女性の薄毛解消は植毛より増毛が最適か?

薄毛が気になる40歳代の女性にとって、、、

植毛よりも増毛?

増毛より植毛?

どちらが女性の薄毛解消に適しているのでしょうか。

40代女性の薄毛は解消できる

 40代女性の薄毛が増えています。

ハリ、コシがなくなって、頭頂部が薄くなるのが40代後半の女性に見られる薄毛の特徴ですですが、女性ホルモンの急激な減少が原因です。

更年期障害はエストロゲンの低下による

女性ホルモンは20歳代をピークに徐々に減少しますが、40歳代後半に閉経を迎えると急激に減少するのです。

女性ホルモンの急激な減少によるホルモンバランスの乱れで、髪の毛の成長も弱くなり、細い髪の毛になるために、ハリやコシがなく、頭頂部が薄くなるのです。

頭頂部のペタ髪

 

しかし、ある程度経過するとまた平常に戻りますので、

  • 発毛促進作用のある育毛剤
  • 髪の毛にいい食べ物

に心掛けてください。

⇒ 40代女性の育毛剤を選ぶときの5つのポイント

⇒ 40代女性の薄毛にはイソフラボンが有効

しかし、髪の毛の成長速度は、1日に0.3~0.4ミリ、1ヵ月で1センチ程度ですから時間がかかるのです。

40歳代女性の薄毛は解消できるが時間がかかる

Sponsored Link

 

増毛はエステ感覚

増毛とは簡単にいえばエックステンションのようなもので、美容師さんなどのような技術を持ったかたが行います。

髪の毛の根元に人工毛を結びつけるのですが、結びつける技術や人工毛の種類や本数によって様々な方法があります。

リッチアップで7倍に増毛

増毛の弱点は、

  • 結びつけた毛が成長する
  • 結びつけた毛はやがて抜ける

という点です。

結びつけた毛が抜けてしまったらこれは仕方がないことですが、結びつけた毛が成長しても結び目を下げることが出来るように技術もかなり進歩してきました。 

 もちろん、

  • そのままでシャワーもできる
  • そのままでヘアカラーも使える

など、自分の髪の毛と同じ感覚で生活できるのです。

男性のハゲのように、自毛がなくなれば増毛も出来ないのですが、女性の薄毛のように、ハゲではなく、薄毛の方には最適な方法なのです。

植毛は医療行為

植毛には人工毛を植え付ける方法もありますが、自分の髪の毛を植え付ける「自毛植毛」が主流です。

移植毛を採取する方法もかなり進歩し、傷跡が残らないように毛根部だけを採取する方法がとられていますが、当然、移植するために取ってきた部分の毛はなくなります。

植毛では完全にハゲた部分にも移植できますから、ハゲ上がった男性にも好評のようです。

植毛の技術も随分進歩し、出血や傷は残らないそうですが、植毛は医療行為ですから医師免許を持つ医者しか施術することは出来ません。

植毛は医療行為です

女性には増毛が人気

最近、女性には増毛が人気です。

ヴィックも随分進歩し、自毛と変わらないようなヴィックもたくさんありますが、やはりカツラはカツラです。

価格で比較すると、

ヴィック > 増毛 >植毛

と、ヴィックよりはどうしても高めですが、高級エステ感覚で増毛する40歳代女性が多いそうです。

植毛は怖い!という感覚がどうしても払拭できませんし、「育毛剤」、「髪の毛に良い食べ物」で育毛に励むと同時に、育毛には時間がかかるのでその間は増毛でしのぐのが良策です。

 

増毛は高級エステと同じ感覚でセレブな女性に人気なのです

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ