40代で頭頂部薄いは閉経と関係があります

あなたの薄毛はどんな具合ですか?

40代の女性の薄毛では頭頂具が薄くなるのが特徴です。

あなたの薄毛の具合はいかがですか?

  • 薄毛は頭頂部だけですか?
  • 髪の毛のコシやボリュームもなくなっていませんか?

頭頂部の薄毛

もし、あなたの頭頂部の薄毛が上の写真の様であれば

40代女性に特有な『びまんせい脱毛症』だと思います。

びまんせい脱毛症の原因は女性ホルモンが多きか関与しています。

ですから、育毛剤を選ぶときにもちょっとした注意が必要です。

 

Sponsored Link

 

 女性と男性ではハゲる部位が異なる

一般的に女性は、男性より薄毛になりにくい傾向があります。

しかし、女性でも加齢にともに身体の機能が衰え、

髪の毛を作り出す毛母細胞や毛乳頭細胞の働きも悪くなりますから、

  • 髪の毛の1本1本が細くなり、
  • 髪の毛のハリやコシがなくなり

さらに、

  • 頭頂部を中心に頭髪全体が薄いびまん性脱毛症

になる女性が多いのです。

 

びまんせい脱毛症は40代以降の女性に多い特徴的な薄毛なのです。

女性の薄毛は頭頂部から

女性では、男性のようにこめかみ部分の生え際が後退したり、頭頂部だけが薄くなったりするようなハゲ方ではなく、

全体的にボリュームがなくなるため、分け目の部分や頭頂部の地肌が見えやすくなるようなハゲかたなのです。

 

Sponsored Link

 

女性の薄毛にはホルモンが関与することが多い

女性の薄毛の原因にはいくつかのタイプがあります

  • 加齢によるホルモンの乱れ
  • 出産
  • ピルの服用中止
  • 染料やパーマ
  • 牽引性による(ポニーテールなどのスタイル)
  • ナイロンブラシによる静電気

などですが、上から3つの脱毛症はホルモンの変化が関与している脱毛症なのです。

 

加齢によるホルモンの乱れ

40代以降の女性に見られる脱毛症です。閉経に伴うホルモンバランスの乱れにより脱毛がおこるのです。これから詳しくご説明しますね。

 

出産による脱毛症

分娩の前後にはホルモンが大きく変動し、このホルモンバランスの変化による脱毛で、時間が経過することのよって自然に回復します。

 

ピルの服用中止による脱毛症

ピルによる避妊は、ピルによって妊娠している状態と同じホルモン状況にして排卵を防ぐことによるのです。したがって、ピルの服用を中止すれば分娩時と同じようなホルモンバランスの変化が起こり脱毛します。これも一時的な脱毛で時間がたてば回復します。

 

閉経と薄毛の関係

女性なのにどうして?と思われるでしょうが。

女性にも男性ホルモンがある

のです。

女性における男性ホルモンの量は男性の1/10程度ですが、女性でも副腎や卵巣などで男性ホルモンが作られています。

 

女性において男性ホルモンは主に、陰毛や脇毛の発毛に関与しているのです。

そして、

 

男性ホルモンは髪の毛の発育にも影響を与え、男性ホルモンは側頭部の発毛に、女性ホルモンは頭頂部の発毛に影響を与えているといわれています。

閉経により女性ホルモンが激減

40代後半に女性の卵巣は急激に活動を低下させ、それに伴って女性ホルモンであるエストロゲンも急激に低下します。

女性ホルモンの急激な低下が40代女性における薄毛の原因なのです。

 

閉経後のホルモンノ変化
女性における男性型脱毛症

40代女性における薄毛は、男性型脱毛症と同じ原因であることから女性男性型脱毛症ともいわれます

女性男性型脱毛症も、AGAといわれる男性型脱毛症と同じく、男性ホルモンであるテストステロンが5α-リダクターゼによりジヒドロテストステロン(DHT)に変化し、DHTが髪の毛の成長を抑制してしまうのです。

女性男性型脱毛症の原因

閉経によって男性ホルモンの量が増えたわけではないのですが、女性ホルモンが減ったことにより、髪の毛は、相対的に男性ホルモンが増えたように感じてしまうのです。

頭頂部の髪の毛は女性ホルモンの影響が大きいですから、特に頭頂部の髪の毛の成長が抑制されてしまうのです。

 

Sponsored Link

 

女性の頭頂部の薄毛を防ぐには

40代女性の頭頂部の薄毛は閉経によるホルモンバランスの乱れが大きく関与しているのです。

したがって、閉経後ある程度の時間経過により身体も閉経によるホルモン変化に順応して、薄毛もある程度は回復するといわれています。

 

しかし、、、

一時的であっても、頭頂部の薄毛は非常に気になるものです。

そして、

髪の毛のコシがなくなり、ボリュームが減ってしまい、貧相に見えてしまいます、、、

 

大豆イソフラボンをたくさん摂る

薄毛を早く解消するには、大豆イソフラボンをたくさん摂ることです。

このサイトでは薄毛やハゲに対するイソフラボンの効果を詳しく説明してきましたが、イソフラボンは髪の毛に対してだけでなく、更年期症状に対して全て改善効果があるのです。

イソフラボンは、植物性エストロゲンともいわれ、女性ホルモンと同じ働きをしますから、女性ホルモン低下に伴う更年期症状の改善効果があるのです。

イソフラボンは植物性エストロゲン

  • 抜けがや薄毛
  • ほてり
  • イライラや動悸
  • 肥満や脂肪代謝
  • 骨粗鬆症

イソフラボンの効果的な摂り方は、トウガラシなどに含まれるカプサイシンと一緒にとることです。

カプサイシンは血管を拡張する作用があり、血行を良くすることから髪の毛を産み出す毛母細胞を活発にするのです。

 

40代女性の薄毛に合った育毛剤を使う

女性男性型脱毛症の原因は男性型脱毛症と同じように5α-リダクターゼによるDHTの産生ですから、

男性型脱毛症と同じように5α-リダクターゼを抑制すれば良いのですが、

 

 

男性型脱毛症ではAGAの治療に5α-リダクターゼ抑制作用のある『プロペシア』が処方されますが、

プロペシアは男性の性機能に関する副作用などがあり、女性と20歳未満の男性ではプロペシアの服用が禁止されているのです。

さらに、

『リアップ』は男女ともに良く売れている育毛剤ですが、最も効果がある5%溶液は女性は適用禁止なのです、、、。

 

そこでオススメは、『マイナチュレ』です。

 

育毛剤は非常に多くの種類が販売され、どれを選んだら良いのか迷ってしまいます。

一番重要なのは、

  • 有効成分に科学的根拠があるか?

ということです。

キャッチコピーで、

  • 3週間でハリやコシが戻った!
  • 3ヵ月で黒髪がよみがえった!

というような「買ってみよう!!」と思わせる宣伝を見かけますが、髪の毛の成長は1日に0.4ミリ、1ヵ月で1.2センチですから、3週間や4週間で薄毛が治ることはあり得ないのです。

 

マイナチュレは、

厚労省が認可した3種類の育毛成分

を主体に、

  1. ミツイシコンブ
  2. 27種類の天然成分
  3. 10種類のアミノ酸

をなどの有効成分を含み、添加剤や保存剤などを含まない女性向けの育毛剤です。

 

私がオススメする大きな理由の1つは、

2015年に日本薬学会で有効性を学会発表

しており、有効性が学会レベルで検証されていることは非常に大きな安心感があります。

女性専用の無添加育毛剤「マイナチュレ」

家内が使っている使用感は、

刺激性がないので、サラサラしていて、水のようで、ホントにこれって成分が入っているんかいな、、

と思うような感じだそうです。

臭いや刺激性がなく、他のトリートメントと一緒に使えるから良いとの感想です。

 

40代女性の薄毛も、

  1. 髪の毛に良い食事
  2. 髪の毛に良い育毛剤

で、必ず回復しますが、1ヵ月や2ヵ月で回復するのは困難です。

3ヵ月~6ヵ月は続ける必要があると思ってください。

ですから、「安さ」も魅力的な1つです。

 

 関連記事(一部広告を含む)

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ