雨の日に髪のボリュームを抑える方法

雨の日の雨の日に髪の毛のボリュームが増してしまうのはどうしてでしょう?

せっかくセットしても雨の日にはボリュームが増してボワっとしてしまいます。

特にくせ毛の人では雨の日のボリュームアップは凄いです、、、

 

雨の日にくせ毛のボリュームがアップするのを防ぐ方法

 

くせ毛を治すならストレートパーマではなく縮毛矯正ですが、

縮毛矯正した後でもやはりボリュームがアップする人が多いのです。

  • 雨の日にはヘアスタイリングが決まらず髪がボワっと広がりやすい、、
  • 雨の日にはせっかくセットした髪の毛がすぐにボワっと広がってしまう、、

こんな時には意外と簡単な対処法が効果的なのです。

雨の日にはどうしてボリュームが増えてしまうのか、、、

そのことを充分知る必要があります。

 

 

雨の日に髪のボリュームが増える理由

 雨の日は髪がきまらないのでユウウツといういとも多いと思います。

特に、くせ毛がある方はせっかくヘアスタイルを整えて家を出ても、

会社に着くころには“ボワ~”とボリュームが増えてしまってガッカリしてしまいます。

 

雨の日に髪のボリュームが増えるのはどうして?

それには、髪の毛がどうしてできているかを知る必要があります。

髪の毛の構成成分は、

  1.  蛋白       :  90%
  2.  水分       :  8~10%
  3.  脂質、ミネラル等 :  3%

で、大部分が蛋白質です。

そして、蛋白質の多くがケラチン蛋白という、シスチンいうアミノ酸を含んだ蛋白なのです。

 

雨の日に髪のボリュームが増えるのは髪が水分を吸うから

蛋白質はアミノ酸が結合して作られていますが、

髪の毛を構成している蛋白質のアミノ酸の結合には、

 

  1. 水素結合
  2. イオン結合
  3. シスチン結合
  4. ペプチド結合

という4種類の結合で作られています。

 

雨の日に髪の毛がボワーっとボリュームが増えてしまうのは、

 水素結合が切れてしまうから

なのです。

髪の毛は10%程度の水分を含んでいますが、

雨で水分を吸収すると水素結合が切れて髪の形が変わってしまうからなのです。

ドライヤーで水分を飛ばしながらセットしたヘアースタイルも、

水分を吸って水素結合が切れると元に戻ってしまうのです。

 

パーマもこれと同じ原理で、

  1. アルカリ性の溶液を髪に吸わせてシスチン結合を切り、
  2. ロッドなどで巻いてクセをつけ、
  3. クセをつけた状態で酸性溶液でシスチン結合を再結合させる

ことによって髪の毛にクセが付くのです。

  詳しく読む ⇒ パーマでくせ毛を治す方法

 

雨の日に髪のボリュームが増えるのは髪にダメージがあるから

雨の日に髪のボリュームが増えるのは水分を吸って水素結合が切れるからなのですが、

 

雨の日に髪のボリュームが増える一番の原因は、

 髪の毛にダメージがあるから

なのです。

 

髪の毛の表面は、 根もとから毛先に向かってウロコ状に重なり合ったキューティクルといわれる組織で被われています。

キューティクルは髪の毛を外部の刺激から髪の毛の蛋白質を守り水分が失われないように働いているのです。

キューティクルが正常だと髪の毛はしなやかで艶があるのですが、 

 

髪の毛のキューティクルが開いた状態

 

キューティクルが壊れてしまうと、髪の毛がパサついたり、うねったりしてしまうのです。

そして、

キューティクルが荒れたり開いていると雨の日には水分を吸いやすくなってしまうのです。

キューティクルの乱れた髪の毛は雨に日に水分を吸ってボリュームが出やすいのです。

 

Sponsored Link

 

雨の日に髪のボリュームをおさえる方法

雨の日にヘアスタイルがくずれる一番の原因は、

 髪が水分を吸って水素結合が切れるからなのです。

 

髪の毛のボリュームを抑える方法としては、

くせ毛のボリュームをドライヤーで抑える方法もありますが、

ドライヤーでくせ毛のボリュームを抑えるには、

 

  1. 髪の毛の根元から充分に乾かす
  2. 髪の毛が乾く間際に形をつける
  3. 髪の毛全体をしっかり乾かす

この3つが、くずれにくいスタイリングのコツです。

 

しかし、雨の日にはしっかりドライヤーでセットアップしても水分を吸えばボリュームが増してしまいます。

そんなときには、

ドライヤーで髪の毛の余分な水分を飛ばし、水分量を適正な10%程度に抑えることですが、

現実的ではありませんよね、、、。

 

 

雨の日にボリュームをおさえる方法はブラッシング

雨の日にボリュームを抑える一番の対処法はブラッシングです。

髪の毛が水分を吸うといっても髪の毛全体が均一に水分を吸っているわけではありません。

 

外側、カールがかかっている部分、毛先、、、など水分を吸いやすい部分や、

痛んでいる部分が特に水分を吸いやすいためにうねりが出てしまうのです。

 

ブラッシングをすると、部分的に溜まっている水分を髪の毛全体に広げる効果があり、

水分が溜まってうねってしまっている部位などのボリュームを解消してくれるのです。

 

しかし、重要な注意点があります。

  • 木のクシを使う
  • 目の粗いクシを使う

ことです。

目が細かいクシやプラスチック製のクシでは髪の表面を傷め、キューティクルがはがれたりしてしまいます。

昔から、髪の毛には“ツゲのクシが良い”とされてきましたが、柘植(つげ)の木で作られたクシは表面が滑らかで髪にダメージを与えません。

 

雨の日にボリュームをおさえる方法はオイルでコーティング

雨の日に髪のボリュームが増すのは、

 髪の毛が水分を吸うから

なのです。

 

したがって、

 髪の毛が水分を吸わないようにオイルでコーティングする

ことが雨の日のボリュームを抑える良い方法なのです。

 

 

ボリュームを抑えるコツの一つはブラッシングですから、

木製のクシにオイルを数滴を染み込ませてブラッシングすれば一度でグラッシングとオイルのコーティングができます。

 

髪の毛に良いオイルは、

  • ツバキ油
  • ホホバオイル

などですが、

 

最近口コミで評価なのが、

 ゆず油無添加ヘアオイル

なのです。

  詳しく読む ⇒ 口コミで評価のゆず油無添加ヘアオイルは育毛に良い

 

ゆず油無添加ヘアオイルを使えば、

雨の日の髪の毛のボリュームを抑えられるだけでなく育毛にも良い効果が得られるのです。

 

Sponsored Link

 

ゆず油無添加ヘアオイルを安く買う方法

 

ゆず油無添加ヘアオイルが髪の毛に良いということは、

口コミで評価のゆず油無添加ヘアオイルは育毛に良い」に詳しく書きましたので読んでいただくことにして、

ゆず油無添加ヘアオイルの安い買い方をご紹介しましょう。

 

ゆず油無添加ヘアオイルは高いものではなく、

Amazonで購入すると送料込みで696円なのですが、

 

現在は300円のキャッシュバックキャンペーンをやっているのです。

 

 

たった300円と言っても、

696円で購入した商品の300円キャッシュバックといったら、

ゆず油無添加ヘアオイルを396円で購入できるということです。

 

キャッシュバックキャンペーン概要

【賞品】
 QUOカード300円分またはAmazonギフト券300円分

【応募期間】
 2017年9月19日(火)~2018年2月28日(水)

【応募方法】
 レシートを撮影して PCまたはスマホで専用応募サイトにアップロードしてください。 

 

と、2分で完了です。

       応募する ⇒ キャッシュバック サイト

 

くせ毛の人は特に雨の日にはボリュームが増えてしまいます。

それを防ぐには縮毛矯正をしてしまうのも一つの方法ですが、縮毛矯正をしても雨の日にはボリュームが増えてしまいます。

そんなときにはこの方法を試してみて下さい。

 

関連記事(一部広告を含む)

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ