アルガンオイルの髪に良い効果とは

先日届いた、育毛剤の宣伝メール。

米国アマゾンで1,000件以上のレビュー!!大ヒット育毛コンディショナー登場

というもので、輸入代行でアメリカに注文するようです。

アルガンオイルが髪に良いと評判のようなのですがご存じですか?

アルガンオイルの髪の毛に対する効果を調べてみましたので参考にしてください。

アルガンオイル コンディショナー

アメリカのAmazonでアルガンオイル コンディショナーが評判だというのです。

米国アマゾンでベストセラーを記録する大人気コンディショナー
473ml ¥6,250

アルガンオイルのヘアートリートメントが評判

米国amazonで、1000件以上のレビューを集める、大ヒット育毛コンディショナー登場!99%植物ベースの原材料を使用。通常の髪質から乾燥、ダメージヘアーなど、全ての髪質にご利用いただけます。
99%植物ベースの原材料を使用。オーガニックアルガンオイルを中心に、たっぷりの栄養を髪の根元から毛先までしっかり届け、輝くまとまりやすい髪に導きます。

ということなのですが、アルガンオイルを成分に使った海外のシャンプーやコンディショナーはかなりたくさんの種類があり、国産製品も多いのですが、アルガンオイルはどうして髪の毛にいいのでしょうか?

アルガンオイルとは何か

アルガンオイルとは、アカテツ科の広葉常緑樹であるアルガンという木になる実の種から採った油です。

アルガンという木は、アフリカのサハラ砂漠の北西部の、モロッコの南西部にしか生育せず、地中30m以上も根を伸ばし7年間水がなくても生き続けるともいわれ、過酷な環境で 8,000万年前から生き続けている木なのです。

アルガンオイルは髪に良い効果があります

モロッコの黄金とも呼ばれるアルガンオイルは、オリーブオイルなどの一般的な植物性オイルと異なり、果実からではなく、種の中の白い仁を絞って得られるオイルで、硬い種子を石で割り、ペースト状にすり潰してから搾油するという、非常に手間が掛かる工程を経て採油するため、100kgの実からわずか1lしか採れない大変希少なオイルです。

アルガンオイルの髪への良い効果

モロッコのベルベル人は、クスクスなどに用いる食用油として、ニキビや火傷等の治療薬として、またスキンケア用の油として限局的に利用されてきたのですが、20世紀後半に、ビタミンEや不飽和脂肪酸量を非常に多く含むことが分かり、が評価され、化粧品用の基油や、健康志向のヒトにおける油としての消費が拡大しているようです。

アルガンオイルの成分

アルガンオイルの成分の特徴は、脂肪酸と不鹸化成分です。

オイル(油)の成分は、

  1. 脂肪酸
  2. グリセリン
  3. 不鹸化成分

で、不鹸化成分は微量な成分ですが、フラボノイド、ビタミンE、カロチノイドなど、健康に有益な成分で脂肪酸と相乗効果を発揮します。

アルガンオイルの不鹸化成分

アルガンオイルには、γ-トコフェロールが非常に多く含まれます。

γ-トコフェロールはビタミンEの一種で、最近の研究で、α-トコフェロールにはない利尿作用が明らかになり、高血圧性腎不全やうっ血性心不全、ムクミなどの改善効果や美肌効果が注目を集めています。

アルガンオイルはオリーブオイルの3倍もγ-トコフェロール含量を多く含んでいます。

アルガンオイルの髪に良い有効成分

アルガンオイルの脂肪酸含量

アルガンオイルは、体内で合成することができない必須脂肪酸でアルリノール酸やリノレン酸を非常に大く含んでいます。

オレイン酸(オメガ9脂肪酸)やリノール酸(オメガ6脂肪酸)は、われわれの生命維持に重要な成分で、血中コレステロールを減らし、血液の流れを良くする働きがありますが、オリーブオイル、アーモンドオイル、アボカドオイルと比較して、必須脂肪酸とトコフェロールを多く含んでいます。

  必須脂肪酸含量(%)

トコフェノール(mg/kg)

アルガンオイル

30~50 400~600
オリーブオイル 9~14 50~150
アーモンドオイル

3~28

250~560
アボガドオイル 6~18 80~150

Sponsored Link

アルガンオイルの髪に良い効果

アルガンオイルの健康効果が人気です

  1. 老化を防ぐ効果
  2. 生活習慣病の予防・改善効果
  3. 美肌効果

アルガンオイルには美肌効果があるのですが、

髪に対する効果は、

  1. 髪の水分と油分のバランスを整えて髪のハリやコシを出す
  2. 髪や頭皮に潤いを与え切れ毛や枝毛を防ぐ
  3. 髪にしなやかさとツヤを与え指通りをよくする
  4. 髪をまとまりやすくする

が期待出来ます。

アルガンオイルには人の皮脂に近いオレイン酸、リノール酸という不飽和脂肪酸が豊富に含まれており、ストレスや紫外線によって発生するフリーラジカル(活性酸素)による頭皮や髪の毛の酸化を防ぎ、頭皮や髪の毛を若々しく保ちます。

また、髪の毛の表面のキューティクルの保湿を保つことによって枝毛や切れ毛を防ぎ、髪のツヤを出し、指の通りも良くなり、サラサラした髪の毛にします。

γ-トコフェロール(ビタミンE)は、頭皮の新陳代謝を活性化し、頭皮の正常なターンオーバーを導き、頭皮環境が良くなれば髪のハリやコシができてきます。

アルガンオイルには界面活性作用のあるサポニンも含まれるため、髪の毛のゴワゴワを解消します。

このように、アルガンオイルは、豊富に含まれるリノール酸、リノレン酸などの不飽和脂肪酸やγ-トコフェロール(ビタミンE)などの成分が頭皮環境を健康に整え、髪の毛や頭皮の水分と油分のバランスを整えることによって、髪のパサつき、枝毛、切れ毛などのダメージや頭皮の乾燥を防いでくれます。また、紫外線やドライヤーの熱などの外的ストレスからも髪を保護し、健康に保つのです。

アルガンオイルを使う

アルガンオイルは髪や肌に良いだけでなく、健康に良いことから飲用油としても使われています。

アメリカのAmazonで超人気だというのはコンディショナーですが、その他にもシャンプーも販売されています。

アルガンオイルは、

  1. 髪の毛
  2. 顔の肌
  3. 全身の肌

に使う方がよさそうですが、そのために何種類もの顔用のクリーム、全身肌用のクリーム、シャンプー、トリートメントなど、多数の種類を購入する必要があります。

そこで、私が購入したのは、

アルガンオイルは健康に良い

spa hinoki オーガニック 精製アルガンオイル
50ml 価格: ¥ 2,400
250ml 価格: ¥ 6,800

低温圧搾法で抽出されたオーガニックアルガンオイル100%。本商品は、オーガニック認定を受けたアルガンオイルを100%使用しており、お顔や髪にお使いいただき易い様になるべく香りを抑えたされたマイルドなアルガンオイルとなっております。

これを購入すれば、

  1. フェイスケア
  2. マッサージオイル 
  3. 髪のトリートメント

として、全てに使えるからです。アルガンオイルは髪の毛に良い

匂いも添加物もありませんから、直接顔に塗ることもできますし、腕や足など全身にも使えます。

マッサージオイルとして使うこともできますし、お風呂に数滴垂らして、また、お風呂につかりながら顔のマッサージもできます。

アルガンオイルで

わざわざシャンプーとトリートメントを購入する必要はありません。

  • 軽く髪に塗ってシャンプー
  • シャンプー後に軽く塗る

という使い方をすれば、「アルガンオイル・シャンプー」も「アルガンオイル・コンディショナー」も不要なのです。

シャンプー前に

  1. 頭皮全体にアルガンオイルを数滴垂らす
  2. 指の腹を使ってマッサージ
  3. 数分そのままに
  4. いつものようにシャンプー

これだけでよいのです。

シャンプー後に

  1. いつものようにシャンプー
  2. タオルドライで半乾きの状態に
  3. アルガンオイルを数滴手の平にとり延ばす
  4. ダメージが気になる髪の部分になじませる
  5. ドライヤーで軽く乾かす

これだけです。

シャンプー前でも、シャンプー後でも、あなたの使いやすいやり方で大丈夫です。

頭皮が乾燥してフケが気になるときにはアルガンオイルを指先につけて頭皮にすり込むようにマッサージすればOKです。

 

アルガンオイルはモロッコを中心に古来から肌の民間療法として使われてきました。

日本にも、古来から使われてきた髪や皮膚の伝承療法があります。

それは、馬油です。

馬油は、5~6世紀頃に中国の医師である陶弘景が名医別録に「馬の油は髪を生ず」と記し、日本でも奈良時代から使われてきたのです。

日本人の黒髪には奈良時代から使われている馬油が最も合っているのかも知れません

    詳しく見る ⇒ ウーマシャンプー

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ