女性の薄毛は深刻だが適切な薄毛対策で治ります

薄毛やハゲというと中年男性の代名詞のように思うのですが、

実は薄毛は男性より女性の方が深刻なのです。

40歳代、50歳代で薄毛に悩む女性が多く、

さらに最近は若い女性でも薄毛が増えているのです。

薄毛で地肌が目立つ女性は薄毛対策を

 

AGAといわれる男性の薄毛はテレビでも紹介されているように治療薬もあるのですが、

女性の薄毛知慮の選択肢は少なく、

女性の薄毛対策は予防が肝心です。

でも、女性の薄毛も必ず治ります

そのためには女性の薄毛がどうして起こるのかをしっかり理解することが大事です。

 

 

薄毛は男性より女性の薄毛が深刻です

最近、薄毛に悩む女性が増え、

40歳代や50歳代の女性だけでなく若い女性でも薄毛に悩む人が多いのです。

 

少し前の放送でしたが、

  News Zeroでは薄毛に悩む女性が増加しているとの特集が放映され、

薄毛で悩む女性は1,700万人もいるということなのです。

 

薄毛を深刻に悩む女性が増えている

 

2017年9月時点での女性の人口は6,525万人で、20歳以上の女性は81.6%ですから、

日本人の成人女性の3人に一人が薄毛に悩んでいることになります。

65歳以上の女性は23.7%もおられますから、20歳~64歳までを対象にすればもっと多いことになります。

 

これを反映して、

女性用のヘアケア製品市場も急成長しており、

女性用ヘアケア商品の売上げは10年間で100億円も伸張して169億円と男性用の183億円に迫る売上げになっています。

 

薄毛は深刻は女性は適切な薄毛対策を

薄毛に悩む男性は多いのですが、最近では女性の薄毛が深刻で、

ヘアケア製品のメーカーでも頭打ちになっている男性からターゲットを女性に切り替えているとのことなのです。

 

Sponsored Link

 

女性の薄毛パターンは男とは違う

男性の薄毛といえば、AGA(男性型脱毛症)に特徴的な薄毛のパターンが見られ、

  1. こめかみ部分の生え際が後退する(M型ハゲ)
  2. 頭頂部の毛が薄くなる(O型ハゲ)

が特徴的で、

最終的には両サイドの髪を残してツルンとハゲるパターンが大半です。

薄毛対策をすれば女性の深刻な薄毛も治ります

 

一方、女性の薄毛の場合には、

40歳頃から、

  1. 髪のハリコシがなくなる
  2. 頭頂部を中心に薄くなる

という、頭頂部の薄毛が特徴的なのです。

 

薄毛が深刻なら薄毛対策を直ぐに始めて下さい

このように女性では、

頭頂部を中心に広範囲に薄くなっていく

びまん性脱毛症といわれるパターンが多いのです。

 

女性の薄毛の原因は男性とは異なる

AGAといわれる男性型脱毛症では原因が明らかになっています。

男性ホルモンであるテストステロンが5α-リダクターゼという酵素によってジヒドロテストステロン(DHT)というホルモンに変換されるのですが、このDHTが髪の毛を生み出す毛母細胞の活性を低下させてしまうのです。

そして、DHTが作用する受容体はこめかみ部分の生え際や頭頂部に多いために、M型やO型という特徴的な脱毛パターンになるのです。

 

一方、女性の薄毛の原因は、男性ほど単純ではないようなのです。

40歳代後半に見られる閉経に伴う薄毛では男性ホルモンの影響を受けることから、最近は、

  • 女性男性型脱毛症(FAGA)

と呼ばれていますが、

  詳しく読む ⇒ 女FAGAは女性男性型脱毛症

 

女性特有なびまん性脱毛症では、

  • 加齢で髪の毛を産み出す毛包が小さくなる
  • 頭皮の血流の低下
  • 栄養不足

など、女性の薄毛の原因は多岐にわたっているといわれています。

 

 

女性の薄毛を治すには

男性の脱毛症では、

  • プロペシア(医療用医薬品)
  • ザガーロ(医療用医薬品)
  • リアップ(一般薬品)

や、そのジェネリック品などたくさんの治療薬がありますが、

 

女性の薄毛の治療薬として承認されているのは、

  • リアップ(一般医薬品)

のみで、リアップも男性ではミノキシジルの5%液が承認されていますが、女性では1%溶液だけなのです。

 

リアップは大正製薬の一般医薬品で薬剤師のいる薬局で購入できますが、

リアップはミノキシジルという成分が頭皮の血行をよくして毛母細胞を活性化することにより発毛を促進するのです。

 

少し前ですが、NHKの健康番組である「NKHけんコン女性の薄毛対策」で、

AAC銀座クリニックの浜中聡子院長が、女性の春の薄毛対策を説明していましたが、

番組の中で女性の薄毛の原因として挙げていたのは、

  1. 紫外線
  2. ホルモン
  3. ストレス
  4. 食生活

でした。

特に、40歳代の女性の薄毛は「閉経に伴う女性ホルモンの低下」が大きな原因で、

閉経に伴うストレスなども加わり40歳代の女性で薄毛多いというのです。

しかし、

40歳代の女性の薄毛は一時的なもので上手に対処すれば必ず治るというのです。

 

分娩後脱毛症というのをご存じですか?

分娩後脱毛症は字のごとく分娩後に抜け毛が増えることですが、分娩後脱毛症の原因は分娩に伴うホルモンバランスの急激な変化なのです。

しかし、

分娩した女性がいつまでもハゲているわけではないでしょう?

 

40歳代女性の薄毛を治すには食生活の見直し

AAC銀座クリニックの浜中聡子院長が薦めるのは、

  • 食生活の見直し

でした。

NKHけんコンで女性の薄毛対策を放送しました

 

中でも、女性の薄毛では「大豆」が有効なのです。

大豆には髪の毛を作り出すのに必要な良質の蛋白質が豊富に含まれているのですが、

大豆に含まれるイソフラボンは植物性エストロゲンともいわれ女性ホルモンの作用

があるからです。

最近は

年配の女性に加えて、

  • 生活習慣の乱れ
  • 過度なダイエット

などによって、若い女性でも薄毛が増えているのですが、

正しいケアをすれば薄毛は改善できるとの説明でした。

 

抜け毛が多い女性には、

  1. フローリッチ

  2. ビタブリッドC

  3. M-1育毛ミスト

などがお薦めです。

 

資生堂のライフサイエンス研究センターの研究では、

  • 男性では髪の本数は減らないが髪が成長せず産毛の状態になる

あることが多いのだそうですが、

  • 女性では髪の本数自体が減ってしまう

そうなのです。

 

したがって、女性の場合には薄毛の解消までに時間がかかってしまうというのです。

リアップには「最低4週間は使用してください」との注意書きがあるのですが、

 

育毛剤を使い始めてから効果が表れるまでの期間が待てずに、

  • 効果がないと止めてしまう女性が多い

そうです。

 

また、

  • 髪が長いため頭皮に育毛剤が塗布できていない女性も多い

そうですから注意が必要です。

 

 

女性の薄毛解消では時間がかかるので長期戦だと考える必要があります。

ですから、

女性の薄毛では抜けてしまってからの対策より抜ける前の予防が有効だといえるのです。

 

関連記事(一部広告を含む)

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ