乳がんの抗がん剤による脱毛を防ぐ方法

北斗晶さんが乳がんの治療のために剃髪したということは有名な話です。

乳がんの治療では脱毛はほぼ確実のことと考えられているのです。

それは、毛乳頭細胞はがん細胞と同じほど細胞分裂が激しいことから、頭髪は抗がん剤の影響を受けやすいのです。

乳がんの抗がん剤による脱毛は、

抗がん剤の治療が終われば再び発毛し黒髪はよみがえるのです

しかし、女性にとっては抗がん剤による脱毛は耐えがたいものです。

安心下さい!

乳がんの抗がん剤による脱毛を防ぐ方法が続々と開発され、

効果が確認されています。

もはや、抗がん剤による脱毛は過去のことになりつつあるのです。

頭皮冷却装置で乳がん治療の脱毛が防げる

乳がんの治療では、化学療法の副作用として頭髪などの脱毛がみられます。

女性にとって頭髪を失うことは非常に精神的なダメージが大きいことから、脱毛を防ぐ方法が開発されていますが、

アメリカ、テキサス州のBaylor School of Medicine大学の研究グループは、

頭部冷却装置により乳がんの抗がん剤による脱毛を防ぐことに成功した

との論文を発表しました。

 

Effect of a Scalp Cooling Device on Alopecia in Women Undergoing Chemotherapy for Breast Cancer
The SCALP Randomized Clinical Trial

Conclusions and Relevance
Among women with stage I to II breast cancer receiving chemotherapy with a taxane, anthracycline, or both, those who underwent scalp cooling were significantly more likely to have less than 50% hair loss after the fourth chemotherapy cycle compared with those who received no scalp cooling. Further research is needed to assess longer-term efficacy and adverse effects.

くわしく読む ⇒ 原著論文

 

この研究では、

  • アメリカの7つの医療施設で
  • ステージI~Ⅱの乳がん患者 : 182例

を対象にして、

  1. 頭皮冷却装置を使用 : 119例
  2. 頭皮冷却装置非使用 : 63例

の2群に分け、

  • タキサン系薬やアントラサイクリン系薬の化学療法を4サイクル以上

実施して、

 

化学療法4サイクル終了時の頭髪の状態を、

  1. 脱毛なし
  2. かつら不要(脱毛が50%未満)
  3. かつら必要
  4. 頭髪皆無

など、頭髪の維持状態を評価したのです。

その結果、

中間解析の時点で、

  1. 頭皮冷却装置を使用 : 48/95例で頭髪が維持
  2. 頭皮冷却装置非使用 : 47/47例で頭髪が皆無

と、

頭皮冷却装置の使用によって抗がん剤による脱毛を防ぐことが明らかになった

として、

アメリカのデータ・安全性監視委員会が試験の早期中止を決定したのです。

頭皮冷却装置の写真は上記の無料の原著論文のサイトでは見ることができませんが、

説明では、

Use of a scalp cooling system. Scalp cooling was initiated 30 minutes prior to each chemotherapy cycle, with scalp temperature maintained at 3°C (37°F) throughout chemotherapy and for 90 minutes to 120 minutes afterward.

としており、

  1. 内部に冷却水が循環するヘルメット型の帽子をかぶる
  2. 抗がん剤の投与30分前から頭皮を3℃に冷却
  3. 抗がん剤投与後90~120分間頭皮を冷却

ということです。

研究グループは、

脱毛予防効果には医療施設によって差がみられたのは、冷却装置のキャップが正しく装着できていなかったのではないかとし、

今後は長期の有効性と副作用を評価する研究が必要だと結論しています。

Sponsored Link

北斗晶さんも乳がんの抗がん剤で脱毛

元プロレスラーの北斗晶さんは、

自分のオフィシャルブログで乳がんであることを告白し、さらに、右乳房の全摘手術を受けることを告白しました。

北斗晶が髪切ったのは乳がんの抗がん剤治療のため

そして、

乳がんの抗がん剤による脱毛に備えて、坊主頭に下写真も公開し、

乳がんの抗がん剤による脱毛におそれる女性を勇気づけました。

抗がん剤で脱毛する理由

抗がん剤の投与でどうして脱毛するのでしょう?。

がん細胞は非常に細胞分裂が激しい細胞です。

無制限の細胞分裂を続けて大きくなり他の臓器に障害を与えるのです。

抗がん剤にはいろいろな種類がありますが、

その一つは、

がん細胞の細胞分裂を止める薬です。

 

一方、

髪の毛を作り出す毛母細胞は体の中で最も細胞分裂が盛んな細胞なのです。

髪の毛の伸びるスピードは1日に0.3~0.4ミリ、1ヵ月でで1センチ、1年で12センチですが、

10万本もあり、1年に12,00メートルも伸びるのです。

毛母細胞はそれほど細胞分裂が盛んな細胞なのです。

したがって、

抗がん剤でがん細胞の細胞分裂を止めると毛母細胞の細胞分裂も止まってしまうのです。

これが、抗がん剤で脱毛する理由です。

抗がん剤による脱毛は髪の毛だけでなく、眉毛やまつげなど全身の毛が脱毛してしまいます。

抗がん剤で脱毛しても髪の毛は必ず生える

抗がん剤治療では必ずといって良いほど髪の毛が抜けます。

がん細胞は無制限の細胞分裂を続けて増殖しますので、がんの治療では抗がん剤によってがんの細胞分裂を止める必要があります。

抗がん剤は細胞分裂の激しいがん細胞の他にも細胞分裂が活発な、体の他の細胞や臓器にも作用して細胞分裂を止めてしまうのです。

毛母細胞は体の中で最も活性が高い

 

毛母細胞は体の中で最も細胞分裂が盛んな細胞であるため、抗がん剤の作用を受けやすく、

脱毛してしまうのですが、

抗がん剤の治療が終了すれば髪の毛は必ず回復します。

  • 塩沢 とき
  • 麻木久仁子
  • 大空眞弓
  • 泉アキ
  • 森光子
  • 島倉千代子
  • 絵門ゆう子
  • 倍賞千恵子
  • アグネス・チャン
  • 山田邦子
  • 樹木希林
  • 川村カオリ
  • 平松愛理

この方々の共通点は何でしょうか?

乳がんで治療を受けたと公表している方です。

  詳しく見る ⇒ 乳がんの抗がん剤による脱毛は必ず回復する

この方達の中には抗がん剤による脱毛を経験した方も多くおられるはずですが、現在、テレビや写真で見る限り、それらの面影はありません。

抗がん剤による脱毛は一時的なもので、髪の毛は再生するのです。

Sponsored Link

頭部冷却装置は国内でも開発中

しかし、昔から、女性にとって黒髪は命といわれてきました。

抗がん剤による脱毛は一時的なもので、髪の毛は再生するとしても、

髪の毛が伸びるスピードは1ヵ月でで1センチ、1年で12センチですから、元のフサフサに戻るまでには時間がかかるのです。

 

しかし、

今回ご紹介した、抗がん剤による脱毛を防ぐ頭皮冷却装置は国内でも開発されています

 

すでに、このサイトでもご紹介しましたが、ご存じの方も多いと思います。

 くわしく見る ⇒ リーブ21が抗がん剤による脱毛を抑制

リーブ21の乳がんによる脱毛予防機器が初公開された

この装置は、アメリカの研究グループの装置と同様な原理で、

抗がん剤を投与する際に、冷凍液が循環する特殊なキャップをかぶって頭皮を冷却するのです。

 

髪クリニックリーブ21は、抗がん剤による脱毛を予防する『頭皮冷却装置』を開発し、日本乳がん学会で展示しています。

この頭皮冷却装置は、まだ治験機器試作段階ですが、

  • 第13回日本乳癌学会近畿地方会(11/28開催)
  • 第12回日本乳癌学会関東地方会(12/5開催)

の両学会の機器展示ブースで展示され、

 

大阪をはじめとする国内企業と共同開発中で、まもなく臨床の場で使用されると思われます。

 

 

乳がん治療で抗がん剤の投与をしても、

  • 頭皮冷却装置で脱毛を予防することが可能になります
  • 乳がんの抗がん剤で脱毛しても髪の毛は必ずよみがえります

安心してください。

髪クリニックリーブ21の『頭皮冷却装置』の開発状況についてはまた調べて報告したいと思います。

 

最後に、

頭皮冷却装置でどうして脱毛が予防されるのか?

それは、

頭皮を冷却して頭皮の血行をストップさせて抗がん剤が毛母細胞に届かないようにするのです。

逆から考えれば、

頭皮の血行が悪くなれば酸素や栄養が毛母細胞に届かず脱毛の原因になるということです。

関連記事(一部広告を含む)

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ