フィンジアのキャピキシルはAGAに本当に効果があるのか?

フィンジアの売れ行きが凄いことになっているようです。

注文に製造が追いつかず品切れ中だそうです。

品切れはこれで3回目。

これほどまで人気が出ているフィンジアですが、

フィンジアのキャピキシルはAGAに本当に効果があるのでしょうか?

フィンジアのキャピキシルがAGAに有効だという科学的根拠を調べてみました。

 

 

フィンジアのキャピキシルとは?

キャピキシル(Capixyl)というのは、カナダの系商品会社であるLUCAS MEYER COSMETICS社が開発したされた、

成長因子(アセチルテトラペプチド-3)と植物エキス(アカツメクサ花エキス)のプレミックス原料です。

Origin
Biomimetic signal peptide with red clover extract rich in Biochanin A
INCI Name
Butylene Glycol (and) Water (and) Dextran (and) Acetyl Tetrapeptide-3 (and) Trifolium Pratense (Clover) Flower Extract
Mode of Action
・DHT Modulation via inhibition of 5α-reductase
・Stimulates ECM renewal and anchoring proteins

 

     詳しく見る ⇒ LUCAS MEYER COSMETICS社

 

キャピキシル(Capixyl)というのは商品名で、

「Clover extract rich in Biochanin A(ビオカニンAを含むクローバエキス)」と記載されており、

詳しい成分は、

  •  アカツメクサ花エキス
  • アセチルテトラペプチド-3

だと記載しています。

 

          詳しく見る ⇒ キャピキシル

 

キャピキシルの主成分

キャピキシルの有効成分は、

  •  アカツメクサ花エキス
  • アセチルテトラペプチド-3

だとのことですが、その有効成分の詳細を見てみましょう。

 

アカツメクサエキス

アカツメクサのエキスとは、赤クローバーといわれる植物の抽出液です。

このエキスには、ビオカニンAという成分が豊富に含まれているのですが、

ビオカニンAは、大豆にも含まれ、植物性エストロゲンといわれるイソフラボンの一種です。

ビオカニンAはには、イソフラボンと同様に、5α-リダクターゼ抑制作用があり、AGAの原因となるDHTの産生を抑えるのです。

 

5α-リダクターゼ抑制作用はプロペシアの作用と一緒なのです。

 

アセチルテトラペプチド-3

アセチルテトラペプチド-3は、4つのアミノ酸で構成されるペプチドで、強力な細胞外マトリクスの
修復作用を持ち毛包に直接作用して活性を高める作用を持つのです。

やや難しくなってしまいましたが、毛包にある髪の毛を産み出す毛母細胞を活性化して発毛を促進する作用があるのです。

 

 

LUCAS MEYER COSMETICS社は、キャピキシルの有効濃度は「0,5~5%」だと述べていますが、

フィンジアのキャピキシル濃度は最大の5%なのです。

M字ハゲの育毛剤ではフィンジアが一番売れています

 

 

Sponsored Link

 

キャピキシルの効果の科学的根拠

LUCAS MEYER COSMETICS社は、キャピキシルの効果(作用)については、

Mode of Action

・DHT Modulation via inhibition of 5α-reductase

・Stimulates ECM renewal and anchoring proteins

と記載しています。

すなわち、

  1. 5α-リダクターゼ抑制によるDHTの調節
  2. 細胞外マトリックスの再生

だとしているのですが、

種々の実験においてキャピキシルの育毛効果を実証

しています。

    詳しく読む ⇒ キャピキシルの説明(英文43頁)

 

全てを記載することは困難なので、概要をお知らせします。

  1. キャピキシルのアセチルテトラサイクリンペプチドはコラーゲン合成を促進
  2. アセチルテトラサイクリンペプチドは細胞外マトリックスの合成を促進
  3. ヒトの皮膚の7型コラーゲン合成を促進する
  4. アセチルテトラサイクリンペプチドはヒト毛包の細胞分裂を活性化する
  5. キャピキシルのビオカニンAは5α-リダクターゼを抑制する
  6. キャピキシルとビオカニンAはIL-8の産生を阻害する

 

特に注目していただきたいのは、4と5の実験です。

 

4の実験では、

ヒトの頭皮から採取した毛包に、

キャピキシル または ミノキシジル を添加して培養し7日後の毛包の大きさを比較したのです。

その結果、

キャピキシルはミノキシジルより毛包を成長させる活性が3倍強い

ことが判明したのです。

ミノキシジルとはリアップに有効成分であることはご存じだと思います。

フィンジアはリアップの3倍の効果!

というキャッチコピーを目にしたことがあると思いますが、この根拠はこの実験結果なのです。

 

4番の実験は、キャピキシルの5α-リダクターゼ抑制作用を調べたものです。

キャピキシルのビオカニンAには強力な5α-リダクターゼ抑制作用があることが明らかです。

したがって、キャピキシルにはプロペシアと同様な5α-リダクターゼ抑制作用があり、

フィンジアはAGAに有効だという根拠になるのです。

 

Sponsored Link

 

フィンジアのキャピキシルはAGAに効果がある

たしかにフィンジアのキャピキシルは薄毛、特にAGAに有効だといえそうなのですが、

上で紹介した実験は、試験管内における試験です。

試験管内でAGAに有効な成績が得られても、

  実際にヒトのAGAで効果があるのか?

ということが気掛かりです。

 

LUCAS MEYER COSMETICS社では実際にAGA患者にて臨床試験をおこなっています。

この試験では、

  • AGA患者30人(平均年齢46歳)

を対象に、

  • 40日間、キャピキシル20滴を頭皮に垂らす

ことをおこない、

  • TricoScanという機器で髪の毛の成長を測定

したのです。

 

その結果は、

  1. 休止期の毛髪数が減少
  2. 成長期の毛髪数が増加

させ、

無処置群では成長期毛髪/休止期毛髪の比が33%減少したが、キャピキシル群では46%増加した

という結果が得られたのです。

Capixyl™ increases the A/T ratio of 46% compared to a reduction of -33% for the placebo
attesting the efficacy for stimulating hair growth and reducing hair loss

 

AGAでは、DHTの影響により、成長期の髪の毛が完全に成長する前に休止期に入ってしまいやがて脱毛することが分かっています。

キャピキシルは5α-リダクターゼ抑制作用によりDHTの産生を阻害したことにより、「成長期→休止期」に至る毛髪を少なくしたと言うことです。

 

いかがでしたでしょうか?

キャピキシルを5%の濃度で含むフィンジアはAGAに有効だと言うことがお分かりいただけたでしょか?

このブログではさまざまな育毛剤の科学的根拠について調べてきましたが、キャピキシルのようにあらゆる面から有効性を実証している育毛剤はないと思います。

 

しかし、、、

有効性が発揮されるまで4ヵ月かかることはしっかり頭に入れておいてください。

 

 

関連記事(一部広告を含む)

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ