コンブは薄毛に良いことが判明|リーブ21

  • コンブは髪の毛に良い
  • ワカメを食べると薄毛が治る。

こんなことが古くからいわれてきました。

しかし、

  • 科学的根拠がない
  • 都市伝説だ

ともいわれてきました。

2017 年 3 月 24 日、毛髪クリニックリーブ 21は、

コンブに発毛を促進する成分を見つけた

とし、日本薬理学会で発表するとプレスリリースしました。

では、コンブを食べると薄毛が治るのでしょうか?

リーブ21はコンブに薄毛に良い成分を発見

育毛クリニックで有名な(株)リーブ21は、

2017 年3 月 24 日に、

褐藻類特有の成分フコキサンチンに育毛効果を確認

し、3 月 24 日(金)~27 日(月) に仙台で開催される「日本薬学会第 137 年会」で発表するとプレスリリースしました。

    詳しく見る ⇒ リーブ 21プレスリリース

コンブのフコキサンチンは発毛を促進する

リーブ21では、

  1. 古くから昆布やワカメなどの海藻は髪によいと言われてきました
  2. 海藻類はビタミンやミネラルを多く含んでいて身体に良い食べ物である
  3. しかし、コンブが髪の毛の発育を促進することは科学的に証明されていない

として、

コンブの成分に発毛促進効果があるかを調べたのです。

リーブ21はフコキサンチンがコンブの薄毛に良い成分だとプレスリリース

コンブやワカメなどに含まれるフコキサンチンに育毛効果があるかを調べたのです。

その結果、

フコキサンチンには育毛作用があることが明らかになったとして、

日本薬理学会で発表するとのことなのです。

リーブ21が薄毛に良いと発表した成分はフコキサンチン上の図は、学会で発表する一部なのですが、

  1. フコキサンチンに毛乳頭細胞の細胞増殖促進作用を確認した
  2. フコキサンチンは FGF2 遺伝子およびタンパク質の発現量を上昇させた

ということで、

フコキサンチンは髪の毛を産み出す毛母細胞の細胞分裂を促進し、また、毛母細胞を活性化するFGF2の分泌を促進することから、薄毛の解消に期待できるというものです。

リーブ21では、今後はフコキサンチンの有用性についてさらに研究し、フコキサンチンを配合した商品開発も進めていくと述べています。

Sponsored Link

フコキサンチンとは

リーブ21が育毛作用があると認めたフコキサンチンとは、

コンブ、ワカメ、ひじき、もずくなどの褐藻類(かつもるい)に含まれている赤褐色の成分

です。

最近の研究でフコキサンチンには、

  1. 抗がん作用
  2. 抗肥満作用
  3. 抗糖尿病作用
  4. 抗酸化作用
  5. 抗炎症作用

などの作用が有り健康効果が期待できるとして注目されている成分なのです。

フコキサンチンとフコイダンの違い

コンブの成分として注目されているものには、全身の免疫力を高める作用があるとしてフコイダンも注目されています。

しかし、

フコキサンチンとフコイダンとは全く異なるものです。

特定非営利活動法人・統合医療臨床情報センターでは、

  • フコイダン : コンブやワカメなどの海藻(褐藻類)に多く含まれる成分で、表面を覆っている粘着物で硫酸化多糖体。高分子のため吸収は良くない。
  • フコキサンチン : 褐藻類にのみ微量に含まれている色素(赤褐色)成分。低分子のため吸収されやすい。

としており、フコキサンチンとフコダインは全く別物なのです。

フコキサンチンはリーブ21がコンブの薄毛に良いとした成分です

さらに、免疫力を高めてがん細胞に作用するフコイダンに比べ、フコキサンチンはがん細胞へ直接作用し、その効果に多くの期待が寄せられているのです。

フコキサンチンのサプリメント

フコイダンでは多くのサプリメントが市販され、

フコイダンとフコキサンチンの両方を含むとするサプリメントも市販されています。

しかし、

現在 国内では、フコキサンチン含有をうたう製品が 24種市販されていますが、公的機関による分析試験の結果、
・6製品では フコキサンチンが ほとんど検出されず
・7製品からは フコキサンチンが 全く検出されませんでした。
   出典:http://acelead.jp/lp/fucoxanthin_choice.html

との調査結果もあり、

フコキサンチンを含むとするサプリメントには、ほとんどフコキサンチンが入っていないか、極めて少量しか含まれていないのです。

サプリメントでフコキサンチンは摂取することはできないようです。

Sponsored Link

コンブを食べると薄毛が治るのか?

それでは、コンブを食べると薄毛が治るのでしょうか?

これも余り期待できません。

フコキサンチンは褐藻類の赤褐色の色素成分で、低分子のため吸収されやすいのですが、

新鮮な物で多いものでも0.02%しか含まれないのです

(乾燥した褐藻類では0.1%程度)

フコキサンチンは非常に微量しか含まれていないので、コンブやワカメを食べて薄毛を解消するということは余り期待できないようです。

しかし、

コンブやワカメには髪の毛に必要なミネラル類がたくさん含まれていますから、コンブやワカメが薄毛の解消に全く無効というわけでもありません。

 

現時点では、フコキサンチンを化学合成や遺伝子組換などにより生産することができないため、フコキサンチンを添加した食品やサプリメントはないのが現状です。

リーブ21では、フコキサンチンを含む製品の開発を進めていくと発表していますから期待したいものです。

 

フコキサンチンそのものではありませんが、褐藻類のエキスを含有した育毛剤が人気です。

それらは、フィンジアチャップアップGO-FACTORなどの製品ですが、フィンジアはAGAにも有効な成分を含み、非常に人気が高いようです。

リーブ21では、フコキサンチンを含む製品が発売されるまではそれらを使ったらいかがでしょうか。

 

また、リーブ21の研究グループは、

シラカバエキスにはAGAの原因になる5α-リダクターゼ阻害作用がある

ということも、同日の日本薬理学会で発表しています。

関連記事(一部広告を含む)

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ