髪の毛の紫外線対策をしていますか?

紫外線が一番強いのは今です。

紫外線を一番浴びるのはお髪の毛です。

貴女は髪の毛の紫外線対策をしていますか?

紫外線は薄毛の大きな原因です。

紫外線が一番強いのは今です

今日の紫外線指数をご覧になりましたか?

まだ梅雨前だというのに、今日の紫外線指数は名古屋以西は「極めて強い」です。

関東から東北にかけてはやや曇っていますが、「強い」ですが、明日はきっと「極めて強い」でしょう。

UV指数が高い日は髪の毛の紫外線対策が必要です

そうなんです、紫外線は5月から強くなり、連休明け頃の紫外線は7月、8月の紫外線量とさほど違わないのです。

紫外線が強いのは真夏!と思っている方が非常に多いのですが、今は紫外線の最盛期なのです。

薄毛を防ぐには髪の毛の紫外線対策は必要です

紫外線対策は5月から始めて下さい。

紫外線というのは、波長が10 – 400 nmの光で私達の目には見えない光で、紫の外ですから、英語ではultra-violetと書き、通常はUVと表記されます。

紫外線には、A波、B波、C波の3つが有ります。

C波は地球上に届く前にオゾン層で吸収されてしまい、私達が浴びている紫外線はA波とB波ですが、B波も一部がオゾン層で吸収されますので、私達が浴びる紫外線はA波が最も多いのです。

紫外線は髪の毛に悪いので紫外線対策が必要です

私達が浴びている紫外線は、A波とB波で強さはB波が強いのですが、

  • UV-A波 : 皮膚の奥まで届き、シワやタルミなど肌の老化の原因
  • UV-B波 : 強い、日焼けを引き起こし、長時間当たれば皮膚癌の原因

紫外線対策は貴女の髪の毛の抜け毛を防ぎます

 

紫外線を一番浴びるのは髪の毛

女性の方は、顔や二の腕などにはUVカットなどのファンデーションなどで紫外線対策をしますが、実は紫外線を最も浴びているのは頭なのです。

顔や首、そして二の腕の日焼けばかりを気にしますが、紫外線は上から注ぐため、頭は顔の2倍以上の紫外線を浴びるているのです。

QuickBeauty、Re:Partyなどのオリジナル美容商品の企画販売をしている(株)リベルタのアンケート調査によると、

女性が紫外線の影響として気になる部分は、

  1. 手の甲

と、髪の毛に対する紫外線の影響は4番目で、顔の2倍もの紫外線を浴びているのにもかかわらず、髪の毛に対する紫外線の影響を気にしている人は意外に少ないのです。

紫外線対策は顔だけでなく髪の毛にも必要です

さらに、日焼け止めを体のどの部分に塗っているかの調査では、髪の毛は最も少なく、髪の毛の紫外線対策をおこなっている人は59人と、顔の1437人の1/24しかいないというのです、、、。

フローリッチで髪の毛の紫外線対策

頭皮や髪の毛は紫外線に弱い

上にも書きましたように、UV-A波は皮膚の深くまで届きシミやシワの原因になり、UV-B波は表皮しか通過しませんが、日焼けや火ぶくれの原因になりますが、日焼けは火傷なのです。

頭皮の直ぐ下には毛包があり、髪の毛を作り出しているのですが、紫外線は毛母細胞や毛乳頭にダメージを与え、発毛に大きな影響を与えます。

フローリッチで髪の毛の紫外線対策をしましょう

 

日本人の髪の毛が黒いのはメラニン色素によるもので、メラニン色素は紫外線を吸収する働きがあるため、髪の毛を紫外線から守ってくれるのですが、最近では大部分の女性が髪の毛のカラーリングをしているため、メラニン色素が抜けて紫外線から守ることができないのです。

髪の毛の97%以上はケラチンという蛋白質で作られていますので、強い紫外線や熱により変性してしまいます。

髪の毛の蛋白質は、アミノ酸がシステイン結合して作られているのですが、紫外線によりシステイン結合が切れ、

  • バサバサ
  • ゴワゴワ

な髪の毛になって、切れ毛や枝毛の原因になります

 

てしまいます。

髪の毛には皮膚と違って再生機能がないので紫外線でダメージを受けた髪の毛は抜けてしまうのです、、、

Sponsored Link

髪の毛の紫外線対策にはポリフェノール

紫外線は、肌を赤く炎症を引き起こしたり、シミやシワの原因になるのですが、これらは全て活性酸素によるのです。

私達が呼吸で取り入れた酸素の約2%は活性酸素になるのですが、紫外線を浴びると肌でも活性酸素が作られるのです。

活性酸素は、老化の原因でもありますが、癌を初め様々な疾患の原因になりますが、活性酸素は薄毛の原因でもあるのです。

ポリフェノールは果実の紫外線対策

私達が紫外線を浴びると黒くなります。

黒くなるのはメラトニンが作られたからで、メラトニンは紫外線から皮膚を保護するために作られるのです。

ブドウやリンゴの表皮にはポリフェノールがたくさん含まれますが、ポリフェノールは果実が自身を紫外線から守るために作られ、ポリフェノールには抗活性酸素作用があるのです。

 

リフェノールとは、poly(たくさんの)、phenole(フェノール)という意味で、下記のフェノールという化学構造をたくさん含んだ植物などに多く含まれる成分の総称なのです。

サントリーのポリフェノールの育毛効果を検証してみました

ポリフェノールは、植物が太陽の光で光合成をするときに作られ、苦み、えぐみ、アクの成分で、4,000~5,000種類もあるといわれています。

ポリフェノールには、

  1. 細胞分裂を促進
  2. 細胞を活性化
  3. 活性酸素の抗酸化作用

などがあり、紫外線の害から保護しているのです。

このような作用から、リンゴには育毛促進作用があるといわれますが、ポリフェノールは髪の毛の紫外線対策に有効なのです。

ポリフェノールの育毛剤はサントリー

酒造メーカーであるサントリーは、ポリフェノールの研究では世界レベルにあるといわれています。

どうして酒造会社がポリフェノール?、とお思いでしょうが、サントリーはワインの研究からポリフェノールの研究を長年行っており、特に、花のポリフェノールの研究を長期に亘って続けており、その研究レベルは世界レベルにあるといわれているのですが、サントリーのホームページをみると、ポリフェノールを主体としたアンチエイジングサプリもたくさん発売されています。

ポリフェノール髪の毛の紫外線対策に有効です

 

そんな中で、髪の毛の紫外線対策にうってつけの育毛剤がサントリーのフローリッチです。

 

フォローリッチの有効性にはこのサイトでもご紹介していますが、2014年7月に、第32回日本美容皮膚科学会では、「ヒト毛乳頭細胞を用いたアントシアニジンの育毛作用」と題して発表し、2016年1月には、

化粧品科学研究開発雑誌 フレグランスジャーナルに、「花色素ポリフェノール配合女性用育毛剤の開発とその有用性評価」として論文を発表しています。

サントリーのポリフェノールで髪の毛の紫外線対策

内容はやや専門的になるのですが、

ヒト毛乳頭細胞を用いた実験で、花ポリフェノールであるシアニジン、デルファニジン、ペラルゴニジンは育毛関連蛋白であるFGF-7、VEGFの活性を高めた。

40~60歳代の薄毛の女性に花ポリフェノールを配合した育毛剤を1日2回2mlを12週間、頭皮に塗布したところ、4週間後から総頭髪本数が有意に増加し、12週後には顕著な増加が画像解析で確認された。

と結論しています。

まあ、難しいことはさておき、フローリッチは紫外線対策にも非常に使いやすい育毛剤です。

というのも、粘度が高く特殊な容器で、紫外線が当たりやすい頭頂部に集中的に適用しやすいのです。

  くわしく見る ⇒ ポリフェノールの育毛剤

フローリッチは髪の毛の紫外線対策に最適です

頭頂部の薄毛が気になるのなら、紫外線対策は必須です。

紫外線は今が一番強いのです。

Sponsored Link

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ