日本皮膚科学会は低出力レーザーヘアマックスを勧めている

薄毛が気になるあなたなら、日本皮膚科学会の「男性脱毛症治療のガイドラインをご存じですよね?

ガイドラインでは科学的根拠に基づいた皮膚科医による最も標準的で最善の脱毛症の診療方法を提示しています。

皮膚科における臨床医の指針なのですが、薄毛に悩むあなたにも是非と一読して欲しいガイドラインなのです。

 

このガイドラインは2010年に出されたのですが、

その後に新たなエビデンスや治療の進歩があったとして、

男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版

として改訂しました。

 

その中で注目すべき点は

  • 女性の脱毛症についても言及している

ことと、

  • 低出力レーザー照射を推奨している

ことです。

ヘアマックスはアメリカで医療機器として承認されている低出力レーザー治療機器ですが、

日本皮膚科学会は今回初めて、

 

低出力レーザー治療機器を

 B.行うよう勧める

として推奨しているのです

あなたは低出力レーザー照射のヘアマックスをご存じですか?

 

Sponsored Link

 

日本皮膚科学会は脱毛症治療ガイドラインを改訂

脱毛症に有効だとして治療薬や多くの育毛剤が開発販売され、専門医や個人レベルの判断で使用されています。

しかし、

日本皮膚科学会は、

専門医の立場からみると、

  • 無効といえる科学的根拠に基づかない治療法が横行している
  • 無効な治療法を漫然と続ける患者も少なくない

として、

科学的根拠(エビデンス)に基づいた情報を精査し、

医師と患者の両方に重要である標準的な脱毛症治療の診療ガイド

を2010年に提示したのです。

 

 

  詳しく読む ⇒ 男性型脱毛症診療ガイドライン2010年版

 

 

2010年に「男性型脱毛症診療ガイドライン」を出してから7年が経過し、

  1. 新らしい治療薬や治療方法が出てきた
  2. 女性の男性型脱毛症に対する概念の変化があった
  3. 未承認の毛髪再生医療に関する社会的話題も多い

として、このたび改訂したのです。

  詳しく読む ⇒ 男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版 

 

 

改訂されたガイドラインは、

「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 」

とされて女性の脱毛症の診断や治療についても言及されたのですが、

 

その他の大きな改変は、

  1. 低出力レーザー治療機器を「行うよう勧める」としてB推奨した
  2. アデノシンを推奨CからBにランクアップした

という2点です。

アデノシンは資生堂の育毛剤アデノゲンに含まれる育毛剤分です。

 

Sponsored Link

 

日本皮膚科学会は低出力レーザーを推奨

ガイドラインでは、

育毛剤や治療法に関する科学的な論文を査読し、

その有効性について5段階で評価しています。

 

ガイドラインの中では、

  • 推奨A: 行うよう強く勧められる
  • 推奨B :行うよう勧められる
  • 推奨C1 :行うことを考慮してもよいが十分な根拠がない
  • 推奨C2 :根拠がないので勧められない
  • 推奨D :行わないよう勧められる

として、脱毛症の治療に使用すべきか否かを具体的に評価しています。

 

5段階の中で脱毛症の治療で効果があると考えられるのは、

  • 推奨A: 行うよう強く勧められる
  • 推奨B :行うよう勧められる

のA、Bだけだと思われますが、

 

2010年の男性型脱毛症診療ガイドラインでA、B評価されたのは、

 

推奨A  ミノキシジル外用
推奨A  フィナステリド内服
推奨A  デュタステリド内服
推奨B  自毛移植

 

ということで、

  1. リアップ
  2. プロペシア
  3. 自毛移植

の3つだけでした。

 

 

このたび改訂された「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版」

で、A、B評価されたのは、

 

推奨A  ミノキシジル外用
推奨A  フィナステリド内服
推奨A  デュタステリド
推奨B  LED 、低出力レーザー
推奨B  アデノシン
推奨B  自毛移植

 

ということで新たに、

「LED および低出力レーザー照射」

が加えられたのです。

 

デュタステリドはご存じのように「ザガーロ」のことですね。

 

Sponsored Link

 

低出力レーザー照射の有効性の科学的根拠

改訂されたガイドラインの中で、

CQ5:LED および低出力レーザー照射は有用か?

推奨度:B

推奨文:LED及び低出力レーザー照射を行うよう勧める

としています。

 

LED および低出力レーザーの発毛効果に関しては、

  • 有用性を示す十分な根拠があり
  • 副作用も比較的軽微であることから

適切な機材を使用して行うよう勧めることにする

と記載しているのです。

 

ガイドラインでは「有用性を示す十分な根拠」として7つの論文を上げていますが、

低出力レーザー照射の有用性に関しては、

男性型脱毛症110人を対象に、

  • 655 nm 低出力レーザー
  • 週 3 回照射
  • 26 週間

をおこなったところ、

  1. 低出力レーザー群 : 毛髪数が 19.8 本/cm2 増加
  2. 赤色光源照射群  : 毛髪数が   7.6 本/cm2 減少

という有効性が確認され、

副作用は軽度の蕁麻疹だけだったと述べています。

 

これはヘアマックスの臨床試験成績のようです。

 

低出力レーザーならヘアマックスがお勧め

それでは、

  • どのLED照射を使えば良いのか?
  • どの低出力レーザー照射を使えば良いのか?

ということですが、

 

ガイドラインでは、

ただし、上記の機器は国内ではまだ認可されておらず、用いられる光源の種類、波長、出力は報告によって様々ある。

としています。

 

その中で国内で最も人気があるのは「ヘアマックス」です。

プロペシアと同じ効果があるヘアマックスをおすすめしますす

 詳しく見る ⇒ ヘアマックスの効果が口コミで評判です

ヘアマックスについてはこのブログでも何回もご紹介していますからご存じだと思います。

 

ヘアマックスはアメリカのFDAという日本の厚生労働省に相当する政府機関が医療機器として承認した低出力レーザー照射器です。

私も家内と一緒に使っているのですが、とても簡単です。

  くわしく見る ⇒ ヘアマックス

 

ヘアマックスにはプロペシアと同じAGAに対する効果もあるのですが、

問題点は価格です。

割引期間の時に購入しても8万円位するからです。

 

しかし、リアップ、プロペシアの1ヵ月の薬剤費は1万円程度ですが、

1年で比較すると、

  1. プロペシア   : 120,000円  
  2. ヘアマックス  : 100,188円

と、1年間使用するとヘアマックスとプロペシアの費用は同等。

さらに、

3年で比較すると、

  1. プロペシア  : 360,000円
  2. ヘアマックス : 100,188円

とプロペシアなどよりはるかに安い計算になるのです。

そして私のように家族と一緒に使えばさらに安くなるのですね。

 

薄毛に悩むのであれば日本皮膚科学会も推奨する低出力レーザーのヘアマックスも検討すべきです

 

関連記事(一部広告を含む)

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ