黒豆は薄毛に育毛効果がある

黒豆が薄毛に育毛効果があると評判です。

黒豆というのは煮豆などにする枝豆の黒い奴で、大豆の仲間です。

髪の毛に良いのは黒豆

大豆は髪の毛に良い食べ物ですが、黒豆は特に良いというのです。

黒豆はイソフラボンやポリフェノールがたくさん含まれ育毛効果があるのですが、

黒豆の育毛効果とその理由をご存じですか?

 

 

黒豆が薄毛を解消したと育毛効果が人気

最近、薄毛や育毛のサイトで黒豆が人気です。

このサイトでも髪の毛に良い食べ物で薄毛が解消できるとして、髪の毛に良い食べ物を紹介してきました。

その中で、大豆は手軽に手に入るし、豆腐や納豆、味噌などの加工食品も多いことから1番目に推しているのですが、黒豆も大豆に勝るとも負けない、薄毛の解消に良い食べ物です。

30歳を過ぎた頃から抜け毛が増え、髪の量が減ってきました。ところが、勧められて黒豆を取り始めたら抜け毛が減ってきた。さらに、私と一緒に黒豆を食べ始めた72歳母の白髪が黒くなってきたんです。

これはあるサイトの書き込みです。

 

抜け毛が増えるのはヘアサイクルの「成長期」が短くなり、「休止期」に入ったためです。

薄毛の原因はいろいろありますが、最終的に、「成長期が短くなる」ことによって抜け毛が増えるからです。

その原因としては、

  1. 男性ではDHAが増える(AGAの原因)
  2. 女性ではホルモンの乱れ(エストロゲンの減少)

が考えられるのですが、大豆や黒豆にはこの原因を解消する成分が入っているのです。

 詳しく見る ⇒ 髪の毛にいい食べ物で若ハゲを防ぐことができます

 

大豆は大きく分けて、白大豆、青大豆、赤大豆などに分けられます。

黒大豆は大豆の種類の中の1つで、表皮が黒いのが黒豆ですが、正式には黒大豆といいます。

育毛効果のある黒豆は薄毛のヒトにオススメです

 

大豆の名前の由来は、「大いなる豆」の意味から名付けられたといわれています。「大いなる」とは、偉大な、りっぱな、という意味で、昔から大切に育てられてきた食物です。

 

Sponsored Link

 

黒豆の育毛効果

黒豆が体に良いことは古くから知られています。

日本の薬学の古典書といわれる『本草綱目』(1590年)にも、黒豆の薬学的効能が記されていますし、黒豆の有名な産地である丹波地方では、民間療法として喉に良いとして、喉が痛いときや咳が出るときには黒豆の煮汁を飲むめば良いと伝承されています。

黒豆に他の大豆と同様に栄養が豊富で、さらに、大豆には含まれていない成分もあり、育毛効果の他にもダイエット効果や生活習慣病の予防・改善などの効果が期待されるのです。

 

黒豆の薄毛に良いといわれる効果成分は、

 

イソフラボン

黒豆には普通の大豆と同様にイソフラボンを含んでいます。

イソフラボンは植物性エストロゲンともいわれ女性ホルモンと同じような作用を持つことから、更年期障害、骨粗鬆症や乳がんの予防に効果があります。

さらに、抗酸化作用もあることから体脂肪を減少させたり、血中脂質を改善し、生活習慣病の予防にも良いのです。

女性のの薄毛原因は、ホルモンバランスの乱れが関係しており40歳代からの薄毛はエストロゲンの減少に起因しており女性の薄毛回復が期待できます。

男性においてもエストロゲンは男性型脱毛症の原因である5α-リダクターゼを阻害する作用があるのでAGA予防に効果があります。

また、イソフラボンには、強い抗酸化作用があるので、生活習慣病の予防にも効果があると言われています。

 詳細はこちら ⇒ イソフラボンの育毛効果

アントシアニン

アントシアニンはポリフェノールの一種で、大豆には含まれず、黒豆の特徴である表面の黒い皮にだけ含まれている成分です。

黒豆のポリフェノールは薄毛に育毛効果があります

アントシアニンには他のポリフェノールと同様に、抗酸化作用が有り、活性酸素を除去することができます。

活性酸素は老化やストレスで発生し、老化を進行させると同時に癌や様々な病気の原因にもなっています。

アントシアニンは活性酸素を除去し、老化防止、痴呆症の防止を始め、肥満抑制や血糖値の低下など、生活習慣病にも効果があるのですが、育毛にも効果があるのです。

活性酸素は、頭皮の血流を阻害し、髪の毛を生み出す毛母細胞の働きをも弱めるのです。

 詳しく見る ⇒ 活性酸素は薄毛の原因

 

肥満の人に薄毛が多いと言われていますから、黒豆のアントシアニンは一石二鳥です。

 

良質の蛋白質

大豆は肉と同じく蛋白質が豊富に含まれ、肉を食べなかった昔の日本では貴重な蛋白源として、煮豆として食べるほかに、豆腐や油揚げ、そして納豆や味噌などの発酵食品として食べられてきました。

大豆の蛋白質は必須アミノ酸である9種類のアミノ酸をバランスよく含んでおり、理想的な栄養源で、髪の毛を生み出す毛母細胞は身体の中で最も代謝の盛んな細胞で充分な栄養供給が必要であり、大豆は髪の毛にとって非常にすぐれた食品なのです。

また、大豆蛋白質は、血中コレステロールを下げる働きがあり、動脈硬化や高血圧の予防効果が期待できることから、厚生労働省のトクホ(特定保健用食品)の機能成分として認可されています。

 

ビタミンBとE

髪の毛のコラーゲンを合成するためにビタミンBは欠かせないビタミンです。

ビタミンBは、糖や脂質、アミノ酸や蛋白質の代謝において、補酵素として働き、エネルギー産生においても大きく関わっているのです。

ビタミンEは、ポリフェノールとともに、身体のサビといわれる活性酸素による酸化ストレスから生体を守ります。

 

イノシトール

イノシトールは様々な作用を持つビタミン様物質で、抗脂肪肝ビタミンとも呼ばれ、脂肪肝臓を改善する作用があります。

また、神経伝達や脳の活動を正常に保つにはイノシトールが不可欠で、神経細胞を活性化させるイノシトールは、頭皮環境を健康に保ち、抜け毛や湿疹などの頭皮トラブルを防ぐと考えられています。

 

Sponsored Link

 

育毛には黒豆まめ黒ごまきなこが効果

このサイトでは、育毛に良い食べ物として様々なものを紹介してきましたが、その中でも大豆は非常に良い食べ物としてきました。

その中で、大豆とともに、「ごま」も非常に髪の毛に良い食べ物です。

 詳しく見る ⇒ 髪の毛に良い食べ物は「まごわやさしい」

 

ゴマは、不飽和脂肪酸やビタミンEを豊富に含んでおり、さらには黒豆とおなじように、アントシアニンも含んでいることから、髪の毛やメタボ防止にも良い食べ物なのです。

大豆は、煮豆として食べるだけでなく、豆腐や納豆などの加工食品としても食べることから、非常に食べる機会が多いのですが、黒豆は煮豆としての他には炒り豆などとして食べるだけで、非常に口にする機会がありません。

 

そこでオススメなのは、「黒ごま、黒豆きな粉」です。

黒ごまと黒豆をすり込んで粉状にしたものです。

写真は私が毎日食べている「黒ごま、黒豆きな粉」です。

牛乳に入れたり、ヨーグルトのかけたりして毎朝大さじで1杯ほど食べています。

 

薄毛が気になるヒトは黒豆は育毛効果がある黒豆きなこがオススメです

 

黒豆は大豆と同様に栄養が豊富で、

大豆には含まれていない黒豆や黒ゴマに含まれるアントシアニンにはダイエット効果や生活習慣病の予防・改善効果に加え、なによりも薄毛に対する育毛効果が期待出来るのです。

黒豆だけでは不安という方は、ポリフェノールの研究で有名なサントリーが発売している「ポリフェノール効果の育毛剤」を試してみたらいかがでしょうか。

健康のために、大豆や黒豆は積極的に食べてください。

 

関連記事(一部広告を含む)

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ