プロペシアを安く買うにはジェネリックか

プロペシアはAGAに最も有効な育毛剤です。

プロペシアを最も安く買うには、、、

ジェネリックを購入するのが一番なのでしょうか?

プロペシアの価格

プロペシアは医療用医薬品ですから、医者の処方箋がなければ購入することが出来ません。

医療機関で脱毛症の診察を受け、処方箋を出して貰って薬局でプロペシアを手にしてお金を払います。

プロペシアの価格は、1錠(1mg) が 250円 が相場ですから、

1ヵ月の代金として、 250円×30日=7,500円 を支払うことになります。

これが、現在の医療機関におけるプロペシアの薬代です。

しかし、診察料、処方料などの他の費用も加算されますから、実際にはもう少し高くなります。

プロペシアの価格は自由価格

『プロペシアの価格は、1錠(1mg) が 250円 が相場』と書きましたが、実際のプロペシアの価格は自由価格で、医療機関ごとに異なるのが現状です。

プロペシアの価格は自由価格なのです。

医薬品の価格は、厚生労働大臣が保険が適用されると医薬品だと認めれば、薬価基準に収載され、薬事審議会が様々な背景や現状、そして薬の効果などを分析して薬価基準を決定するのです。

 詳しく見る >>>  プロペシアのジェネリックをファイザーが発売

ファイザーの発売はメルク社の特許の関係から、早くても2019年10月以降と予測されていたのですが、意外にも、
ファイザーは2015年4月6日に、『フィナステリド錠・ファイザー』を発売したのです。

 詳しく見る >>> ファイザーがプロペシアのジェネリックを発売開始

 

 

しかし、ここで重要なことは、『保険が適用されると医薬品』ということです。残念ながら、「脱毛症」は病気として認められていませんので、保険適用はされず、自由診療なのです。

自由診療の場合には、薬以外の医師の診療も全て自己負担となり、医療機関が診察料、薬代を自由に決めることが出来るのです。

 

保険適用の医薬品については、厚労省による薬価が決められますが、実際に医療機関が卸を通じて製薬会社か薬を購入する場合、医療機関と卸の自由取り引きによって価格が決められるのが現状です。

したがって、医療機関と卸の取り引き条件によって価格に違いが生じ、厚労省の薬価と実際の市場価格の間に差が生じ、いわゆる「薬価差」として問題になっています。

そんな背景が有り、

プロペシアの価格は、1錠250円が目安になっています。

Sponsored Link

医療機関によってプロペシアの価格が異なる

上に書きましたように、保険適用外の医薬品については、厚労省による薬価が定められていませんので、医療機関と卸の間の取引で決まれることになります。

全国平均のプロペシアの価格はおおよそ、1錠が250円ですが、低価格で処方している医療機関もあるのです。

ゴリラクリニックでは167円

ゴリラクリニックは、2014年10月に、東京イセアクリニックの男性向け診療科がその名も改め、男性脱毛、男性器成形、勃起不全、男性型脱毛症などを専門に診療しているクリニックです。

プロペシアは、長く使い続けるもの。だから、価格はとても重要なのです。」AGA(男性型脱毛症)は進行性の脱毛症のため、放っておくと髪の毛の本数は減り続けます。
進行を抑えるためにプロペシアの服用は効果的なので、体質やヘアサイクルを改善するまでの間、長期間の服用を続ける方がほとんどです。1ヶ月分あたりの金額差は微々たるものだとしても、最終的に大きな違いになる可能性があります。ゴリラクリニックでは、正規品であるMSD社のプロペシアを、日本最安値である5,000円(税別)でご用意しております。「まずはお試しで、それから検討してみたい」という方も、お気軽にスタッフまでご相談ください。

と破格な価格で処方しています。 正規品のプロペシアを低価格で入手したい方は検討する必要があります、、。

しかし、初回のみですが、、、

ゴリラ発毛が最価格

ルネッサンスクリニックでは診察料込みで5,400円

ルネッサンスクリニックでは、診察代も含めたプロペシアの価格が6600円ですが、さらに、キャンペーン中には、5,400円と、『業界最安値』だとしています。

ルネッサンスクリニックでプロペシア

残念ながら、こちらも初回のみです、、

プロペシアにジェネリックはない

自由価格でもやはり1錠250円、1ヵ月7,500円はかかるようです。

プロペシアは飲み始めたら止めることが出来ませんから、少しでも安いに超したことはありません。

プロペシアのジェネリックが安い

ということで、個人輸入代理店を通じてフィンペシアなどのジェネリックを購入している方も多いかも知れません。

フィンペシアはプロペシアのジャネリック

フィンペシアは30錠で2,152~3,520円くらいで購入することができます。また、100錠、300錠とまとめて購入すると、1錠当たり30円で入手することができます。

  •  クリニック: 250円
  •  ジェネリック 30円

しかし、、、

プロペシアにジェネリックはない

フィンペシアはプロペシアのジェネリックだと思っている方がほとんどだと思いますが、フィンペシアはプロペシアのジェネリックではありません。

プロペシアの特許を持っているのは米国のメルク社でが、その特許が切れるのは2019年だといわれています。

プロペシアの特許は切れていませんから、ジェネリックを作ることはできず、国内ではファイザー社がプロペシアのジャネリック製造販売権を取得しましたが、販売は2019年以降とみられています。

詳しく見る  >>>  プロペシアのジェネリックをファイザーが発売

 

医薬品には、「物質特許」と「用途特許」があり、この特許が切れるまで、他の会社は製造し販売することは国際特許法で禁じられているのです。

フィンペシアは、インドノシプラ社が製造販売していますが、インドはこの国際特許法に加盟していないため、勝手に作っているのです。

ジェネリックと正規品の違い

国によってジェネリックの認可の条件が異なりますが、日本の場合には、

  • 製品の安定性試験(規格及び試験方法、加速試験)
  • 先発品との生物学的同等性試験

の成績が厚生労働省の基準をクリアすれば製造承認を受けることができるのです。

ジェネリックは臨床試験を全くしていません。

このような理由から、医師によっては、ジェネリックの処方をしない方もおりますし、意志へのアンケート調査では、「自分はジェネリックを服用しない」と答えた医師が大部分だったそうです。

だから、ジェネリックは粗悪品というわけではありませんが、、、

2009年にフィンペシアのコーティング剤が変更になりました。これまでは、コーティング剤のキノリンイエローは、発癌物資として日本では規制されてる色素だったのです。

 

どれを選ぶかはあなた次第です。

M字ハゲを予防しようとして、

 性機能の副作用が報告されているプロペシアを選ぶ

 プロペシアは高いからフィンペシアを飲む

わたしは、

 作用は弱くても安全な育毛剤を選んだのです。

   詳しく見る >>> M字ハゲ専用の薬用プランテル

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ