ブブカの育毛効果を検証する

ネットで育毛剤を検索するとおびただしい数の育毛剤が表示されます。

 中でも良く目に付くのが、「プランテル」、「ブブカ」、「チャップアップ」なのですが、

一番の売れ筋は、BUBKA(ブブカ)だそうです。

今回はブブカの育毛効果について検証してみました。

M字ハゲの育毛剤の必須条件 

このサイトでは、AGAや若ハゲの育毛剤には「5α-リダクターゼ抑制作用がなければ効果がない」と判断しています。

その根拠は、

M字ハゲやAGAといわれる男性型脱毛症の原因は、

男性ホルモンであるテストステロンが、5α-リダクターゼという酵素によってジヒドロテストステロン(DHT)というホルモンに変化するのですが、DHTが毛母細胞に作用して育毛を抑制してしまうことによるからなのです。

DHTが髪の毛の成長を抑制

ブブカとチャップアップは同じもの?

ネットで、ブブカとチャップアップを調べてみると、「同じものだ!」という書き込みが多いのです。

容器はどちらも同じ白のプラスチックボトルですが、果たしてどうなのでしょう、、、

ブブカとチャップアップ

ネット上でのブブカとチャップアップの情報

さすが売れ筋の商品ですから、ネット上には情報が溢れています。

その中で、あれ!っと思う記事があるのです。

ブブカとチャップアップは同じ

 

というのです。

容器は違うけど、製造元も同じで中身は同じということなのでしょうか?

ソヴール08とは何か

 天真堂のホームページを調べてみると、

ソヴール08とはなに?

 

〈ソヴール08〉は、その成果を実証済みのこだわりの育毛有効成分を独自に複合処方した実証型育毛剤として開発。育毛に有効性のあることが確認された北海道日高沖に自生する天然の海藻、それに3種の育毛有効成分を主体に、17種の植物エキスと10種の細胞活性アミノ酸をプラス配合。それらの組み合わせの妙によるハイブリッド作用が、結果の出せる薬用育毛剤を誕生させました。

ソヴール08というのは、天真堂が開発した、育毛有効成分なんですね。

天真堂というのは、OEM製品の製造会社のようなのです。

OEM製品とは

OEMというのはOriginal Equipment Manufacturingまたは Original Equipment Manufacturerの略語で、委託者のブランドで製品を生産することで、「相手先ブランド製造」というものです。

簡単に言ってしまうと中身は同じで、容器や名前が違うだけという商品なのです。

例えば、キューピーマヨネーズを、ダイエーのブランドネームで、イトーヨーカドーのブランドネームで、それぞれ販売するようなものなのです。

育毛剤などの医薬部外品は、開発から厚生労働省の承認を得て発売するまでに、2~3年もかかるそうで、天真堂のようなOEM開発会社は、認可された医薬部外品を何種もストックしておき、育毛剤を新発売したい会社の要請に従って、各種成分を配合し、依頼会社のブランドの育毛剤を作るのだそうです。

OEM製品とは

こんなことから、

  • ブブカとチャップアップは同じ製品?

という疑問や書き込みが出たんでしょう。

そこで、あなたの疑問のお答えするために調べてみました。

ブブカはオリジナルの育毛剤

ブブカの販売会社である 株式会社T.Sコーポレーション・代表者のお話しをお聞きする機会がありました

確かに、ブブカは天真堂のソヴール08を原点としているのだそうですが、

有効成分であるM-034の最適配合比を決めるために200種類以上の配合比を変えて有効性を検証し、
2014年9月から、M-034の配合を60%に増量し、「世界初の濃密配合、BUBKA-001」

ということで、T.Sコーポレーションの独自企画独自開発製品なのだそうで、天真堂に製造を委託しているようです。

ネット上の情報は当てにならないことがありますね、、、。

主成分(BUBKA-001)

M-034と名付けられた「北海道ミツイシコンブ由来エキス」を高密度に配合しで、脱毛した毛に作用すると、毛根上部の活性を上げることが明らかになっています。また、動物実験でも発毛促進効果が確認されています。

3種類の育毛成分

頭皮の保護や炎症防止効果を発毛効果に加えることで、総合的に育毛効果を発揮しするのだそうです。

●センブリエキス ●グリチルリチン酸 ●ジフェンヒドラミン

18種類の植物エキス

より高い育毛効果と頭皮ケアのための植物エキスを合計18種類配合しているようです。

●ビワ葉エキス   ●牡丹エキス    ●シナノキエキス
●ヒキオコシエキス ●ヒオウギ抽出液
●ニンジンエキス  ●クロレラエキス
●オウゴンエキス

10種類のアミノ酸

細胞のエネルギーの源となるアミノ酸。毛根に栄養を与え、活性させるためにアミノ酸類をさらにプラス配合しています。

●PCA-Na   ●ベタイン ●グリシン  ●アラニン
●プロリン  ●セリン  ●トレオニン ●アルギニン
●リシン   ●グルタミン酸

Sponsored Link

ブブカの5α-リダクターゼ抑制作用は?

ブブカも、チャップアップも厚生労働省の認可を受けた医薬部外品です。

医薬部外品は、「有効成分を含んでいる」ことを保証されている製品ですから、育毛効果が含まれていることは厚労省が認めています。

 重要なのは5α-リダクターゼ抑制作用です。

AGAの原因は何だったでしょうか、、、

そうですよね、

  5α-リダクターゼによって作り出されるジヒドロテストステロン(DHT)が発毛を抑制する

ということですよね。

ですから、AGAを防ぐには、

   5α-リダクターゼを抑制する必要がある 

のです。

プランテルのヒオウギエキスに含まれているイソフラボンには5α-リダクターゼ抑制作用があることは科学的に証明されています。

  詳しく見る >>> イソフラボンの5α-リダクターゼ抑制作用には科学的根拠がある

ブブカの決め手はオウゴンエキスか?

ブブカの5α-リダクターゼ抑制作用は、オウゴンエキスにあるようです。

オウゴンとはコガネバナといわれる植物の根のエキスです。

ブブカのオウゴンエキス

オウゴン(黄芩)は、コガネバナの根の周皮を除き乾燥したものです。和名のコガネバナは、根の色が黄金色をしているところから名付けられたといいます。
オウゴンは漢方処方に配合されている重要な生薬のひとつで、漢方では消炎、充血、発熱を伴う頭痛、腰痛、嘔吐、下痢、胃炎、腸炎などに応用されています。

化粧品原料としては、環境ストレスによるAhR-CYPシグナルを抑制し、皮膚の老化を防ぐ効果が期待できま、SOD様作用、抗炎症作用、美白作用、光加齢防止作用なども報告されています。

ヤマダ薬研という生薬のメーカーがオウゴンエキスの情報を公開しています。

そのサイトによれば、オウゴンエキスの効能は、「消炎、抗炎症、収斂、保湿、細胞賦活、抗アレルギ-、抗菌などの作用がある」と記載されておりますが、「肌荒れを防ぎ、水分保持力の強い肌に整える化粧品に使用されています」との記述で、5α-リダクターゼ抑制作用についての記載はありません。

アンチエイジング(株)という会社でもオウゴンエキスの効能を公開しています。

その記載をみますと、「皮脂分泌の原因になる男性ホルモンを抑制し、ニキビなどの肌トラブルを防ぎ、無駄毛予防する効果もあります」

との記載されているのですが、“5α-リダクターゼ抑制作用”という具体的な記載は見つかりませんでした。

ちなみに、ブブカの公式販売サイトでは、5α-リダクターゼを77%抑制したと表記していますので、自社で検証したのでしょう。

77%抑制とは凄い抑制効果です。

5α-リダクターゼ抑制作用の育毛剤は?

最終的には、貴男の頭髪にあった育毛剤を選ぶべきだと思いますが、このサイトでは、その科学的根拠、エビデンスがあるとの理由で、M字ハゲ(男性型脱毛症)に有効な育毛剤を検証しています。

 M型脱毛の育毛剤は >> 薬用プランテル

なのですが、

ブブカの5α-リダクターゼ抑制作用の根拠についてはどうしても知りたい!!

ということで、ブブカの販売元である、

  T.Sコーポレーションに情報公開を直談判

そして、素晴らしい成績を公開して貰い、納得しました。 ブブカの育毛効果を検証しました

企業秘密でもあるでしょうから、全てを公開するわけにはいきませんが、ラットの肝臓細胞を用いてin vitroでの実験で5α-リダクターゼ抑制作用を検証し、77%抑制の成績が得られています。

M字ハゲの育毛剤として、プランテルブブカを推奨します。

M-1育毛ミストの作用点

 

 

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ