頑張れ北斗晶:脱毛に備えて坊主頭に

北斗晶が乳がんの抗がん剤治療による脱毛に備えて坊主頭になったと公表。

抗がん剤治療が始まって、脱毛が激しいらしく、思い切って坊主頭にしたそうだ。

勇気ある北斗晶の行動や公表に拍手!

頑張れ北斗晶!

北斗晶が抗がん剤治療に備えて坊主頭に

元プロレスラーの北斗晶が、乳がんだったことを発表したのは今年の9月23日。

そして、

9月24日に右乳房の全摘手術を受けた。

毎年、乳がん検診を受け、昨年秋にも受けていたにもかかわらず見つからなかったそうなのだ。

運悪く、原発巣が乳首の付近だったらしく、検診では見つかりにくい場所だったらしい。

さらに、リンパ節への転移もあることから乳房の全摘手術となったのだ。

  詳しく見る ⇒ 北斗晶が髪切ったのは乳がんの抗がん剤治療のため

しかし、

 手術は成功!!

10月3日に退院し、健介オフィスでの記者会見では優しい笑顔が素敵だった。

北斗晶が抗がん剤の脱毛に備えて坊主頭になった

 

抗がん剤による脱毛に備えて坊主頭に

入院前には、抗がん剤による脱毛に備えて髪を切ったのだが、

最近は、退院後に始まった抗がん剤治療による脱毛が激しく、思い切って坊主頭にしたことを公表。

北斗晶の公式ブログである、「そこのけそこのけ鬼嫁が通る」で写真を公開した。

   詳しく見る ⇒ 北斗晶公式ブログ「そこのけそこのけ鬼嫁が通る」

抗がん剤の脱毛に備えて北斗晶が丸坊主にしました愛犬のはなちゃんに坊主頭をペロリと舐められたそうな、、

瀬戸内寂静さんに似た感じで、笑顔が可愛いいと思ったら、北斗晶自身も、

「瀬戸内寂聴様にも似てるけど…やっぱりお父ちゃんと並ぶと似てるわ!」と父親とのツーショットをアップしています。

鬼嫁の北斗晶が抗がん剤の脱毛で丸坊主に?

お父さんは波平さんというんだそうですが、そっくりですね。

北斗晶の勇気ある行動に拍手

しかし、

北斗晶の勇気ある行動に拍手です!

  1. 乳がんの公表
  2. 乳房全摘の公表
  3. 髪を切ったことを公表
  4. 脱毛に備えて坊主頭にしたことを公表

なかなかできるものでは有りません。

特に、女性が坊主頭にしたことなど、写真を公開するなどそうそうできるものでは有りません。

乳がん手術を受ける女性にどれだけ励みになることでしょう

北斗晶の勇気に万歳!です

Sponsored Link

抗がん剤による脱毛は回復する

前にも書いたのですが、「抗がん剤による脱毛は必ず回復します」。

皆さんの知っている方で、乳がんになった方はたくさんいます。

  • 塩沢とき
  • 大空真弓
  • 麻木久仁子
  • 森光子
  • 泉アキ
  • 倍賞千恵子
  • 森光子
  • アグネス・チャン
  • 樹木希林
  • 山田邦子
  • 平林愛理
  • 川村カオリ

これらの方々が全て抗がん剤による脱毛を経験したかどうかは不明ですが、ハゲの人は一人も居ません。

日本乳がん学会によれば、

  • 年間 6 万人程度が乳癌になる
  • 日本人女性は 18 人に 1 人が乳がんになる

それほど乳がんになる女性が多いのですが、薄毛やハゲの人はいません。

  詳しく見る ⇒ 乳がんの抗がん剤による脱毛は必ず回復する

抗がん剤で頭髪は脱毛しやすい

一般の体細胞はある程度細胞分裂すれば分裂が止まり、死滅します。

しかし、

がん細胞は無制限に細胞分裂を続け、増え続けます。

北斗晶のがん治療で脱毛したため坊主頭になりました

無制限に増殖した細胞が正常な細胞を押しやり、機能を阻害してしまうのです。

髪の毛も細胞分裂が盛ん

髪の毛は毛根にある毛母細胞で作り出されますが、毛母細胞は体の中で最も細胞分裂が盛んな細胞です。

髪の毛は1日に0.3~0.4ミリしか伸びないのですが、髪の毛はおよそ10万本もあり、全てを足すと1ヵ月に1,200メートにもなるのです。

がん細胞の細胞分裂を止める抗がん剤は毛母細胞の細胞分裂も止めてしまうのです。

しかし、抗がん剤の投与を終了すれば毛母細胞は再び育毛を開始しますから、必ず髪の毛は生えてくるのです。

脱毛しても坊主にはなれない

北斗晶の坊主頭の公開で、乳がん治療で脱毛に悩む人にとって大きな勇気を与えたと思います。

また、女性に限らず、男子にも乳がん治療での脱毛については大きな理解を与えてと思います。

 北斗晶に拍手です!

しかし、女性にとって黒髪は命ですから、誰でも北斗晶のように坊主になった姿を人前に晒すのは躊躇してしまうことでしょ。

北斗晶も坊主頭にはしたものの、当然のことながら帽子を着用しています。

医療用帽子として様々なタイプが販売されていますし、

抗がん剤による脱毛には北斗晶のように坊主頭が最適

残念ながら、抗がん剤治療や、円形脱毛、膠原病などによる脱毛した方の場合の、カツラや医療用帽子は治療器具とは認められないため、現在の保険制度では保険が適用がされません。

しかし、任意の医療保険やがん保険では、カツラや医療用帽子の代金が出る特約があるものもありますので、保険会社に問い合わせてみたほうが良いと思います。

 

抗がん剤で脱毛するとは限らない

抗がん剤治療というと、どうしても副作用を思い浮かべてしまいます。

がん細胞を攻撃するとどうしても正常細胞をもダメージを受けてしまうからです。

しかし、乳がんの治療薬も年々改良され、必ずしも副作用として脱毛があるものばかりではありません。

  詳しく見る ⇒ 乳がんの化学療法と脱毛(国立がんセンター)

がん治療の目的はがん細胞の撲滅ですから、脱毛などの副作用を回避するために最適の薬を避けてしまうことには大いに問題がありますが、自分の乳がんの治療にどの薬が最もふさわしいのか、自分の価値観やQOL にもかかわってくる問題ですから、担当医と充分に話をして、納得し治療を受けることが大事です。

がん治療薬だから副作用があってあたりまえ、 という先入観にとらわれることなく、自分も治療に自分も参加していると考えることによって治療効果は上がるのではないでしょうか。

北斗晶の勇気を称え、乳がん治療の成功を祈ります!!

Sponsored Link

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ