リーブ21が抗がん剤による脱毛を抑制

乳がんの治療では脱毛は必ずおこります。

抗がん剤は細胞分裂を止めてしまうため、抗がん剤治療では脱毛の副作用があるからです。

乳がんの治療による脱毛は、やがて回復するものだとしても女性にとっては耐えがたいものです。

やがて回復するものだとしても、

抗がん剤による脱毛は回復までには長い時間がかかるのです

必ず回復するといわれても、乳がんの心配と、脱毛の心配で、女性の精神的な苦痛は非常に大きいのです。

しかし安心して下さい!

リーブ21は乳がん治療における脱毛の抑制装置を開発したというのです。

リーブ21が開発した抗がん剤治療による脱毛を抑える装置

とはどんなものなのでしょうか?。

乳がんの抗がん剤による脱毛は深刻

北斗晶さん乳がんであることを告白し、抗がん剤治療による脱毛に備えて髪の毛を短く切りました。

  詳しく見る ⇒ 北斗晶が髪切ったのは乳がんの抗がん剤治療のため

さらに、抗がん剤治療が始まり髪の毛の脱毛が始まったとして、坊主頭にしました。

  詳しく見る ⇒ 頑張れ北斗晶:脱毛に備えて坊主頭に

この北斗晶さんの勇気ある告白や公表によって、抗がん剤治療に悩む女性に大きな勇気を与えたことは賞賛に値します。

北斗晶さんの抗がん剤治療は是非とも成功してほしいものです。

乳がんを患っても、抗がん剤治療による脱毛は必ず回復しますから、余り悲観せずにがんの治療に専念して下さい。

とはいっても、 乳がんの抗がん剤による脱毛は女性にとっては非常に辛い副作用なのです。

朗報:リーブ21が抗がん剤の脱毛を抑制する装置を開発

毛髪クリニックリーブ21は、11月24日、

抗がん剤による脱毛を抑制する『頭皮冷却装置』を日本乳がん学会で初展示するとプレスリリースした。

  詳しく見る ⇒ 毛髪クリニックリーブ21プレスリリース

この装置は、まだ治験機器試作段階だというが、

  • 第13回日本乳癌学会近畿地方会(11/28開催)
  • 第12回日本乳癌学会関東地方会(12/5開催)

の両学会の機器展示ブースで初展示するという。

リーブ21の抗がん剤脱毛抑制装置

この装置は、

 がん化学療法に伴う脱毛解決(予防軽減)のための医療機器

として、大阪をはじめとする国内企業と共同開発中の装置だそうだ。

この、医療機器は、

抗がん剤を投与する際に、冷凍液が循環する特殊なキャップをかぶって頭皮を冷却するのだそうです。

リーブ21の乳がんによる脱毛予防機器が初公開された

髪の毛は、毛根部にある毛母細胞の細胞分裂によって生み出されます。

髪の毛の成長は1日に0.3~0.4ミリ程度ですが、髪の毛の総数は10万本もあることから、合計では1ヵ月に1,000メートルも伸びることになり、毛母細胞は体の中でも最も細胞分裂が活発な部位なのです。

抗がん剤はがん細胞の分裂をストップさせる作用を持つのですが、毛母細胞の細胞分裂をもストップさせてしまい脱毛の副作用がおきるのです。

冷却装置で冷却し頭皮の血行を悪くする

毛母細胞の活発な細胞分裂をサポートするために、頭皮の血管は酸素や栄養素を毛母細胞に運ぶのですが、同時に抗がん剤をも運んでしまうため、抗がん剤を投与するときに頭皮を冷却し、血管を収縮させて血行を悪くし、抗がん剤が毛母細胞に運ばれないように使用というのがこの冷却装置のようです。

リーブ21が抗がん剤による脱毛を予防機器を開発

このような抗がん剤による脱毛を予防する装置は海外では既に販売されているのだそうですが、キャップが欧米人の頭部形状に対応しているため、効率的に頭皮を冷却できないことや、冷却装置本体のサイズや操作性が国内の医療機関での使用に合わないこともあるのだそうです。

そこで、リーブ21では、国内の製造業社と共同で、日本人の頭部形状に適合したシリコンキャップの製作や、本体の小型化、操作性の簡便化などを図り、国内での需要に即した機器の開発に着手したのです。

医療機器では、厚労省への申請に際して有効性の臨床成績の添付が必要で、現在、病院での臨床試験中ですが、2012年には経済産業省の「平成24年度課題解決型医療機器等開発事業」に採択され、2013年には大阪市の「大阪トップランナー育成事業」の認定を受けており、病院で実際に使用されるのも間近のようです。

Sponsored Link

育毛には頭皮の血流が重要

 

さて、今回のリーブ21の抗がん剤による脱毛予防機器は、薄毛に悩む人に何を教えてくれたのでしょう。

 薄毛回復には頭皮の血流が非常に大事だということです。

リーブ21の抗がん剤による脱毛予防機器は、頭皮を冷却して頭皮の血流を悪くして抗がん剤が毛母細胞に到達しないようにする

という原理なのです。

上にも書きましたように、毛母細胞は非常に細胞分裂が活発な細胞ですので、

  • 充分な酸素
  • 充分な栄養素

を必要としており、

  1. 頭皮の血流が悪くなる
  2. 酸素や栄養素の供給が悪くなる
  3. 毛母細胞の活動が低下する
  4. 毛の成長が悪くなる

というのが、薄毛になる原因なのです。

事実、薄毛の男性は頭皮が硬い、ということが明らかになっています。

逆から言えば、頭皮の血行を促進すれば薄毛が解消するということです。

その方法として、最良なのは、

ことです。

この方法は、米国のFDA(厚生労働省に相当する機関)が、薄毛に有効だとして医療機器として認可している方法です。

これは、薄毛だけでなく、乳がんなどの抗がん剤による脱毛にも有効ですから、抗がん剤の副作用による脱毛の回復でも是非試して欲しいものです。

黒髪は女性の命などといわれ、抗がん剤治療では女性の脱毛が注目されることが多いのですが、男性でも抗がん剤治療で脱毛がおこるのです。

リーブ21の抗がん剤治療による脱毛を予防する医療機器の開発が待たれます。

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ