日本皮膚科学会は資生堂のアデノゲンを推奨

日本皮膚科学会が「男性脱毛症治療のガイドライン」を出しているのをご存じですか?

このガイドラインは、皮膚科医における脱毛症治療の最も標準的で最善と思われる診療方法を提示するものです。

先日、日本皮膚科学会は2010に出された「男性脱毛症治療のガイドライン」を改訂し、

男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版

を提示しました。

 

その中で注目すべきは

資生堂の育毛有効成分である「アデノシン」を推奨Bとしたのです。

資生堂のアデノシンを成分とする育毛剤はアデノゲンですが、

日本皮膚科学会も勧める資生堂のアデノゲンはどんな育毛剤なのでしょう。

 

Sponsored Link

 

日本皮膚科学会の脱毛症治療のガイドラインとは

日本皮膚科学会は2010年に「男性型脱毛症診療ガイドライン」を出しています。

   詳しく読む ⇒ 男性型脱毛症診療ガイドライン2010年版

男性型脱毛症に有効な育毛剤が開発され、皮膚科診療においても積極的に使用されるようになってきたものの、

専門医の立場からみると、

  • 無効といえる科学的根拠に基づかない治療法が横行
  • 無効な治療法を漫然と続ける患者も少なくない

として、

 

科学的根拠に基づいた情報をもとに、

医師と患者の両方に重要な標準的な脱毛症治療の診療ガイドを作成した

としています。

ガイドラインでは多くの科学的な論文を精査し、

エビデンス(科学的根拠)に基づいて男性型脱毛症に有効な診療を提示したのです。

 

日本皮膚科学会は脱毛症ガイドラインを改定

 

2010年に「男性型脱毛症診療ガイドライン」を出してから7年が経過し、

  1. 新しい治療薬や治療手段が登場した
  2. 女性の男性型脱毛症に対する概念の変化があった
  3. 未承認の毛髪再生医療に関する社会的話題も多い

として、このたび改訂したのです。

  詳しく読む ⇒ 日本皮膚科学会

 

改訂されたガイドラインは、

「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 」

とされ、

女性の脱毛症も盛り込まれました。

 

Sponsored Link

 

日本皮膚科学会は資生堂のアデノゲンを推奨

ガイドラインでは、

さまざまな育毛剤や治療法について科学的な論文を精査して、

その有効性の信頼性を5段階で評価しています。

 

具体的には、

  • 推奨A: 行うよう強く勧められる
  • 推奨B :行うよう勧められる
  • 推奨C1 :行うことを考慮してもよいが,十分な根拠がない
  • 推奨C2 :根拠がないので勧められない
  • 推奨D :行わないよう勧められる

の5段階ですが、

 

2010年の男性型脱毛症診療ガイドラインでは、

 

行うことを強く勧めるとされたのは、

  • ミノキシジ外用 : リアップ
  • フィナステリド内服 : プロペシア

でした。

 

行うことを勧められるとされたのは、

  • 自毛移植

だったのです。

 

推奨A  ミノキシジル外用
推奨A  フィナステリド内服
推奨B  自毛移植
 
推奨C  アデノシン

 

ということなのです。

 

 

そして、

男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版

での変更点は、

  • B:行うよう勧められる : アデノゲン
  • B:行うよう勧められる : LED、低出力レーザー

が加えられたのです。

 

推奨A  ミノキシジル外用
推奨A  フィナステリド内服
推奨A  デュタステリド
推奨B  アデノシン
推奨B  自毛移植
推奨B  LED 、低出力レーザー

 

アデノシンは、

2010年のガイドラインでは、

「男性型脱毛症に対するアデノシンの有効性を検証した論文は男性,女性についてそれぞれ 1 編ずつある」

として、「推奨度C」だったのですが、

 

アデノシンの有用性に関して,男性型脱毛症に対する 3 件のランダム化比較試験と女性型脱毛症に対する 1 件のランダム化比較試験が実施されている。

先ず男性型脱毛症に関して、、中略、、市販されている 5%ミノキシジルローションと同等の有用性があることが示唆された

以上のように、アデノシンの発毛効果に関しては男性に対する有効性を示す十分な根拠があるため外用療法を行うよう勧める。

 

と推奨Bとしたのです。

女性については

有効性を示す根拠はまだ不足しているが副作用が軽微な点や女性用の製品が販売されている点も考慮し外用療 法を行ってもよいことにする

として、推奨C1にしています。

 

Sponsored Link

 

アデノシンは資生堂のアデノゲン

日本皮膚科学会が、

市販されている 5%ミノキシジルローションと同等の有用性がある

として、

使うことを勧めたアデノシンは資生堂の開発した育毛成分で、

アデノシンを含む育毛剤は資生堂のアデノゲンという製品なのです。

 

 

アデノシンは、アデニンとリボース(糖)とが結合したもので、核酸(DNA・RNA)を構成するヌクレオシドの一つで、

アデノシンは生体成分なのです。

資生堂は、

独自の開発により育毛有効成分として実用化し、

 

デノシンが毛乳頭細胞表面の受容体に直接作用し発毛因子であるFGF-7の産生を促進し発毛を促す

薬用アデノゲンの効果

 

ということを明らかにし、

2004年10月に厚生労働省から医薬部外品としての承認を得ています。

 

  くわしく見る ⇒ 資生堂の薬用アデノゲンの効果

 

2005年にアデノシンを含む育毛剤アデノゲンを新発売したのですが、

そのときのプレスリリースでは、

資生堂はヒトにも存在する生体内成分の『アデノシン』が毛髪成長の司令塔である「毛乳頭」に直接作用し、

発毛因子である「FGF-7」の産生量を高めて発毛を促進すると同時に、

“うぶ毛化”してしまった毛髪を太毛化させる育毛メカニズムを遺伝子レベルから新たに解明しました。

と述べています。

 

その後、資生堂は2015年2月21日に「アデノゲン」シリーズをリニューアルし、

「アデノゲンEX」でとして発売しています。

資生堂のアデノゲン

資生堂では「150mLサイズの場合1日朝晩2回で約1ヵ月お使いいただけます」としており、

楽天での最安値は4,690円です。

 

日本皮膚科学会が、

市販されている 5%ミノキシジルローションと同等の有用性がある

としているアデノシンを含む資生堂のアデノゲン、

価格もミノキシジルを含むリアップの半分です。

 

日本皮膚科学会が推奨するアデノゲンを使ってみませんか?

 

関連記事(一部広告を含む)

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ