芸能人の井上真央さんがハゲた?

井上真央さんといえば、、

井上真央さんといえば、2011年のNHK連続テレビ小説『おひさま』でのヒロインを思い浮かべることでしょう。
そして、今年の大河ドラマ“花燃ゆ”では吉田松陰の妹役の主役を務めますから、2015年の話題の女優ですね。

花燃ゆの井上真央がハゲた

なんとその 井上真央さんにハゲたのではないかという噂があるのです。

 井上真央さんは、2011年の「第62回NHK紅白歌合戦」では紅組司会を務めたり、映画『八日目の蝉』では第35回日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞したり、今や押しも押されぬ大女優ですが、4歳の時に劇団東俳に入り、5歳から子役として活躍し、芸歴は非常に長いのですが、 

  • 生年月日:1987年1月9日 (27歳)
  • 出身地:神奈川県 横浜市
  • 身長:158 cm
  • 学歴:明治大学 (2009年卒)

と、まだ27歳なんですね。

井上真央さんには、2つの疑惑が話題となっているのです、、、

売れ出すと直ぐにこんな噂が出てきます

  1. 鼻の整形疑惑
  2. ハゲ疑惑

井上真央さんの鼻が、ある時を境に急に高くなったと、整形したのではないかと週刊誌の記事です。

もう一つが、最近ハゲてきたのではないかというのです。

井上真央さんはもともと「おでこ美人」で有名だったのですが、髪がとても薄く特におでこがどんどん広くなって、前額部の生え際が後退しているのではないかというのです。

そこで、ネットで調べてみたところ、、、、

やっぱりおでこが広い

生え際が富士山の様な台形をした額は、富士額といわれて、美人の条件の一つとされるのですが、彼女の場合は、逆富士額です。

井上真央2

そしてこの写真、、、。嘘でしょう、、合成写真?って思ってしまいましたが、偶然に左の髪の毛が束になって前に垂れたところを撮影されたのですね、、、。

垂れた髪の毛の束を上に挙げると、やっぱりいつもの井上真央さんです。

井上真央のハゲ疑惑

井上真央さんは牽引性脱毛症か?

井上真央さんはは『花より男子』や『僕の初恋をキミに捧ぐ』などで、高校生を演じるときには前髪を垂らしておでこを隠していることが多かったのですが、最近は前髪を伸ばしているようで、おでこの露出が増えていますね。

会見とかインタビューでは前髪を下ろしてカチューシャや編込み、ポンパドールなどでトップにアクセント作るヘアスタイルが多いので、どうしてもおでこが目立ってしまうのです。

井上真央さんは髪を後に縛って、おでこを見せるヘアスタイルも多いですが、この髪型では牽引性脱毛症のリスクも大きいのですよね。 

牽引性脱毛症(けんいんせいだつもうしょう)とは、長時間、毛髪を強く引っ張られる状態が続いたときに発症する脱毛症のことです。
主に強く引っ張られていた髪の生え際や分け目といった部分の毛が細くなったり、切れやすくなるなどして地肌が透けて見えるようになります。
必ずなるという訳ではないのですが、ポニーテールのように髪を強く束ねたりするようなヘアスタイルを常にしていると起こりやすくなるのです

前髪を下ろしてしまえばなんていうことはないんですが、、、 

前髪を下ろしてハゲ隠し

牽引性脱毛症では、発毛を促進する効果のある育毛剤を使う必要があります         

Sponsored Link

20歳を過ぎたら女性の薄毛が始まる

 井上真央さんは27歳ですが、女性は30歳を過ぎると、毛の太さが細くなって、けっこう地肌が透けて見えるようになってきたりします。 

特に、髪を分けている人は分け目がスカスカだったり、ある鏡をみてドキッとすることが有るのではないでしょうか。

女性の髪は、20歳代をピークに老化現象が始まります

髪の毛の加齢変化

女性の10人に1人が薄毛に悩む

女性は男性のように脱毛症(ハゲ)にはならないと思われがちですが、薄毛で悩む女性はおよそ600万人いると推定されています。

日本の女性の人口が約6,400万人ですから、女性のおよそ10%に相当する、10人に1人が薄毛や脱毛に悩んでいるのです。

これは全女性人口に対する割合ですから、40歳代や50歳代の女性ではもっともっと割合が高くなります

 

女性のハゲの特徴は髪の毛が細くなる

女性では男性のようにツルツルに禿げること七位のですが、女性の薄毛の特徴は、「髪の毛が細くなる」ことです。

髪の毛は20歳代後半からドンドン細くなるのです。

女性の髪の毛の加例に伴う変化

女性の脱毛症では、髪の毛が抜け落ちてハゲてしまう男性の脱毛と違って、髪の毛1本ずつが細くなるのが特徴です。

下の図のように、太さが半分になれば断面積は1/4になってしまい、ボリュームのないハリのないコシのない 髪の毛になってしまうのです。

髪の毛が細くなるとボリュームがなくなる

女性の薄毛を改善するには

女性の薄毛は男性とは原因や症状も異なるため、女性の薄毛の改善には、髪の毛にいい食べ物を摂ること、髪の毛にいい生活習慣、そして髪の毛にいい育毛剤による頭皮への栄養補給が効果的です。

女性の場合の薄毛は、年齢に関係なく改善しやすい傾向にありますから、決して「もう歳だから」とあきらめる必要はありません

しかし、薄毛や抜け毛に対してすぐに効果が現れるものはありません

半年間くらいの継続を目標として、あせらずに時間をかけて育毛に取り組む必要があります。

良い髪を育てる

 

  1. 髪の毛にいい食べ物   女性には絶対にイソフラボンがオススメです 
  2. 髪の毛にい環境      頭皮のマッサージをしてみてください
  3. 髪の毛にいい育毛剤   女性にはM-1育毛ミスがオススメです

              詳しく見る  >>> M-1育毛ミスト

脱毛の治療 – Wikipediaによると、脱毛の治療継続には、3つのPが重要だそうですから、あなたの薄毛対策の参考にしてください。

脱毛の治療を継続させには「3つの『P』」が必要です。

1) 有効な治療から始める(Proven treatment first)
2) 写真を撮る(take Pictures)
3) 気良く続ける(be Patient)

脱毛の治療には最低でも平均6か月以上かかり場合によっては、育毛を実感するまでに2年以上も要するそうです。

脱毛の治療に時間がかかるのは毛周期(ヘアサイクル)があるためです。

毛髪の毛は2から7年もの成長期を経て成長し、その後は退行状態となり自然に脱毛し、その後の数ヵ月の休止期を経過した後に再び新たな毛の成長が始まるのです。

したがって、薄毛の回復には年単位の時間が必要となるので、治療より予防が簡単なのです。

女性の薄毛対策は早めの予防です 

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ