若ハゲの髪の毛を食べ物で守るにはまず自己診断が必要

若ハゲを防ぎ、髪の健康を保つには栄養素が重要です。

そのためには、髪に必要な栄養分を過不足無く摂る必要があるのですが、貴方の若ハゲがどのようなタイプなのかを診断してください

ずは自己診断をしてください

ハゲの自己診断は医者に行く必要はありません。

貴方自身で簡単にできるのです。

貴方のハゲはM字ハゲかO字ハゲか?

ハゲには大きく分けて、図のように、M字ハゲとO字ハゲがあります。

M字ハゲとO字ハゲ

M字ハゲ:両側のこめかみ部分の生え際が後退するハゲです
O字ハゲ:頭頂部が円形にハゲるハゲです

M字ハゲはAGAといわれる男性型脱毛症で通常は30代後半から50代で見られるハゲですが、最近、10代後半や20代前半でみられる若年性AGAが増えているのです。

貴方のM字ハゲの進行状況は?

日本皮膚科学会では、M字ハゲをⅠ型からⅦ型まで分類しています。

M字ハゲの分類

 

まら、初期のM字ハゲの診断方法は、

こめかみ部分の生え際の後退度で診断できます。

こめかみ部分の生え際と頭頂から耳の穴を結んだ線の距離が2センチ以下であればAGAだと診断されます。

 

AGAの診断法

髪の毛によい食べ物で防げるハゲと防げないハゲ

ハゲには大きく分けて、M字ハゲとO字ハゲがあることはお分かりになっていただけたと思います。

一般的なハゲの原因には、

年齢や遺伝
睡眠不足などの不摂生
ストレスの過多
頭皮の血行不良
栄養バランス
頭皮の皮脂分泌過剰
喫煙

などが関与しています。

O字ハゲの原因

O字ハゲの原因は、

年齢
栄養バランス
頭皮の血行不良

などが原因で、特に加齢の影響が大きいのです。

ですから、

蛋白質
ビタミンB群
亜鉛
オメガ3脂肪酸

などを摂取することによって頭皮や頭髪の老化を防ぎ、髪の健康を保つことができます。

M字ハゲの原因

M字ハゲの主要な原因は、男性ホルモンであるテストステロンが5α-リダクターゼという酵素によってジヒドロテストステロン(DHT)がつくられることに起因しています。

DHTは髪の毛の成長を抑制してしまうのです。

5α-リダクターゼの強さと、DHTに対する感受性は遺伝します。

しかし、遺伝を受けても必ずしもM字ハゲになるとは限りません。

食事で髪の毛によい食べ物をたくさん摂って、睡眠不足やストレスなどを避けることによってM字ハゲの発症を防ぐことができるのです。

お祖父さんやお父さんがハゲだった貴方もハゲる可能性が有りますので、髪の毛によい食べ物をバランス良く摂ってM字ハゲの発症を防いで下さい。

Sponsored Link
 

M字ハゲになる可能性を診断する

お祖父さんやお父さんがハゲであれば、貴方もハゲる可能性は、遺伝学上は2/3の確率なのですが、もう少し詳しく調べたい!ということであれば、M字ハゲの遺伝子診断をすることができます。

AGAドッグの遺伝子診断

 

AGA遺伝子検査で分かること

AGAの原因は男性ホルモン中のアンドロゲンによる影響が最も大きいと考えられています。
AGAドックではこのアンドロゲンを受け取る受容体(アンドロゲンレセプター)の感受性の高さを遺伝子レベルで分析しAGAのリスクを予測します。

1.脱毛リスク

若い時期にAGAを発症するリスクを予測

2.フィナステリドの感受性 国内で唯一のAGA治療薬プロペシアに対する治療効果を予測することができます。

 

検査は簡単で自宅でできます。

検査は簡単!両ほほの内側を付属の採取棒で擦り付けて粘膜を採取して同封の書類と一緒に送るだけ。

もちろん医者に出向く必要もなく、自分の都合に合わせて自宅でチェックができます。
Sponsored Link

関連記事(一部広告を含む)

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ