チャップアップで効果がないなら薬用プランテルを使ってください

チャップアップで効果がないなら薬用プランテルを試してください。

薬用プランテルはM字ハゲ用の育毛剤です。

M字ハゲに効くにはワケがある

薬用プランテルはM字ハゲ用の育毛剤として宣伝しています。

プランテルはM字ハゲMの育毛剤

どうしてM字ハゲ用として宣伝しているのでしょうか、、、。

それは、ハゲによって原因が異なるからです。

ハゲには大きく分けて、M字ハゲとO字ハゲがあります。

M字ハゲはこめかみの部分の生え際が後退してくるハゲで、男性型脱毛症といわれます。

 男性型脱毛症は、最近はAGAといってテレビでも良く聞きますからご存じだと思います。

M字ハゲとO字ハゲ男性型脱毛症の原因は、ホルモンの影響です。

男性ホルモンであるテストステロンが5α-リダクターゼという酵素によって活性が10倍高いジヒドロテストステロン(DHT)というホルモンに変わるのですが、このDHTが毛の成長を抑制してしまうのです。

DHTが髪の毛の成長を抑制

 

ですから、AGA(男性型脱毛症)では5α-リダクターゼを抑制してDHTの産生を抑える必要があるのです。

一方、O字ハゲといわれる頭頂部が薄くなるハゲは、頭皮の血行が悪くなり毛を生み出す毛母細胞の活性が弱くなったりすることが原因であり、M字ハゲとO字ハゲとでは原因が異なるので、効果がある育毛剤も異なるのです。

Sponsored Link

薬用プランテルの作用は5α-リダクターゼ抑制作用

M字ハゲを防ぐには5α-リダクターゼを抑制する必要があるのですが、薬用プランテルは5α-リダクターゼ抑制作用の有る育毛剤なのです。

薬用プランテルは、ヒオウギ、ビワ葉、牡丹、シナノキなどの植物エキスと、日高のミツイシコンブの海藻エキスからなる育毛剤なのですが、ヒオウギがAGAに効果が有るのです。

ヒオウギエキスの5α-リダクターゼ抑制作用

 

ヒオウギのエキスにはイソフラボンという女性ホルモンと似た構造の成分が含まれていて、このイソフラボンに5α-リダクターゼ抑制作用があるのです。

イソフラボンの5α-リダクターゼ抑制作用は多くの論文にも掲載されており、科学的根拠のある作用です。

薬用プランテルの作用は、AGA治療薬のプロペシアと同じなのです。そして、植物成分ですからプロペシアのような勃起不全などの性機能に関する副作用の心配もありません。

プランテルはAGAの育毛剤なお、最近いろいろと調べて分かったことなのですが、40歳代の家内が薄毛予防に使っているM-1育毛ミストという育毛剤はAGAにも効果が有るようなのです。
DHTは、TGF-βというサイトカインといわれる物質を分泌させ、そのTGF-βが髪の毛の成長を抑制するのですが、M-1育毛ミストはTGF-βを阻害する作用が有るのだそうです。

私はAGAの予防に薬用プランテルを、家内は頭頂部の薄毛防止にM-1育毛ミストを使っているのですが、最近私もM-1育毛ミストをチョコチョコ使っていますので、その内結果をお知らせします。

チャップアップの作用は毛母細胞活性化作用か?

チャップアップの公式サイトを見てみると、主要な有効成分として、センブリエキス、グリチルリチン酸、ジフェンヒドラミン塩酸塩も3つを挙げています。

チャップアップの作用

 

センブリはリンドウ科の植物で漢方薬として知られています。千回振り出しても(煎じても)まだ苦い、ということからセンブリと名付けられたようですが、血流の改善や毛細血管の拡張に効果があるといわれています。

また、細胞分裂を促進する効果ることから髪の毛を生み出す毛母細胞の活発化作用が有るのかも知れません。センブリエキスには保湿作用もあり、化粧品などにも使われています。

グリチルリチン酸とジフェンヒドラミン塩酸塩は、皮脂分泌を抑えたり痒みを抑えたりする成分で多くのヘアケア製品に使われていて目新しい成分ではありません。

その他には、M034を初めとした32種類の植物成分が含まれているということですが、良く分かりません。

M034は、ミツイシコンブから抽出した海藻エキスで、天真堂というOEMメーカーが開発したソヴール08という成分ですね。M034はブブカが主要有効成分としてアピールしている成分で、ヘアドーンという育毛剤にも含まれており、ブブカ、チャップアップ、ヘアドーンは天真堂が作っている育毛剤です。

M字ハゲには5α-リダクターゼ抑制作用の育毛剤

育毛剤は無数といって良いほど多くの種類が販売されており、どれを選んだら良いのか本当に迷ってしまいます。

しかし、育毛剤は大きく分けて4つにわけられます。

  1. ホルモン抑制作用
  2. 血行促進作用
  3. 毛母細胞刺激作用
  4. 皮脂分泌抑制作用

ホルモン抑制作用の代表はプロペシア、血行促進作用の代表はリアップです。

ハゲは二つのタイプに分けられ、その原因が異なります。

  1. M字ハゲ : 5α-リダクターゼによるDHT産生
  2. O字ハゲ : 頭皮の血行不良や毛母細胞の活性減退

ですから、目的に合った育毛剤を選ばなければ確かな効果が得られないのです。

M字ハゲには5α-リダクターゼ抑制作用のある薬用プランテルが効果があります

Sponsored Link

 

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ