春に頭かゆいのは花粉のせいか?

春先に“頭かゆい”と感じるヒトがたくさんいます。

春に頭かゆいのは花粉症のせいなのでしょうか?

春に頭がかゆいのは花粉のせいばかりではありません。

いま使っているシャンプーを見直してみませんか?

春に頭がかゆくなる原因

花粉症のヒトが増えています。

ご存じのように、花粉症は花粉によって引き起こされるアレルギー症状です。

頭かゆいのは花粉

植物の花粉が、鼻や目などの粘膜に触れることによって、発作性反復性に、くしゃみ、鼻水、鼻詰まり、目のかゆみなどの一連の症状が引き起こされます。

その他にも、肌がかゆくなったりすることもあり、花粉症のヒトでは頭皮にかゆみを覚え、「春には頭かゆい、、、」と感じるヒトも多いようです。

春先に頭がかゆくなるのは花粉のせいばかりではありません。

  • 紫外線
  • 乾燥
  • 花粉
  • 皮脂や汗

などたくさんの理由があります。

春先には紫外線が強くなります。  

( 見る ⇒ 紫外線は髪の毛に良くない )

春には冬からの乾燥がまだ続いています。

春に気温が上がってくれば頭皮も汗をかきますし、皮脂分泌も盛んになります。

春に頭かゆい原因はたくさんあるのです。

かゆみは頭皮が刺激を受けているサイン

「頭かゆい」と感じるのは、頭皮が刺激を受けているサインです。

頭皮をはじめ、地肌のかゆみは乾燥や刺激を受けることで起こるので、かゆいからといって掻くことはますます刺激を与えていることになります。

かゆみが気になる時は、さまざまな刺激から地肌を守ることが先決です。

刺激の原因を取り除く

  • 紫外線   
  • 乾燥
  • 花粉
  • 皮脂や汗

春の頭がかゆい原因を取りのぞくにはどうすれば良いのでしょうか?

  • 紫外線を防ぐ →  帽子を被る
  • 乾燥から守る → シャンプーやリンスを選ぶ
  • 花粉や皮脂を除く → シャンプーやリンスを選ぶ

ことが大切なのです。

日本人の最も大きな地肌トラブルは「かゆみ」だそうで、日本人の肌は敏感なのです。

Sponsored Link

髪の毛の洗い方を見直してみる

シャンプーは髪の毛を洗うためだと思っていませんか?

確かに髪の毛について汚れや皮脂を洗い落とすことも目的ですが、頭皮の地肌を洗うことも大きな目的なのです。

髪の毛をいつまでもフサフサに豊に保つためには頭皮を清潔に健康に保つ必要があるのです。

シャンプーは夜が良い

朝にシャンプーすることは爽快ですし、体もシャキッとします。

しかし、頭かゆいあなたにとっては、

シャンプーをするのは朝よりも夜の方が良いのです。

  1. 髪の毛についた花粉や汗を洗い流せる
  2. 朝は忙しいので手入れが不充分になる

からなのです。

花粉症のヒトにとっては、「なるべく早く花粉を取り除く」ことが大事です。

花粉を早く落とす

花粉症対策としてマスクやメガネを着用する人は多くても帽子を被るヒトは意外と少なく、また、髪の毛は静電気で花粉を引きつけてしまうことから髪の毛にはたくさんの花粉が付着していることに気付いていない方がたくさんおられます。

髪の毛の静電気対策で、花粉の付着を防ぐことも大切です。

 ⇒ 髪の毛の静電気を防ぐには

洗髪には時間をかけて

朝は忙しいことから、シャンプー後の手入れが不充分になってしまいます。シャンプーを洗い落とすことが不充分だったり、早く乾かすためにドライヤーの熱を上げすぎたり、逆に充分に乾燥が不充分だったり、髪の毛の手入れが不充分になってしまうことが多いのです。

 ⇒ ドライヤーは薄毛に悪いのか

 

シャンプーでは地肌も洗う

シャンプーではもちろん髪の毛を洗うことも目的ですが、頭皮を充分に洗うことが重要なのです。

頭皮からも顔などの地肌からも皮脂が分泌されますが、頭皮の皮脂分泌量は、顔の肌の約2倍もあるのです。

皮脂は頭皮の乾燥を防いだり、髪の毛の表面を被ってキューティクルを保護する作用があるのですが、汚れた皮脂は頭皮の炎症を招くこともあり脱毛の原因にもなるのです。

シャンプーのときには、髪の毛だけではなく、頭皮を傷つけないように指の腹を使って充分に洗うことが大切です。

使っているシャンプーを見直してみよう

春の頭かゆいを防ぐには、花粉を取り除き、乾燥を防ぐことです。 

頭皮のかゆみの原因は、皮脂不足と乾燥です。皮脂は頭皮に溜まればフケや脱毛の原因になりますが、皮脂を取り過ぎれば頭皮の乾燥を招いてかゆみの原因になってしまうのです。

  1. 皮脂を取り過ぎない
  2. 頭皮の乾燥を防ぐ

この2つを実行すれば、頭かゆいは治まります。

方法は簡単、シャンプーの見直しです

シャンプーは含まれている界面活性剤の種類によって6種類に分けられますが、あなたがお使いのシャンプーは何系でしょうか?

  1. 天然物 (天然物由来)
  2. 石けん系 (天然物由来)
  3. 脂肪酸エステル系 (天然物由来)
  4. アミノ酸系 (天然物由来)
  5. 高級アルコール系 (石油由来)
  6. 石油系 (石油由来)

  詳しく見る ⇒ シャンプーで薄毛に毛が生えるのか

一番一般的なシャンプーは高級アルコール系シャンプーですが、洗浄力が非常に強いので夏などの汗をたくさんかき皮脂分泌も多い夏には良いのですが、皮脂を取り過ぎてしまうのです。

冬や春などの空気が乾燥しているときには、アミノ酸系シャンプーが適しています。価格は高級アルコール系シャンプーよりも高めですが、女性に人気のシャンプーです。

 

   詳しく見る ⇒ アミノ酸系シャンプーがネット通販で人気です

 

さらに、頭皮や髪の毛の乾燥を防ぎ皮脂の取りすぎを防ぐ方法として、女性の間で流行っているのは、椿油やホホバオイルで頭皮をマッサージしてから洗髪したり、シャンプー後にホホバオイルでリンスをすることです。この方法で洗髪すれば髪の毛や頭皮の乾燥を防ぎ、かゆみを抑えるだけでなく、枝毛や切れ毛をなくし、髪に艶を与えると好評なのです。

しかし、やや面倒なので、もっと簡単で同じ効果が得られるのは、

  アミノ酸系シャンプー + 馬油

のシャンプーで、これを使えば、シャンプー後にホホバオイルや椿油でリンスをしたときと同じ効果が得られます。

 

  詳しく見る ⇒  ウーマシャンプー

 

シャンプーを変えるだけでも頭皮や髪の毛の保湿がたもたれ、頭かゆいが驚くほど抑えられるのです。

 

春の頭かゆいは頭皮の乾燥です。

使っているシャンプーを見直してみてください。

花粉症治療はバイオネット

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ