薄毛治療の期間は6ヵ月で費用は18万円が目安

薄毛治療を始めようとしても気になるのは費用と期間。

テレビやネットそして雑誌では多くのAGA治療クリニックの宣伝を見ますが、

  • 本当に薄毛が治るんだろうか?

という心配より、

  1. どれくらい費用がかかるんだろう?
  2. どれくらいの期間通院すれば良いんだろう?

との方がきになって、診察を受けるのを躊躇する人が多いと思います。

しかし、あなたが思うほど薄毛治療クリニックは悪徳ではないのです。

むしろ、自己判断で育毛剤を使い続けるよりは安上がりかもしれません。

薄毛治療クリニックはあなたが考えているほど高額ではないのです。

 

Sponsored Link

 

薄毛治療の期間は6ヵ月が目安

薄毛治療を始めようと思っても期間はどの位かかるんだろう、、、という心配があります。

育毛剤の宣伝では、

  • 3週間でハリやコシが!
  • 3ヵ月で黒々と!

というようなキャッチコピーを目にするのですが、これは本当でしょうか?

 

髪の毛の伸びるスピードをご存じですか?

髪の毛の伸びるスピードは1日に0.3ミリです。

1日に0.3ミリですから、

  • 1ヵ月では 0.3ミリ x 30日 = 9ミリ
  • 3ヵ月では 0.3 ミリ x 90日 = 2.7センチ

3ヵ月でもわずか3センチしか伸びないのです。

 

これは毛周期(ヘアサイクル)という髪の毛の定められた生理なのです。

髪の毛は毛根部分の毛包というところの毛母細胞が細胞分裂をおこなって産み出すのですが、

毛母細胞は体の中でも最も細胞分裂が盛んな細胞なのです。

毛母細胞の細胞分裂をこれ以上早めると癌化するともいわれています。

 

薄毛治療の期間の目安は6ヵ月

AGA治療クリニックで最も歴史があるのはヘアメディカルグループのメンズヘルスクリニック東京です。

メンズヘルスクリニック東京は1999年に日本で初めて開院した頭髪治療専門のクリニックです。

ヘアメディカルグループは、東京、名古屋、大阪、福岡にグループの系列クリニックを持ちますが、

患者数は2015、2016年は35万人を超す患者が訪れている国内で最大規模の薄毛クリニックグループです。

 

メンズヘアクリニック東京の小林一広院長は、

「病は気から」をもじって、「病いはケから」をキーワードにして「気」と「毛」の2つの「ケ」と健康との関係を長年研究しているのだそうですが、

精神的なストレスである(気)が病気を招き、薄毛や抜け毛が老化のサインとなることを指摘し、

「目指せ、フサフサピンピン!」というのが薄毛治療のキャッチコピーで、男性ホルモンであるテストステロンの重要性を説いています。

 

すなわち、

小林院長は、薄毛の原因について男性ホルモンであるテストステロンの存在を挙げ、「テストステロンがジヒドロテストステロン(DHT)という物質に変わって、毛乳頭細胞にある受容体に結合することで発毛が抑制されることがわかってきた」と指摘し、

 

薄毛の治療で一番大切なことは、

  1. できるだけ手間をかけない
  2. できるだけ金をかけない
  3. だけど毛は戻す

この3つだとして、

あなたも気になる治療期間は、

治療期間としては平均的に6ヵ月程度

だと述べています。

 

6ヵ月程度とは非常に理にかなった意見です。

 

プロペシアはAGAの医療用医薬品ですが、厚生労働省に申請した臨床成績試験資料では、

プロペシアの発毛効果は24週以降で明らかになったとしています。

プロペシアの発毛は6ヵ月必要

 

さらに、薄毛治療の一般医薬品であるリアップについても、

有効性は4ヵ月使用後から認められています

と明記されています。

リアップの発毛は6ヵ月かかる

Webや雑誌などで見る育毛剤のキャッチコピー、

  • 3週間でハリやコシが!
  • 3ヵ月で黒々と!

などを掲げる商品はチョット怪しいのかもしれませんね、、、

 

発毛治療のHAIR MEDICAL【ヘアメディカル】

 

薄毛治療の費用は16万円が目安

さらに気になるのが、

  • 薄毛治療の費用はどのくらい?

ということですね。

 

ヘアメディカルグループでは、

ヘアメディカルグループの治療では、30日間のお薬代を含み、
治療費32,000円(税別)/ 月を超えることはございません。
また、月1回の「都度払い」でお支払いいただきます。安心して、ご予約・ご来院ください。

と明記しており、
さらに、

ヘアメディカルは医療機関です。
無理な勧誘などは一切ございません。
治療内容、処方内容によって金額が変わります。
医療ローンの取り扱いはございません。

こ記載しています。

そうですね、、薄毛治療クリニックは医療機関なのです。

薄毛は病気と認定されていませんから健康保険が適用されないので、全額患者負担になります。

100%患者負担で月額32,000以内というのはうなずける治療費用ではないでしょうか、、、。

 

 

薄毛への対策としては、

  1. 育毛剤
  2. 一般医薬品
  3. 医療用医薬品
  4. 植毛

という4つの選択肢があります。

 

育毛剤では1ヵ月分で500円~1,000円という格安なものもありますが、

信頼性のある育毛剤であれば1万円程度の出費は必要でしょう。

 

最近最も人気のある、

などでは、定期購入で1ヵ月で8,000円程度です。

 

植毛についてはこのサイトでもお知らせしましたように、300万円程度の出費は必要ですが、

  • すぐにフサフサ
  • いつまでもフサフサ

ということを考えれば、期間と費用を考えれば法外な料金だともいえないです。

 

Sponsored Link

 

薄毛治療は早いほど期間が短く費用も安い

薄毛の要因としては遺伝の影響も少なくはありませんが、

遺伝するのは「ハゲる体質」であり、

遺伝するのはハゲの体質

早期に「適切な対応」をおこなえばハゲることを防ぐことは可能なのです。

一卵性双生児でも、別々の場所で別々の生活をした場合には薄毛の程度が同じでないことが多くの研究で分かっているのです。

 

薄毛対策には、

  1. ハゲてから対応する
  2. ハゲる前から対応する

の2つがありますが、

どちらが有効かはもうお分かりでしょう。

10センチの髪の毛を抜けてしまってから復活させるには2年もかかるのです

 

最も有効であるといわれるプロペシアにしても、

効く人は効くし、効かない人は効きにくい

のです。

薄毛治療は非常に個人差があり、

誰でも薬を飲んだら必ず生えるとは限らないのです。

 

メンズクリニック東京の小林院長も、

薄毛の治療については現在の医学ではまだわからないところがたくさんある

と説明しています。

 

あなたが一番気になる、

  1. 期間はどれくらいかかるか?
  2. 費用はどれくらいかかるか?

は人それぞれで異なるのです。

無料相談は無料です

自分の薄毛の状況や背景を調べることが最も大事です。

発毛治療のHAIR MEDICAL【ヘアメディカル】

勇気を出して無料相談を受けてみることをおすすめします。

 

関連記事(一部広告を含む)

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ