40代女性の薄毛は高野豆腐で治る

高野豆腐は40代女性の薄毛を救う

高野豆腐が、低糖質で高蛋白質、そして優れた栄養素が豊富に含まれていることから、ダイエット更年期障害の予防で注目を集めています。

高野豆腐は、鎌倉時代に高野山で修行に励む僧侶たちの貴重な蛋白源でも有名だが、味噌や納豆とも並ぶ日本のスーパーフードの一つなのですが、薄毛で悩む40代女性にとっても救世主なのですが、

髪の毛にいい食べ物としてこのサイトでオススメしているイソフラボンが豊富に含まれているのです。

高野豆腐のイソフラボン量

  • 高野豆腐1個(10g)・・・8.9 mg
  • 納豆1パック(40mg)・・・ 29.4 mg
  • 豆腐1丁(400g)・・・ 20.3 mg
  • 豆乳(200ml)・・・ 49.6 mg
  • 油揚げ1枚(20g)・・・ 7.8 mg
  • きな粉 大さじ1(6g)・・・ 16.0 mg
  • 味噌 大さじ1(18g)・・・ 8.9 mg
  • しょう油 大さじ1(18ml)・・・0.2 mg

 

高野豆腐とイソフラボン

高野豆腐は高野山でつくられた?

高野豆腐はその名前の由来通り、約800年ほど前の鎌倉時代に、高野山の僧侶達によって作られたのです。

高野山ではたくさんの僧侶が修行に励んでいたのですが、殺生を禁じた仏教の教えにより、魚や肉を食することができず、もっぱら豆腐などの植物性蛋白質に頼っていたのです。

精進料理として食べていた豆腐が冬の厳しい寒さで凍ってしまいまい、翌日に解凍して食べたところ、豆腐とは異なった食感が珍しく、それ以来、作り方にも改良が加えられ、一度凍った豆腐を解凍し、水をしぼってから乾燥して保存する方法が編み出されたのです。

東北や信州の凍み豆腐も高野豆腐と同じ

東北地方や信州では高野豆腐のことを「凍み(しみ)豆腐」とよびます。しみるとは、凍るという方言です。「今日は凍みるね」というのは、「今日は冷えるね」ということです。さて、このしみ豆腐も高野豆腐とほぼ同じ時代の鎌倉時代からつくられていた“一夜凍り”を、室町時代から安土桃山時代にかけて、縄でくくって軒先に吊していたところ、自然に乾燥し、日持ちが良くなることが発見され、以後、この作り方が定着して保存食や兵糧食とされたのです。

現在の製法は人工冷凍法

 高野豆腐のメーカーである旭松食品によると、明治36年の第4回国内勧業博覧会で人工冷凍豆腐が出品され、高野豆腐業界にとって画期的な歳だったのだそうです。それまでの天然製造法では製造が天候に左右されやすく、品質の一定した商品を計画的に生産することは困難でしたが、工程の機械化による人工冷凍法を取り入れ、一年中均質な製品を必要な量だけ製造することを可能になったのだそうです。

さらに、それまでは東北地方や信州地方など、冬に気温が下がる気象条件の場所でしか作れなかったのですが、消費者に近い場所で、工場で生産できるようになり、輸送費の節約や製造コストの引き下げ、大量生産が可能となり、高野豆腐の生産や消費量も大幅に伸びたのだそうです。

 

 高野豆腐は栄養の宝庫

豆腐は大豆蛋白質や種々の栄養素がたくさん含まれているのですが、高野豆腐は豆腐の水分を抜いて、豆腐の栄養素をギュッと凝縮した栄養素の宝庫なのです。

高野豆腐には、良質な大豆蛋白質をはじめ、カルシウム、鉄分、亜鉛などのミネラルやビタミン類が多く含まれています。

なかでもけた違いに多いのは蛋白質で、高野豆腐1枚に牛乳1杯分以上を含んでいるというから驚きですね。

高野豆腐の栄養の宝庫

 

女性が高野豆腐をオススメする理由 

 高野豆腐には、毛の成長にも欠かせない蛋白質や、筋肉や血液を作り出すのに欠かせない栄養素で、高齢者には不足しがちな栄養素がたくさん含まれています。

特に、40歳代の女性に高野豆腐をオススメなのは、閉経による女性ホルモンの代わりをしてくれるイソフラボンが豊富に含まれていることに加え、骨粗鬆症を予防するカルシウム量も多く、女性には欠かせない鉄分の量が多いのも重要なことなのです。 

新陳代謝や骨を作るに欠かせないカルシウム、亜鉛、ビタミン類は、古い細胞を剥がし、くすみのない肌を作るとともに、薄毛や抜け毛を軽減して艶やかな髪を蘇らせるうえで不可欠です。

若々しく血色のよい肌作りや、全身の冷えを改善してくれる鉄分も女性の体に欠かせない重要な成分なのです。

また、アミノ酸のバランスも良く、脂肪燃焼系アミノ酸(リジン、プロリン、アラニン、アルギニン)が多いのが特徴で、ダイエットや生活習慣病の予防や改善にも効果的なのでうす。

 

高野豆腐の栄養成分 (100g当たり)

エネルギー 529 kcal
水分 8.1g
たんぱく質 49.4g
脂質 33.2g
炭水化物 5.7g
食物繊維 1.8g
カルシウム 660mg
マグネシウム 120mg
リン 880mg
カリウム 30mg
鉄 6.8mg
亜鉛 5.2mg
ビタミンE (αトコフェロール) 2.0mg
ビタミンB2 0.01mg
ビタミンB6 0.02mg
ナイアシン Trmg
葉酸 5mg
パントテン酸 0.07mg

[五訂日本食品標準成分表より]

 

高野豆腐のイソフラボン量

貴女に高野豆腐をオススメするのは、高野豆腐には女性ホルモンと同じような働きをする大豆イソフラボンが含まれており、閉経前後のホルモンバランスの乱れを整えてくれ、閉経に伴う薄毛を防いでくれるからなのです。

高野豆腐は40代女性が気になる更年期の諸症状に心強いサポーター食材なのです。

・納豆1パック(40mg)・・・・ 29.4 mg
・豆腐1丁(400g)・・・・・・・20.3 mg
・豆乳(200mg)・・・・・・・・49.6 mg
・油揚げ1枚(20g)・・・・・・・7.8 mg
・きな粉 大さじ1(6g)・・・・・16 mg
・味噌 大さじ1(18g)・・・・・8.9 mg
・しょう油 大さじ1(18mg)・・・0.2 mg
・高野豆腐1個(10g)・・・・・・・8.9 mg
・おから1/2カップ(3.5g)・・・・3.7 mg
・煮豆 大さじ2(22g)・・・・・・18.5 mg

納豆や豆腐を毎日食べることは困難でも、高野豆腐は調理のバリエーションも多く、水分が少ない分、栄養素が濃縮されています。

大豆100gから豆腐1~2丁(300~600g)が作られるのに対し、同じ量の大豆からできる高野豆腐は45gで、大豆の栄養や植物性蛋白質がギュッと凝縮されているのです。

豆腐1丁を1人で食べることはなかなか困難ですが、高野豆腐を2個食べることは可能でしょう、、。

何よりも、忙しい貴女にとって、高野豆腐は戸棚にいつでも保存しておける、ということは非常に便利なことだと思いますよ。

 

 高野豆腐で減量

肥満治療の権威で医学博士のよこはま土田メディカルクリニック院長の土田隆さんは、高野豆腐は、

  1. 安価で手に入りやすい
  2. 単食でも栄養のバランスが抜群
  3. 短期間で減量できる

と、高野豆腐は三拍子揃ったダイエット食材だと推奨しています。

 2週間で健康的に体重の6%の減量が可能だというのです。

1ヵ月で15kgの減量も

土田さんの減量法は、『2週間、夕食を高野豆腐に替えること』。

1回に何枚の高野豆腐食べてもOK。

50kg→47kg

60kg→56.4kg

と、体重の6%は確実に落ちるそうです。

高野豆腐は筋肉を作る蛋白質の含有率が高く食事制限で問題になる代謝低下の心配もないそうです。

さらに土田さんの『高野豆腐減量法』では、体のリズムと美肌作りに効果が有るそうです。

高野豆腐の特徴のひとつが、消化吸収の速さで、夜遅く食べても消化が早いことから、睡眠時に胃に食べ物が残らないことから、良質な眠りがとれるとのことです。

消化が早いので翌朝の排便がスムーズで食欲もわき、腸内環境が整い、高野豆腐に含まれるアミノ酸やビタミンの吸収率も増え、肌や髪の美しさもアップするそうです。

 

高野豆腐は生活習慣病の予防にも良い

2013年2月に厚生労働省が発表した都道府県別の平均寿命で、長野県がはじめて男女とも1位となったのですが、長野県は全国総生産量の9割を誇る高野豆腐生産県で、長野県の長寿の裏には高野豆腐があるのだそうです。

高野豆腐はこれる手ロールや中性脂肪を低下させる

高野豆腐には、コレステロールや中性脂肪値を低下させるレシチンや大豆サポニンを含んでいるので、中高年の健康と体形維持には欠かせない食材でもあるのです。

生活習慣病が死因の過半数を占め、40~74才における男性では2人に1人、女性では5人に1人がメタボリックシンドロームの該当者または予備軍といわれています。

高野豆腐普及委員会は、生活習慣病のリスクを改善する食材としてこうや豆腐を使った試験を行い、2014年5月にその成果を発表している。

高野豆腐を1日1回、1ヵ月間摂食したところ、善玉コレステロールであるHDLが上昇し、それに伴う動脈硬化指数がダウンしたという。

さらに、中性脂肪が高かった被験者ではも数値が低下するなど、一部生活習慣病が軽減したのだそうだ。

高野豆腐普及委員会の会長である登内英雄さんは、「わが社のメタボ社員が1日1枚高野豆腐を食べ続けたところ、1年半で15.5kgの減量に成功。健康診断の数値も改善された」と報告していますが、15.5kgって凄いですよね。

 

高野豆腐の料理法

豆腐よりも高野豆腐の方が料理のバリエーションが広いようですが、高野豆腐と聞いて思い出す料理法は「お煮染め」ですね、、、。

これが1番一般的ですが、高野豆腐は高野山の精進料理は発祥といわれればうなずけます。

高野豆腐普及委員会 技術部長・村澤久司さんは、「たんぱく質の消化吸収には、ビタミンB群を含むまぐろや鶏ささみといった食材を一緒に食べると効果的に摂取できます」とのことです。

私は料理好きなのですが、高野豆腐といえば煮染めしか思い浮かばないのですが、簡単に(男でも?)作れるレシピを調べてみました。

 

【こうや豆腐とかぶのそぼろ煮】

(1)こうや豆腐2枚は「水戻し」して4等分。かぶ2個は皮を剥き4等分し、茎は3cm幅に切る。

(2)鍋に鶏胸ひき肉100g、醤油大さじ1、砂糖・みりん各大さじ2、塩小さじ1/4を加えて混ぜ合わせる。中火にし、混ぜながら鶏肉をそぼろ状にする。
(3)次に、だし汁1.5カップを加えてひと煮立ちしたら、のかぶを入れ落としぶたをして弱火で約20分煮含める。
(4)落としぶたを取り、(1)の茎を入れてひと煮たちさせ、水溶き片栗粉(片栗粉大さじ1、水大さじ3)を加えてとろみをつける。

これなら簡単、今から冬に向けてかぶが美味しくなる季節です。

【こうや豆腐のチーズピカタ】

(1)こうや豆腐4枚は、「レンジ戻し」する。粗熱がとれたら水気を絞り、厚みを半分にして間にスライスチーズ4枚を挟む。
(2)溶き卵2個、コンソメ(顆粒)小さじ2、塩小さじ2/5、こしょう適量、パン粉大さじ4を混ぜ、(1)を漬ける。
(3)熱したサラダ油大さじ2に(2)を入れて両面こんがりと焼く。好みの野菜適量を添えて皿に盛る。

これも簡単で洋風のレシピです。

一番簡単な高野豆腐の食べ方

もっと簡単で、アッという食べ方がないかとネットで探しました!

登喜和冷凍食品株式会社という高野豆腐の生産工場で、昭和61年から22年間も品質管理の仕事をしている、高野豆腐のプロ中のプロである竹本朋子さんの食べ方。

「戻しただけのこうや豆腐が一番美味しいと思いますね」

毎日湯戻しした高野豆腐を検査のために食べ続けている竹林さん。

検査の時には、醤油も何もかけずに、そのまま食味を調べますが、さすがに料理としてはちょっと不向き。

そこで考えたのが、「ざる高野」。

60~70℃のお湯に20~25分程度浸し、トロトロになるまで戻した高野豆腐を、寄せ豆腐や汲み上げ豆腐と同じように、スプーンで大まかに切り分けてざるにあけます。

今の高野豆腐は水に1分浸すだけで簡単に戻せるようになりました(昔のは湯水で戻すのが結構時間がかかり、重層臭さを除くために水替えも必要でしたよね)。

彩に青物を添えて、鰹節、ミョウガ・ネギ・シソ・ショウガなどの薬味を好みで載せて、めんつゆで、いいただきま~す、と超簡単です。

高野豆腐は、スポンジような少しゴワゴワした食感かと思っていましたが、トロトロ、フワフワの今まで食べたことのない食感だそうです。

私も、早速試してみます。

 

いかがでしたでしょうか、、、。

40歳代の薄毛には大豆イソフラボン。

大豆イソフラボンは高野豆腐にタップリ含まれているのです。

 

 Sponsored Link

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ