40歳から50歳の女性で介護脱毛が増えている

最近、40歳や50歳代の女性で介護脱毛が増えているということを良く聞きます。

介護脱毛?

脱毛のことはいろいろ勉強しているけど介護脱毛って聞いたことがないなぁ~

そうか!!、介護のストレスで抜け毛が増えるということかぁ!!

と思ったのですが、全く違いました。

介護脱毛とはハイジニーナのことだったのですね。

しかし、40歳代、50歳代の女性で介護脱毛が増えているということはどうしてなんだろう?

話を良く聞くとなるほど、、、と思いました。

介護脱毛は40歳代、50歳代の女性でだけでなく男性にも重要なことだと思いました。

 

 

40歳や50歳の女性で介護脱毛が増えている

最近、40~50歳女性での介護脱毛が増えているということを良く聞きます。

介護脱毛?

そうか、介護のストレスで脱毛が増えるのか、、、と思ったのですが、全く違いました。

脱毛のことはかなり勉強していると思ったのですが、迂闊でした。

 

Googleで介護脱毛を検索すると、なんと6,300,000 件もヒットします。

男性型脱毛症では、4,500,000 件ですから、介護脱毛はトレンディな言葉のようです。

 

介護脱毛とはハイジニーナ

介護脱毛というのはハイジニーナのことだったのです。

ハイジニーナとは、「ハイジーン(hygiene)」とは衛生という意味の言葉ですね。

ハイジニーナとは、若い人の間ではVIO脱毛ともいわれますが、アンダーヘアを脱毛することです。

 

VIO脱毛とは、Vライン、Iライン、Oラインを脱毛することで、ハイジニーナとも呼ばれるのです。

日本でもハイジニーナする人が増えているのですが、欧州や米国では脇毛の処理をしない人でもハイジニーナをしているそうです。

 

VIO脱毛というと若い人がするのだと思われがちですが、

全国に19店舗を展開する医療脱毛専門クリニックであるリゼクリニックによると、

かつてはVIO脱毛を受けるのは20~30代の女性が多かったのだそうですが、

45歳以上のVIO脱毛の希望者が過去10年で約4.5倍に増加したというのです。

  くわしく見る ⇒ リゼクリニック

さらに、

40~50歳代の女性(330人)を対象にしたアンケート調査では、

脇毛やVIO脱毛をしたいと答えた人が23%もいたというのです。

 

Sponsored Link

 

 

40歳や50歳代で介護脱毛をする理由

では、どうして40歳代50歳代で介護脱毛をしたいと思うのでしょうか?

その理由は、

親の介護をして介護脱毛をしようと思った

という人が多いのだそうです。

 

40歳代50歳代というと、親の介護をしなければならない年代です。

介護では、下の世話が一番大変です。

寝たきりになって自分でトイレに行けなくなると「おむつの世話」にならなければなりなくなります。

おむつの交換ではどうしても局所を第三者の目に晒さなければならなくなります。

 

リゼクリニックのアンケートでも、

40歳代~50歳代以上の女性の8割が「介護時に最も見られたくない部位は局部」と答えています。

 

40歳の女性で増えている介護脱毛をしてみませんか

 

おむつをつければ、当然、おむつの中で排尿や排便をすることになり、おむつの中は尿や便でいっぱいになります。

排尿をするとおむつの中は蒸れますが、排便では便が肛門やお尻に付きますし、軟便の時には後だけでなく前の方まで便で汚れます。

当然、陰毛まで便で汚れますから、それをふき取るのは介護の人だけでなく、介護される側でも苦痛なのです。

局部は拭き方が雑だとムレたり、雑菌が繁殖して臭いもキツくなったりするのです。

 

親の介護を経験し、

  • 局部の手入れが大変だった
  • おむつ交換に手間がかかった

と、アンダーヘアの煩わしさを実感したからこそ、

  • 自分が介護を受けるときには清潔にしておきたい
  • 介護者に迷惑をかけたくない

と、介護脱毛を希望するようになるのです。

 

Sponsored Link

45歳以上になると介護脱毛は難しい

介護脱毛の重要性は分かったにしても、

介護を受けるようになるのは70歳を超してからでしょう、、、、

どうして40歳代や50歳代で介護脱毛をしなければならないの?

と思ってしまいます。

 

60歳とか65歳くらいになってからでも遅くはないのじゃないか、、、、、、

 

しかし、40歳代で介護脱毛をする理由があるのです。

 

白髪は脱毛出来ない

脱毛の方法には、

  1. レーザー脱毛(永久脱毛)
  2. ニードル脱毛(永久脱毛)
  3. IPL脱毛(一時脱毛)
  4. フラッシュ脱毛(一時脱毛)

などがあります。

また、脱毛をしてくれるところは、

  1. 脱毛サロン(サロン)
  2. 脱毛クリニック(医療施設)

があります。

 

介護脱毛では途中で毛が生えてきては困りますから永久脱毛をする必要があります。

永久脱毛するためには、

医療機関で「レーザー脱毛」か「ニードル脱毛」をする必要があるのですが、

 

レーザー脱毛では、

レーザーが毛のメラニン(黒の色素細胞)に反応して発熱して毛母細胞を死滅させるのです。

 

40歳代ではアンダーヘアにも白髪が混じってくるようになり、白髪にはメラニンがないためレーザー脱毛の効果がなくなってしまうのです。

  詳しく読む ⇒ 陰毛の白髪と白髪染め

 

白髪の陰毛を脱毛するには

ニードル脱毛により、1本1本、毛穴に細い針を差し込んで電気で毛母細胞を破壊する必要があり、時間も費用も大幅にアップしてしまうのです。

 

ですから、

介護脱毛はアンダーヘアーが黒い40歳や50歳代の間におこなう必要があるのです。

介護脱毛とは要介護になる前に衛生上の問題からアンダーヘアーを整えることなのです。

介護脱毛は美容のためでなく健康のための脱毛なのですが女性ばかりでなく男性にも必要な脱毛です。

 

関連記事(一部広告を含む)

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ