわれますが男性ホルモンの影響によるもので、前額部がM字状にハゲるのが特徴です。

一方、女性の脱毛症は、頭頂部を中心に、全体的に薄毛になる場合がほとんどで専門的には、「びまん性脱毛症」(びまん=一面にという意味)と呼ばれています。

女性のびまん性脱毛症の原因

加齢にともに身体機能が衰えますが、頭髪においても同じことです。

髪の毛を作り出す毛母細胞や毛乳頭細胞の活動も少しづつ衰え、髪の毛の太さが細くなったり、髪の毛のハリやコシがなくなったりすると同時に、頭頂部を中心に頭髪全体が薄くなるのです。

女性の髪の毛の加例に伴う変化

40代後半における女性の薄毛や脱毛症には、女性ホルモンの低下が関係してると考えられています。

40代になると卵巣の活動は急激に低下してやがて閉経を迎えるのですが、20代をピークに女性ホルモンが次第に低下し、40代後半では急激に低下します。

更年期障害はエストロゲンの低下による

この、女性ホルモンの急激な低下が40代女性における薄毛の原因と考えられています。

40代女性の薄毛はホルモンバランスが関与

男性の男性型脱毛症は、男性ホルモンであるテストステロンが5α-リダクターゼという酵素によってジヒドロテストステロン(GHT)という男性ホルモンに変わるのですが、DHTが毛根部に作用して発毛を抑制することが原因です。

40代後半の女性の薄毛もこの男性ホルモンによるのではないかと考えられています

女性にも男性の1/10程度ですが男性ホルモンがあるのですが、閉経前後に女性ホルモンが急激に低下することから、相対的に男性ホルモンが増えたように身体が感じてしまう結果ではないかと考えられているのです。

女性男性型脱毛症の原因

ですから、40代後半女性の薄毛は、女性型男性型脱毛症、FAGA(Female Androgenetic Alopecia) とも呼ばれているのです。

女性男性型脱毛症も、AGAといわれる男性型脱毛症と同じく、男性ホルモンであるテストステロンが5α-リダクターゼによりジヒドロテストステロン(DHT)に変化し、DHTが髪の毛の成長を抑制してしまうのではないかというのが最近の新しい学説です。

 

40代女性で脱毛症の貴女がやることは2つ!

40代女性における薄毛や脱毛症は閉経に伴う女性ホルモンの低下の影響によるもので、更年期障害などと同じように、一時的なものと考えられています

ですから、余り気に病むことはありません

40代女性の薄毛は生活習慣の改善と育毛剤の使用によってより早く回復させることができます。

それは2つ!

 ◆ 食生活を改善する

 ◆ 脱毛に良い育毛剤を使う

たったコレだけです。

 ①食生活の改善で薄毛が治る

食品ではなんといっても大豆製品です。

大豆には良質の蛋白質がたくさん含まれているのですが、なんといってもイソフラボンという成分が大きな働きをします。

大豆にはイソフラボンという、女性ホルモンと同じ働きをする成分が含まれているのです。

大豆製品は、更年期症状を緩和するとともに、ホルモンバランスのひずみを直し、薄毛や脱毛症を早く回復することができるのです。

 「大豆イソフラボンと女性ホルモンの関係」についてはこちらもご覧ください。

  >>>> イソフラボンは女性の薄毛にいい

   >>>> 女性の薄毛は高野豆腐で治る

    >>>> 髪に良い食べ物はまごわやさしい

髪によい食べ物を摂ることによって、ゆたかな髪の毛を取り戻せる可能性が一層高まります。また、女性の薄毛は、中高年のほうが改善しやすい傾向があるといわれていますので、余り心配してストレスを溜めないようにすることも大切です。

②女性の脱毛症に効果的な育毛剤

上にも書きましたように、

40代女性の薄毛や脱毛症の原因は、

 ◆ 毛母細胞や毛乳頭細胞の加齢に伴う活性低下

 ◆ 女性ホルモン低下に伴う男性ホルモンの影響

であると考えられています。

これに対応するには、

 ● 毛母細胞や毛乳頭細胞を活性化する育毛剤

 ● 男性ホルモンをブロックする育毛剤

ということになります。

毛母細胞や毛乳頭細胞を活性化する育毛剤

たくさんの育毛商品が売られており、非常に選択が困難です。

いずれも商品も直ぐにでも効くようなキャッチコピーばかりです。

しかし、発毛理論に則った育毛剤、発毛に関して科学的根拠がある育毛剤を選ぶ必要があります。

全ての製品を評価することは困難ですが、現在までに30製品ほどの成分を比較した結果、「M-1育毛ミスト」が良いと判断し、家内にはこれを使っています。

  >>> 40代女性のための育毛剤の選び方

リアップは一番売れている育毛剤ですが、有効成分のミノキシジルは高血圧の薬として開発されたもので、血管拡張作用が有ります。頭皮の血管を拡張し血行を良くして発毛を促進するのです。

男性用は5%溶液なのですが、循環器系の副作用があることから女性用は2%です。海外では飲み薬も発売されていますが、国内では開発時に動物試験で犬が心臓破裂で死亡したことから、開発中止になりました。

最近は、ミノキシジルにも血流促進の他にも細胞成長因子の分泌する作用が有るといわれておりますので、使ってみるのも良いでしょう。

男性ホルモンをブロックする育毛剤

5α-リダクターゼという酵素を抑制してジヒドロテストステロン(DHT)の産生を抑えることにより脱毛を抑えることができます。

5α-リダクターゼ抑制作用のある育毛剤はプロペシアで医療用医薬品ですから医者の診察を受ける必要があります。

性機能減退、勃起不全などの性機能に関した副作用があり、残念ながら、女性では服用禁止になっています。

大豆に含まれるイソフラボンは女性ホルモン用作用が有るのですが、5α-リダクターゼ抑制作用が有ることが科学的にも証明されています。

イソフラボンを含む育毛剤は5α-リダクターゼ抑制作用が有ることから男性型脱毛症の育毛剤として使われています。

私は、この「薬用プランテル」を使っていますが、男性用に限られた育毛剤ではありませんので、女性でも有効です。

同じ5α-リダクターゼ抑制作用をもつ育毛剤には「ブブカ」、「チャップアップ」などがありますが、これらはオウゴンという植物に含まれるエキスが5α-リダクターゼ抑制作用があるとしています。

「ブブカ」、「チャップアップ」は女性用としても宣伝していますが、「ブブカ」、「チャップアップ」を使われるのであれば、「薬用プランテル」の方が有効だと判断しています。

  >>> 女性のために育毛剤は、「M-1育毛ミスト」「薬用プランテル」

最後に繰り返しになりますが、育毛は育毛剤だけではダメです。食生活、頭皮環境、そして育毛剤と全てが揃わなければ育毛はしないと言うことをしっかりと頭に留めておいてください。

  ① 食生活の改善

  ② 有効な育毛剤を使う

良い髪を育てる

Sponsored Link

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ