春の薄毛のための育毛対策

春になると木々や野原の草花も一斉に芽吹きを始めます。

髪の毛も秋から冬にかけて脱毛が増えますが、春は発毛の季節です。

貴女も薄毛を解消するための春の育毛対策を始めていますか?

春は発毛の季節

秋から冬にかけて落葉した木々も春になると一斉に芽吹き始めます。

貴女の髪の毛も、春になると発毛が促進しています。

春にきちんとした育毛対策をおこなうえば、薄毛を解消できるチャンスなのです。

秋から冬には脱毛が多い

髪の毛はおよそ10万本あり、1日に80本~100本の抜け毛がありますが、秋から冬にかけては抜け毛が増えるといわれています。

秋から冬にかけて脱毛が増える理由は、

  1. 湿度が低く頭皮が乾燥する

    秋冬、特に冬期は湿度が低く乾燥します。
    手や足、そして肌が乾燥すると同じように頭皮も乾燥します。冬になるとフケが増えるのは頭皮が乾燥している証拠です。
    頭皮が乾燥すると皮膚のバリア 機能も悪くなり、頭皮に炎症が生じやすくなり、フケ、痒みやの原因や抜け毛の原因になります。
    さらに、冬期には頭皮だけでなく、髪の毛も乾燥し、髪の毛の表面のキューティクルが剥がれたり、切れやすくなるのです。

  2. 頭皮の皮脂分泌が増加する

    頭皮が乾燥すると毛穴の奥にある皮脂腺の分泌が増加します。そして、気温が低くい秋や冬期には頭皮の汗腺の分泌量が減少しますので、皮脂が毛穴に溜まり安くなるのです。
    冬期に頭の臭いが気になる人が増えるのですが、これは毛穴に皮脂が溜まり、さらに頭皮や皮膚に常在するマラセチア菌が増殖するためです。
    マラセチア菌は皮脂を食べて増殖し、嫌な臭いを発するだけでなく湿疹を起こす場合もあり抜け毛の原因になるのです。

  3. 寒くなると頭皮の血流が低下する

    冬になって気温が低下すると、外気に触れる部分の血管が収縮します。これは、体温を下げないようにする生体の防御機構の1つです。
    衣服から出てる顔や手などは外気に晒されるとともに血流が低下して冷たくなりますが、頭皮も当然冷たい外気に晒されると頭皮の血管が収縮して頭皮の血流量が減少するのです。
    髪の毛を生み出す毛母細胞は身体の中でも最も細胞分裂の盛んな細胞なのですが、そのためには良好な血流によって充分な酸素と栄養素の供給が必要なのですが、寒さによって血行が悪くなれば毛母細胞に頭髪の成長に必要な酸素や栄養素の供給が不充分になり抜け毛の原因になるのです。

春は発毛の季節

秋から冬にかけては育毛が低下したり脱毛が多い季節ですが、春は発毛の季節です。

このブログを読んでくださっておられる方は十分ご承知だと思いますが、髪の毛には下記の図のように毛サイクルといわれる周期があります。

毛サイクルを利用して春には薄毛のための育毛対策を開始

毛サイクルは、

  1. 成長期 : 5~6年
  2. 退行期 : 2~3週間
  3. 休止期 : 2~3ヵ月

という期間で繰り返しています。

秋から冬にかけて退行期に入った髪の毛は脱毛した後に新たな発毛を向かえます。

つまり、成長が停止した後に、退行期、休止期を経て3~4ヵ月後に発毛が始まるのです。

Sponsored Link

春の薄毛解消のための育毛対策

このような理由から、春は髪の毛の生え替わりに時期でもあり、薄毛を解消するチャンスでもあるのです。

春は1年中で最も発毛が促進する時期ですから、この時期に適切な育毛対策をおこなうことによって薄毛を解消できるチャンスなのです。

  1. ストレスを溜めない

    春には進学、就職、転勤など、学業でも仕事でも大きな変化がある時期で、ストレスが溜まりやすい時期です。
    ストレスは自律神経を刺激するため、末梢の血管が収縮します。緊張すると顔が青ざめたりするのは交感神経が興奮して末梢の血管が収縮するため血流が低下し酸素の少ない静脈血が停滞するためです。
    すなわち、ストレスが頭皮の血行を悪くするためにせっかく発毛が促進している時期にもかかわらず、毛母細胞に充分な酸素や栄養素の供給ができなくなり、育毛が低たししてしまいます。
    ストレスを溜めないということはなかなか難しいことかも知れませんが、できるだけ睡眠をたくさんとり、ぬるめのお風呂に長く入ったりリラックスを心掛けてください。

  2. 紫外線対策

    紫外線は夏が最も強いと思われていますが、実は春先からすでに紫外線は強くなっているのです。
     詳しく見る ⇒ 紫外線は髪の毛に良くない 頭皮の日焼けは薄毛の原因
    顔や腕の紫外線対策は皆さん気を付けるのですが、髪の毛や頭皮が最も紫外線を多く浴びているのです。
    頭皮や髪の毛が紫外線を浴びると当然、頭皮も日焼けをしてしまい、毛母細胞にダメージを与え、育毛に悪影響を与えてしまいます。  

  3. 育毛剤を多く使う

    春は最も発毛が促進する時期ですが、このチャンスに発毛に効果がある育毛剤を使うことによってさらに発毛を活性化することができます。
    育毛剤にはたくさんの種類がありますが、この時期に使うべき育毛剤は、
     ・ 頭皮の血行を良くする作用のある育毛剤
     ・毛母細胞を活性化する作用のある育毛剤
    を選ぶ必要があります。
    このサイトではできるだけ科学的根拠に基づいて育毛剤を評価選択していますが、
     ・ M-1育毛ミスト(サラビオ研究所)
     ・ フローリッチ(サントリー)
    が、お薦めです。

春は髪の毛の生え変わりの季節です

この時期を活かして春は薄毛を解消するチャンスなのです。

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ