薄毛リスクが高いのは大分県

2009年にアデランスは、

世界各国の薄毛状況を調査し、

「薄毛世界地図」

を作りました。

 

薄毛の国別ベスト5は、

  1. チェコ
  2. スペイン
  3. ドイツ
  4. フランス
  5. アメリカ

で、

日本は14位だったのですね。

 

それでも日本には薄毛に悩む人は、

  • 男性では1,700万人
  • 女性では1,300万人

もいるといわれています。

 

では、国内で薄毛が多い都道府県はどこでしょう?

リーブ21は「全国薄毛リスク調査2018」の結果を発表しました。

 

Sponsored Link

 

毛髪クリニック リーブ21 は、

8月20日の「発毛の日」に合わせて、

日本初となる「全国薄毛リスク調査2018」の結果を発表しました。

 

   詳しく見る ⇒ リーブ21・プレスリリース

 

この「全国薄毛リスク調査」は、

2018年8月8日~8月9日に、

  • 全国の20~60代の男女(計2350人)
  •  各都道府県から50名ずつ

を対象に、インターネットによるアンケート方式でおこなわれたのです。

 

その結果、

  1. 日本人の過半数が薄毛の不安を感じている
  2. 薄毛に不安を感じながら対策をしていない
  3. 薄毛リスクは大分県が最も高い

 

ということが分かったとして、

 

薄毛の治療は早期発見が重要と述べています。

 

 

日本人の過半数が薄毛の不安を感じている

アンケート調査で、

Q. 将来薄毛になることを不安に思いますか?

との質問に対いして、

薄毛になるのが不安と答えた人が34%もいました。

3人に1人が将来薄毛になることを非常に不安を持っているのです。

 

 

都道府県別では、

薄毛を気にしているベスト3は、

  1. 熊本県
  2. 東京都
  3. 宮城県

 

薄毛を気にしていない県は、

  1. 岡山県
  2. 京都府
  3. 大分県

だったそうです。

さらに、

現在の自分の髪の毛の状態に対しては、

 

  • 満足している  : 26.4%
  • 満足していない : 44.1%

であり、

半数の人が自分の髪の毛に満足していないことが分かったそうです。

 

Sponsored Link

 

薄毛に不安を感じながら対策をしていない

アンケートでは、

  • 半数の人が薄毛に不安を持っている
  • 半数の人が自分の髪の毛に満足していない

がいることが分かったのですが、

 

Q   : 毎日のヘアケアにかけている時間は?

との質問では、

  • 0~5分未満 : 54.2%

 

Q  : 1ヵ月でヘアケアにかけている金額は?

との質問には、

  • 0~1000円未満 : 70.5%

という答えであり、

 

  • 薄毛に不安を持っている
  • 自分の髪の毛に満足していない

という悩みを持ちながら、

  • ヘアケアに時間をかけていない
  • ヘアケアにお金をかけていない

という非常に矛盾した結果だったのです。

 

 

 

ヘアケアに時間をかけている都道府県のベスト3は、

  1. 埼玉件
  2. 福岡県
  3. 大阪府

であり、

ヘアケアにお金をかけているベスト3は、

  1. 徳島県
  2. 千葉県
  3. 埼玉県

 

逆に、

時間をかけていないワースト3は、

  1. 鹿児島県
  2. 岩手県
  3. 大分県

お金をかけないワースト3は、

  1. 宮崎県
  2. 神奈川県
  3. 大分県

だったそうです。

 

あなたは何県にお住みですか?

 

Sponsored Link

 

 

薄毛リスクが高い県は大分県

 

リーブ21では、

薄毛に良くない因子は、

  1. ストレス
  2. 飲酒
  3. ヘアカラーやブリーチ

として、

ストレスや飲酒、ヘアカラー頻度などについてもアンケート調査をおこなっています。

 

ストレスが多い県は、

  1. 広島県
  2. 青森県
  3. 三重県

 

お酒を良く飲む県は、

  1. 青森県
  2. 千葉県
  3. 愛媛県

 

パーマやヘアカラーの頻度が多い県は、

  1. 沖縄県
  2. 大分県
  3. 秋田県

 

だったそうです。

 

 

リーブ21では、薄毛への意識、 薄毛への取組み、 生活習慣といった調査結果から、

各都道府県の薄毛のリスク

を評価しています。

 

その結果は、

薄毛リスクの高いベスト3は、

  1. 大分県
  2. 広島県
  3. 秋田県

だとしています。

 

逆に、

薄毛のリスクが低い県は、

  1. 徳島県
  2. 静岡県
  3. 岡山県

だったとのことです。

 

リーブ21では、

薄毛の治療は早期発見が重要だと述べています。

 

このサイトでも、

薄毛の治療は時間とお金がかかる

として、早期予防をオススメしています。

 

薄毛の予防にはフィンジアビタブリッドCなどが評判ですが、

1ヵ月に7,000円程度の費用がかかりますが、

いつまでもフサフサを保ちたいならそれくらいの投資は必要です。

 

関連記事(一部広告を含む)

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ