薄毛対策はプロペシアより植毛がおすすめ

薄毛対策として、

  1. 医療用医薬品 
  2. 育毛剤    
  3. 植毛     

などの方法があり、

日本皮膚科学会の脱毛症診療ガイドラインでは、

  • 推奨A : プロペシア、ザガーロ、リアップ
  • 推奨B : 自毛植毛、など

としているのです。

 

どれを選択すべきか、、、

大阪大学の脱毛症治療の権威である板見教授は、

プロペシアをずっと飲み続けるよりは、それほど高くない

と自毛植毛をすすめているのです。

 

 

Sponsored Link

 

日本皮膚科学会は薄毛対策に植毛をすすめている

薄毛対策には、

  1. 医療用医薬品 : プロペシア、
  2. 育毛剤    : 
  3. 植毛     : 

などの方法があります。

 

日本皮膚科学会では2017年秋に脱毛症診療ガイドラインを改訂し、

「」

を発表しました。

薄毛対策でお進めはプロペシアよりも自毛植毛です

 

改訂されたガイドラインの内容についてはこのサイトでもご紹介しましたが、

     詳しく読む ⇒ 日本皮膚科学会がガイドラインを改定

 

医薬品や育毛剤などの脱毛症の治療法について科学的論文を精査し、

有効性を5段階で評価したのですが、

  • 推奨A: 行うよう強く勧められる
  • 推奨B :行うよう勧められる
  • 推奨C1 :行うことを考慮してもよいが十分な根拠がない
  • 推奨C2 :根拠がないので勧められない
  • 推奨D :行わないよう勧められる

 

推奨Aとされたのは、

  • フィナステリド(経口) : プロペシア (医療用医薬品)
  • デュタステリド(経口) : ザガーロ  (医療用医薬品)
  • ミノキシジル (外用) : リアップ  (一般医薬品)

と、医療用医薬品と一般医薬品の3種類でした。

 

推奨Bには、

  • 自毛植毛
  • LED、低出力レーザー

を挙げ、

今回初めて、日本皮膚科学会は低出力レーザーを推奨

したのです。

 

 

植毛については、

  • 自毛植毛  : 自分の毛を移植する
  • 人工毛植毛 : 人工の毛を移植する

の2種類があるのですが、

日本皮膚科学会のガイドラインでは、

人工毛植毛には「行わないよう勧められる」として推奨Dとしています。

 

人工毛移植とは、ナイロンなどの化学製品で作った模造毛を移植する方法ですが、

免疫反応により遠からず脱落してしまい、身体にも害になる可能性がるからなのです。

 

Sponsored Link

 

専門家は薄毛対策にはプロペシアより植毛をすすめる

最も効果がある薄毛対策としては、

何と知っても医療用医薬品であるプロペシアです。

 

しかし、

プロペシアには、

  1. 性機能に関する副作用   : 詳しく見る⇒ コチラ
  2. 服用を止めてからの副作用 : 詳しく見る⇒ コチラ

があることから躊躇する人も多いのです。

 

 

大阪大寄付講座教授で毛髪再生医学が専門の板見智氏は、

植毛手術は100万~150万円かかるが、プロペシアをずっと飲み続けるよりは、それほど高くないかもしれません。

と述べています。

 

読売新聞のYOMIURI ONLINE ヨミドクター

     詳しく読む ⇒ yomiDr.

 

 

プロペシアの薬代は月10,000円

男性型脱毛症の治療薬(医療用医薬品)としては、

  • フィナステリド : プロペシア
  • フィナステリド・ジェネリック : フィナステリド・ファイザー
  • ヂュタステリド : ザガーロ

などが発売されています。

 

国内で初めて承認されたのはプロペシアで、2005年に「飲む育毛剤」として発売されました。

 

プロペシアは、男性型脱毛症の原因となるジヒドロテストステロン(DHT)を作れないように、5α-リダクターゼを抑制する作用のある医薬品です。

 

ザガーロは、2015年に発売された医薬品で、プロペシアと同じように5α-リダクターゼ抑制作用のある薬ですが、

1型5α-リダクターゼと2型5α-リダクターゼの両方を抑制する作用があります。

  詳しく読む ⇒ ようやくザガーロが発売

 

大阪大学の板見智氏教授は、

プロペシアを3年以上飲んだ人の約80%に発毛がみられています。

うぶ毛のような毛が生えたり、頭皮が隠れるほど発毛したり、効き目は人によって様々。

ザガーロもほぼ同じ効果が認められています。

と述べています。

 

しかし、

プロペシアもザガーロも飲んだからといって直ぐに毛は生えません

飲み始めてから半年はかかります。

フサフサになることはなかなか期待できませんが、多くの人が満足感を得ています。

とのことなのです。

 

  飲み始めてから半年はかかります

ということはしかたがないとしても、

  フサフサになることはなかなか期待できません

ということにはガッカリですね、、、

 

実は、

プロペシアの効能とは、

 

【効能・効果】

男性における男性型脱毛症の進行遅延

 

ということで、「脱毛症の進行遅延」なのです。

すなわち、「脱毛使用の進行を遅れさせる」効果なのです。

 

さらに、板見智口授は、

ただし、1年を過ぎれば毛髪数は頭打ちになり、飲まないと元に戻るのが悩みどころ。

として、

その悩みを生涯抱えなくて済むのは、毛がはえている部分の毛包を髪の毛が抜けた部分に移植する「植毛」です。

と述べているのです。

 

気になる費用については、

 

どれも病気の治療ではないので、医療保険がきかず全額自費になります。

飲み薬の治療には1ヵ月約1万円、年間で12万円ほどかかります。

植毛手術は100万~150万円。

薬をずっと飲み続けるならば、それほど高くないかもしれません。

というのです。

 

Sponsored Link

 

移植した毛は抜けても再び生えてくる

植毛はまだあまりなじみの少ない薄毛対策です。

ココカラは今晩にでも書かせていただきます

アイランドタワークリニック

 

関連記事(一部広告を含む)

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ