ED薬の4割はニセモノ、プロペシアは大丈夫か?

国内でED(勃起不全)治療薬を販売しているファイザーなど4社の調べで、

インターネットで販売されているED薬の4割がニセモノだということが分かりました。

有効成分が全く含まれていなかったり、1.5倍も多かったりと規格ハズレのED薬もあったことが判明しました。

インターネットによるED薬の購入ではニセモノをつかませられるリスクが非常に高く健康被害が心配です。

薄毛治療薬のプロペシアをネットで購入しているヒトは100万人もいると推定されています。

あなたがネットで購入しているプロペシアは大丈夫でしょうか?

インターネットのED薬は4割がニセモノ

国内でED薬を製造販売しているは、

  • ファイザー株式会社
  • バイエル薬品株式会社
  • 日本新薬株式会社
  • 日本イーライリリー株式会社

の4社ですが、インターネット上に流通するED薬の実態調査をおこない、

インターネット上に流通するED薬の4割がニセモノ

であることが明らかになりました。

  くわしく見る ⇒ プレスリリース:ED治療薬の約4割が偽造品

この調査は、国内でED薬を製造販売する、ファーザーなど4社が共同でおこなったものですが、2009年の調査に続く2回目の調査です。

今回の実態調査では、ED治療薬をインターネットにおける、

  1. 日本の販売サイトから購入
  2. タイの販売サイトから購入

して、

  • 真正品と偽造品の鑑定
  • 含有成分の分析

をおこなったものです。

その結果、

  • 国内のサイトで購入したED薬は43.6%がニセモノ
  • タイの国内で購入したED薬の67.8%がニセモノ

ということが判明したというのです。

ネット販売のプロペシアやED薬の4割はニセモノですそして、国内のサイトで購入したものも、タイ国内で購入したものも、ニセモノの割合は前回の2009年の調査よりも増加していました。

さらに、

有効成分の含有量を調査した結果、

  • 有効成分の含量が150%含まれている製品
  • 有効成分がほとんど含まれていない製品

もあるなど、正規品には存在しない規格の製品も多く見られたというのです。

 

なお、購入したサイトは全て日本人向けの日本語のサイトで代金の振込先も日本国内だったそうです。

海外のタイのサイトを選んだ理由としては、日本人がタイで偽造医薬品を販売したり、タイから日本に偽造品を輸入したり、日本人がタイで偽造ED治療薬の販売に関与したりする事例が多かったからだそうです。

 

今回の実態調査に対して、昭和大学藤が丘病院 泌尿器科の佐々木 春明教授は、

日本におけるED患者は中等度以上の患者だけで1,130万人いるが、

医療機関で治療を受けているのはわずか9%程度に留まっている、

のだそうで、多くのひとがインタネットで購入しているとみられているのです。

さらに佐々木教授は、

ニセモノには規格以上の有効成分が含まれていたり、不純物により予期しない副作用が起こる可能性であるとしています。

実際に、

  • ニセモノのED薬に含まれていた血糖低下薬による重篤な低血糖で意識障害
  • 同様の血糖降下薬を含むニセモノのED薬でシンガポールで8人が死亡

という事例が報告されていのです。

佐々木教授は、インターネットによるED薬の購入は、

  • ニセモノを入手するリスクが非常に高い
  • 健康被害が危惧される

として、ED薬の服用に際しては必ず医療機関を受診するよう強く勧めています。

Sponsored Link

ネットのプロペシアも危ない

現在、ネットではほとんどの医薬品が手に入ります。

国内で認可されていない医薬品も簡単に入手することができます。

 

国内で薄毛に悩む人は1,300万人ともいわれます。

国内で承認されている薄毛治療の医療用医薬品は、

の4種類です。

これらは医療用医薬品ですから、医者の診察を受けて医者の処方箋がなければ入手することができません

しかし、

インターネットで、「プロペシア+購入」、「フィナステリド+購入」で検索すると非常に多くの購入サイトが見つかります。

これは、

個人輸入といって、国内で承認されていない医薬品でも個人の使用であれば3ヵ月分であれば輸入することができるのです。

この海外の販売サイトは、

あなたに売ってくれるのではなく、

 あなたが個人輸入するのを手助けする

という型がとられており、違法ではないので安心してください。

しかし、

全てが自己責任です。

 

国内でプロペシアを服用している人は50万人程度だといわれています。

しかし、個人輸入で服用している人は100万人はいるのではないかと見られています。

 

これら、個人輸入における販売元はほとんどが東南アジアで、今回ご紹介したED薬と同じように、

プロペシアにも多くのニセモノが多いことが指摘されています。

 

プロペシアのニセモノでも有効成分の過多や不純物による健康被害が懸念されるのですが、

特に問題は、

ポストフィナステリドシンドローム

といわれる、プロペシアの服用を中止しても消えない副作用なのです。

 

プロペシアの副作用といえば国内では、

  1. 性欲減退
  2. 勃起不全
  3. 射精障害

などの副作用ばかりが注目されていますが、もっと大きな問題は、ポストフィナステリドシンドロームなのです。

アマリカやヨーロッパでは集団訴訟の問題も起きているのです。

 

インターネット販売のプロペシアでもニセモノの懸念があります。

プロペシアの副作用ではポストフィナステリドシンドロームが問題です。

プロペシアを服用するときには、必ず、医者の診察を得て服用してください。

わずかなお金を惜しんで体を壊してしまったら元も子もありません

Sponsored Link

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ