糖化によるAGEは薄毛の原因です

AGEをご存じですか?

AGEは蛋白質と糖が結合した物質で、老化の原因物質です。

皮膚のシワやシミなどはAGEの蓄積によるのですが、頭皮のAGEは薄毛を引き起こします

皮膚のシワやシミが目立ってきたらAGEが溜まってきた証拠ですから薄毛対策を始めて下さい

蛋白質の糖化によるAGEは老化の原因物質

AGEという言葉を最近よく目にしませんか?

AGEは、Advanced Glycation Endproductsの頭文字をとった略語で、日本語では終末糖化産物と言われているもので、糖と蛋白質が加熱されてできた物質なのです。

血液中にはブドウ糖が含まれていますが、その糖が体の蛋白質と結合し、体の熱によって反応してAGEになるのです。

AGEによる頭皮の糖化は女性の薄毛の原因

このAGEは健康な人でも作られ、少しずつ体内に蓄積されていくのですが、この物質が老化の原因だとして最近注目されているのです。

AGEは、強い毒性を持っており、老化を促進するのですが、具体的には、

  • 肌のシミやシワ、たるみ、くすみ、そして肌のツヤをなくします

さらに、

  • 薄毛や白髪

そしてなんと、

  • 認知症
  • 心筋梗塞や脳梗塞
  • 骨粗鬆症
  • 白内障

など、AGEの蓄積によって体の様々な部位で、様々な疾病を引き起こす原因になっているのです。

AGEは食べ物にも含まれる

AGEは体内で作られるだけでなく、食品にも含まれ、食品として私達の中に取り込まれます。

食品中のAGEはそのほとんどが加工によるもので、蛋白質に糖を加えて加熱することによって作られます。

食べ物のAGE は頭皮を糖化させて薄毛になる

 

例えば、一番身近なところではトースト。

パンの中の蛋白質である小麦と砂糖が加熱されることによってAGEが作られます。
AGEの作られる過程はメイラード反応といって、私達の食欲を誘う、『こんがりと焼けたキツネ色』がAGEの本体なのです。

 

頭皮の糖化によるAGEは女性の薄毛の原因

 

  • キャラメル
  • 焼き鳥 
  • 唐揚げ
  • ステーキ
  • ハンバーガー
  • フライポテト

いずれも美味しそうなキツネ色をしていますがAGEがたくさん含まれ、フライポテトは生のジャガイモの40倍ものAGEを含んでいます。

食品中のAGEは大部分は消化されてしまうのですが、約7%は体内に蓄積されるといわれ、例え小量のAGEでも年間1,000回も食事をするのですからちりも積もれば山となるで、AGEが多く含まれる食品(例えばファーストフード+コーラ)などを良く摂る人ではAGEが大量に蓄積されることになります。

Sponsored Link

AGEによる頭皮の糖化は薄毛の原因

私達の体は蛋白質によってできており、血管が縦横に張り巡らされていますから、糖と蛋白質による糖化は体中のどこでも起こります。

 

頭皮は表皮と真皮からなりますが、表皮は角化層、顆粒層、基底層の3層からなりますが、ヒアルロン酸やコンドロイチン硫酸などで構成され、肌のハリや弾力を生み出しています。

さらにその下の真皮層は70%がコラーゲンで、頭皮にハリをもたらしています。

この部分にも血管があり、ヒアルロン酸、コンドロイチン硫酸、コラーゲンは糖と反応して糖化しAGEを産生し、弾力やハリを失い硬化してしまうのです。

頭皮の糖化によるAGEは発毛を抑制して薄毛に原因

頭皮が硬化して硬くなると、血流が悪くなり、薄毛の原因になります。

  • 頭皮が硬くなり柔軟性や弾力を失う
  • 髪の毛ツヤ・ハリ・コシが失われる
  • 頭皮への柔軟性や弾力を失う
  • 血行が悪くなり栄養不足になる

頭皮が硬くなると薄毛になる

ライオン(株)の調査では、「薄毛の男性では頭皮が硬いことが分かった」と発表しており、頭皮の硬化が薄毛の大きな原因になるのです。

  詳しく見る ⇒ 薄毛の男性は頭皮が硬い

髪の毛を生み出しているのは、真皮層の毛根にある毛乳頭と毛母細胞です。

毛乳頭は毛母細胞を刺激し、毛母細胞は細胞分裂を繰り返して髪の毛を作り出すのですが、AGEが真皮層に蓄積して硬くなると頭皮の毛細血管の血流が悪くなり毛乳頭細胞や毛母細胞への酸素や栄養素の供給が悪くなり、乳頭細胞と毛母細胞の活性が低下してしまうのです。

さらに、AGEが毛根に蓄積すると、毛乳頭と毛母細胞の活性が低下するだけでなく、毛母細胞の側に有るメラニン色素を作るメラノサイトの活性も悪くなり、メラニン色素を十分に供給できなくなって白髪の原因にもなるのです。

ある研究報告では、

女性の髪の毛(60㎝)を、根元部分から5~10cmの基部、25~30cmの中間部、45~50cmを先端部として各部位のAGE量を測定したところ、基部>中間部>先端部の順にAGEの量が多かったそうです。

頭皮の糖化を防ぎAGEを蓄積しないために

AGEを溜めないようにするには、いくつかの方法があります。

  1. 血糖値を上げない
  2. AGEの多い食品を摂らない
  3. AGEの排泄を促す

ということですが、最も効果的なのは、「血糖値を上げない」ということです。

血糖値をあげないことが一番

AGEの産生量は、

 AGE産生量 = 血糖値 x 持続時間

で決まるので、なるべく血糖値を上げないことが最も重要なことです。

糖尿病患者ではAGEの産生量が多いことが多くの研究で証明されています。

 詳しく見る ⇒ AGEは糖尿病の高血糖が原因です

糖尿病でも食事をすることによって血糖値が上がり、食後高血糖といわれます。

健康人では数時間で正常レベルに戻るのですが、食物繊維を多く摂ることや、ゆっくり食べることによって食後血糖値のピークを抑えることが出来ますから、

  • 食物繊維をたくさん摂る
  • 野菜から食べる
  • ゆっくり食べる

ということが効果的です。

 

アーモンドはAGEを体外に排泄する

アーモンドの脂質の7割近くが、不飽和脂肪酸「オレイン酸」でできています。

オレイン酸には、コレステロール値を低下させ、血流をよくする効果があります。

血液の中の余分な糖はタンパク質と結びつき「AGEs」と呼ばれる老化物質を産み出します。

AGEsは、身体の老化を早め、しわやたるみの原因になる存在、アーモンドは、憎きこのAGEsを体外に排出する働きがあり、身体の衰えを抑制します。

女性の薄毛は身体が錆び付いてきたサインなので、老化をブロックすることにより、進行を遅くする効果が期待できるという訳です。

ブロッコリーはAGEの産生を抑える

 詳しく見る ⇒ ブロッコリースプラウトの発毛効果と育毛剤

Sponsored Link

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ