髪の毛が薄くなってきたら髪の毛にいい食べ物と育毛剤

髪の毛が薄くなったらすること

髪の毛が薄くなってきたら何をしようと思いますか?

  • 育毛剤や発毛剤を探すこと

ほとんどのヒトがすることはこれです。

  • 最も効果的な育毛剤はどれか、、
  • 1番早く髪を生やすことができる育毛剤はどれか、、

ネットで検索したり、週刊誌の宣伝を見たり、テレビのコマーシャルを注意したり、して探しますが、以外なのは、

  • 友達に聞かない

ということです。

化粧品やグルメ情報などは必ず友達に聞くのに対し、育毛剤情報については友達に聞くと言うことをしないそうです。

自分が薄毛だと言うことを知られたくないのでしょうね、、、

これは、男性でも女性でも同じだそうです。

 

髪の毛が薄くなったら食事の見直し

髪の毛が薄くなってきたら、一番先にやることは、食事の見直しです。

意外とこれが守られず、忘れられていることです。

  1. 髪の毛に悪い食生活をしていないか
  2. 髪の毛にいい食べ物を食べているか

これは非常に大事なことです。

髪の毛も生きていますし、身体の一部です。

髪の毛も身体の一部だと言うことが意外と忘れられているのです。

体重が減った、肌が荒れた、足がむくんだ、、

というようなことがおこれば、

  • 栄養が足りなかったのか
  • ビタミンCが少なかったのか
  • 水や塩分の摂り過ぎかな

などと、食べ物や栄養素、そして食生活のことをまず第一に考えます。

髪の毛も身体の一部で生きているのですから、髪の毛が薄くなってきたら、まづは髪の毛のことを思いやってください。

 

髪の毛が薄くなってきたら食事内容の見直し

髪の毛の95%は蛋白質です。

髪の毛の蛋白質の99%はケラチンです。

身体は蛋白質で作られますが、多くの割合を水分が占めていますが、髪の毛は例外的に水分がほとんど含まれず、大部分が蛋白質でその蛋白の質の大部分がケラチンなのです。

身体の中の蛋白質は、肉や穀類などの栄養素が消化管内で分解され、アミノ酸の形で血液に取り込まれた後に身体の各部分で蛋白質に再合成されます。

髪の毛は生命維持に関わる臓器ではないため、栄養補給は一番後まわしにされてしまう

ですから、栄養素やビタミン、ミネラルなどが不足すると、一番最初に影響が出るのです

髪の毛が薄くなってきたと感じたら、毎日の食事の摂り方食事内容に注意してください。

 

食事内容のチェック

髪の毛にいい食べ物については何回かお話ししましたので大体のことは分かっていただいているかと思います。

重要なことですので、繰り返しになるかも知れませんが、もう一度、お話ししましょう。

  • 蛋白質
  • ビタミンA、B群
  • 亜鉛

でしたね。

もう一つ、オメガ3脂肪酸というものも有りますが、今回は上の3つについてチェックしてください。

蛋白質は通常の食事をしていれば不足することはありません。

  • 炭水化物の多い食事
  • 過度なダイエット

などをしていたり、ファーストフォードやインスタント食品が多い食生活をしていたら要注意です。

 

蛋白質

蛋白質は肉類、魚類、豆類などに多く含まれていますし、牛乳やヨーグルトなどの乳製品は便利な蛋白質の供給源です。

注目して欲しいのは大豆です。

大豆は私たちの食生活では、豆腐、油揚げ、納豆、煮豆、そして最近は豆乳飲料もたくさん出ています。

 

大豆をオススメするのは、大豆の中には“イソフラボン”という髪のけに非常に良い成分が含まれているのです。

  このことは イソフラボンは髪の毛にいい食べ物です に詳しく書いていますので読んでください。

 

イソフラボンには、髪の毛にとって良い作用が有るのです。

  1. 女性ホルモン作用
  2. 5α-リダクターゼ抑制作用

ですね。

 

イソフラボンは植物性エストロゲンとも言われます。エストロゲンは女性ホルモンのことですね。

女性では、更年期になると卵巣の働きが低下しますのでエストロゲンが不足して、様々な更年期障害症状があれわれます。

ほてり、発汗、動悸や息切れ、骨粗鬆症、そして女性男性型脱毛症です。

イソフラボンは女性の脱毛症を防ぐ作用が有るのです。

 

イソフラボンは男性のAGAにおいても重要な働きをしています。

AGAは男性ホルモンが5α-リダクターゼという酵素によってジヒドロテストステロンという男性ホルモンに変化し、このジヒドロテストステロンが発毛を抑制してしまうのですが、イソフラボンは、5α-リダクターゼ抑制作用が有るのです。

髪の毛が薄くなってきたと感じたら、大豆製品を食べるように心掛けてください。

 

ビタミンA、B群

ビタミンA、B群、とりわけビタミンB6は髪の毛だけでなく、身体の代謝にとって重要です。

髪の毛に対しては、不足すると、脂漏性皮膚炎、湿疹、かぶれ、フケ、脱毛がおこりやすくなります。

ビタミンB6は、ビール酵母、ヒマワリの種、小麦胚芽、レバー、米ぬか、豆類、クルミなどに多く含まれています。

蛋白質を豆類で摂るように心掛けていれば不足することはないでしょう。

 

亜鉛

亜鉛が不足すると、消化管の蛋白質分解酵素の働きが悪くなり蛋白質の消化吸収が悪くなることから、せっかく摂った蛋白質が有効に働かないことになります。

亜鉛は身体の新陳代謝に不可欠なミネラルで、蛋白質や核酸の合成に関与しています。

前立腺の働きを正常化し生殖機能の発達に不可欠ですから、アメリカではセックスミネラルと呼ばれたりしています。

髪の毛にとっては、上にも書きましたが、AGAの原因である5α-リダクターゼに体して、抑制する作用があり、髪の毛が薄くなってきたと感じているヒトには絶対に必要なミネラルです。

   詳しく見る ⇒ 亜鉛は髪の毛に良い食べ物

亜鉛を多く含む食品は、牡蠣、タラバガニ、シジミ、ホタテ、焼き海苔、ココア、カシューナッツ、アーモンド、肉類、玄米、クルミ、葱、大豆、小麦、小麦胚芽、ごまなどです。

海藻類にも多く含まれ、ワカメ、ヒジキ、焼き海苔などに多く含まれます。

昔から、“ワカメやヒジキを食べれば髪が黒くなる”といいます。海草類には髪を黒くするメラトニンの働きはありませんが、髪の毛を育て太くすることから、“髪を黒くする”と言ったのかも知れません。

 

Sponsored Link

 

髪の毛が薄くなってきたら育毛剤を選ぶ

髪の毛が薄くなってきたら、第一に食生活を見直します。

食生活の改善でも薄毛が治らないわけではありません。

しかし、できるだけ早く改善しようと思うのであれば、育毛剤の助けを借りることは非常に良い手段です。

自分の薄毛の種類を知ること

育毛剤を選ぶ上で自分の薄毛がどのような薄毛であるかを知ることは非常に重要です。

病気になったときのことを考えてください。

  1. 病気の診断
  2. 薬の処方

という手順ですよね。

薄毛の場合にも同じことです。

男性の場合には、

  • M字ハゲ(M字脱毛)
  • O字ハゲ(O字脱毛)

は異なった脱毛症です

しかし、多くの男性の脱毛症はM字ハゲといわれる、男性型脱毛症(AGA)だと言っても間違いありません。

O字ハゲの多くは高齢者に老いてみられる脱毛のタイプです。

 

女性の場合には様々な脱毛の種類があります。

  • 女性男性型脱毛症
  • 慢性休止期脱毛症
  • 産後脱毛症
  • ダイエットによる脱毛症
  • 鉄欠乏性貧血脱毛症

しかし、多くの女性が薄毛で悩まされているのは40代後半の更年期以降に見られる女性男性型脱毛症ですから、年齢が40代後半の女性であれば、女性男性型脱毛症だと考えて間違いありません。

 

育毛剤の種類を選ぶ

脱毛の種類が分かったら、育毛剤の種類を選んでください。

育毛剤と一言に言っても、様々な種類の作用に分かれているのです。

貴方の薄毛に最も効果のある作用の育毛剤を使わなければ、時間とお金が無駄になるのです。

育毛剤の作用は大別して下記の様に分けられます。

  1. 男性ホルモン抑制
  2. 血行促進
  3. 毛母細胞活性促進
  4. 皮脂分泌抑制
  5. 頭皮保湿

このうち、発毛促進効果が期待できるのは、1、2,3の育毛剤です。

4、5も効果がないわけではありませんが、効果は穏やかで短期間に大きな効果を期待することは困難です。

 

男性の場合には、

  • M字ハゲ → 男性ホルモン抑制
  • O字ハゲ → 血行促進、毛母細胞活性促進

の育毛剤を選ぶことが絶対条件です。

M字ハゲの方が、血行促進や毛母細胞活性促進の育毛剤を使っても発毛効果は半分と考えてください。

M字ハゲにおいては、男性ホルモン(5α-リダクターゼ)を抑制しなければ脱毛をとめることはできません。

より良い効果を期待するのであれば、

 

男性ホルモン抑制 + 血行促進、毛母細胞活性促進

の併用が効果的です。

 

女性の場合

女性の場合、女性男性型脱毛症でも男性型脱毛症と同じ原因ですから男性ホルモン抑制型の育毛剤が有効です。

 詳しく見る ⇒ 40歳の女性で地肌が目立つならどうする

 

育毛剤の作用と製品

作用の違いが分かったけど、具体的な製品はどれかということです。

たくさんの育毛剤が売られており、その数は200種類以上あるとも言われており、全てを調べ尽くすことはできませんが、信頼置けるメーカーで、私が直接話を聞くことができた所だけに限って紹介します。

今後、もっと調べ尽くすつもりですが、現時点では50製品程度しか知れべることが出来ていません、、、。

  1. 男性ホルモン抑制 :薬用プランテル、ブブカ、ヘアドーン、チャップアップ
  2. 血行促進     :リアップ
  3. 毛母細胞活性促進 :M1育毛ミスト

 

髪の毛が薄くなってきたすること

それは、

早めに予防手段をとること

です。

薄毛を予防したり、薄毛の進行を防止したりすることは可能です。

しかし、

ハゲを治すことは非常に困難です。

お父さんやお祖父さんがM字ハゲの場合、貴方がM字ハゲになる確率は遺伝的に非常に高いと考えられます。

薄毛やハゲは遺伝しますが、

遺伝 + 環境因子 ==> 発症

なのです。

遺伝するのはハゲの体質

髪にいい食べ物や効果的な育毛剤で、早めの予防 をすることにやって、貴方の薄毛は回復できるのです。

Sponsored Link

 

関連記事(一部広告を含む)

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ