AGAやEDをスマホの遠隔診療で治療

スマホでAGAやEDの遠隔診療ができることをご存じですか?

遠隔診療というのは、

離れた場所にいる患者と医者をインターネットなどの情報通信でつないで診療を行うことです。

従来は遠隔診療は、

  • 離島の患者
  • へき地の患者

などを対象に行われてきましたが、

厚労省は遠隔診療の適用範囲を離島やへき地に限定しない内容の通達をだし遠隔診療を事実上解禁したのです。

そして遠隔診療が広がっている診療科が、

  • ED
  • AGA

なのです。

忙しいサラリーマンはなかなか通院に行く時間が取れないこともあるのですが、

誰でもがEDやAGAでの通院は躊躇してしまうのですが、

スマホを使った遠隔診療では気軽に受けることができると好評なのです。

AGAは早めの治療が最も有効なのです。

 

Sponsored Link

 

スマホの遠隔診療でAGAやEDの受診ができる

遠隔診療精度というのは、

離れた場所にいる患者と医者をインターネットなどの情報通信により繋いで診療ことです。

 

遠隔診療は従来は、

医者がいない、

  • へき地
  • 離島

などで行われてきました。

 

へき地や離島以外で遠隔診療を行って悪いと決まってたわけではありませんが、

医師法の第20条に「患者との対面診療を原則とする」とあるため、

離島やへき地などの対面診療が困難な場合を除いて遠隔診療は行われてこなかったのですが、

 

厚労省は2015年8月に、

遠隔診療の適用範囲を必要以上に狭く解釈しなくて良いとの通達

を各都道府県に出し、

遠隔診療が事実上解禁された

のです。

 

遠隔診療では診療科の制限はありませんが、

遠隔診療では人に知られずに診療を受けられる

ということから、

  • AGA
  • ED

などの診療科で遠隔診療の人気が高まっているのです。

 

2017年7月に、

銀座HSクリニックが遠隔診療によるAGAの診療を開始し、

週間AERAなどでも大きく取り上げられました。

 

薄毛治療にも遠隔診療制度が適用されている

 

  詳しく見る ⇒ 遠隔診療で薄毛の治療ができる

 

銀座HSクリニックにおけるAGAの遠隔診療の流れは、

  1. 診療申し込み
  2. ビデオで受診
  3. 治療薬の処方
  4. クレジットカードでの支払い
  5. 治療薬を郵送

と、初診から薬の受け取りまですべて医療機関に行かなくても完了するのです。

 

Sponsored Link

 

遠隔診療によるAGAやEDの治療は全国に広がっている

遠隔診療によるAGAやEDの診療は、

銀座HSクリニックだけでなく、全国に広がっているのです。

 

CLINICSの遠隔診療サービス

 

2016年に始まった遠隔診療サービス「CLINICS」には、2017年9月現在で600の医療施設が参加している国内で最も大きな遠隔診療サービスで、

11月27日の日本経済新聞でも紹介されました。

詳しく見る ⇒ CLINICS

 

 

CLINICSは、スマホのアプリを使ってオンラインで診察を受けられる遠隔医療サービスで、遠隔医療ベンチャー企業であるメドレーが運営するサービスです。

 

「curon」は人工知能を活用しており、「Doctors Crowd」は生活習慣病改善のためのサービスを健康保険組合と合同で提供している。

 

Sponsored Link

 

オトコノスマ診ではAGAやEDの自己診断もできる

おすすめなのはオトコノスマ診です。

遠隔診療の利点の1つは、

人目に付かず受診できる

ということです。、

 

オトコノスマ診は、

医師に相談しにくい男性特有の悩みに特化した遠隔診療サービスです。

 

対象としているのはズバリ、

  • ED
  • AGA

2つです。

 

そして、オトコノス診をおすすめするのは、

  • EDセルフチェック
  • AGAセルフチェック

をすることができるからで、

治療を開始したいと思えば受診に進めば良いのです。

 

 

詳しく見る ⇒ オトコノスマ診

 

受診もいたって簡単。

まずはスマホから受診したい疾患の問診票に記入。

問診の記入が済むと診察室へ入室し、

  1. 医師から簡単な質問を受けて診断
  2. 必要な治療薬を処方

支払いはクレジット決済して、

治療薬は自宅や職場などあなたの希望の場所へ郵送されるというシステムです。

 

 

医師とのやりとりは、LINEのようなチャットで行い、

必要であれば写真を送ったり、ビデオチャットでの相談も可能なのです。

 

 

EDやAGAは健康保険が適応されない自費診療ですが、

診療報酬の内訳である、

  1. 基本診察料
  2. 管理費
  3. 処置その他

のなかの管理料が大きく削減できるため通院よりも安く済むというメリットもあるのです。

 

遠隔診療はまだ始まったばかりですが、海外では遠隔診察は当たり前で、日本でも10年後にはネットを介した遠隔診療が当たり前の時代になるとも言われています。

 

 

AGAの治療は早期開始が鉄則です。

ハゲてしまってからもとに戻すのは非常に時間がかかるのです。

 

薄くなってきたらすぐに治療開始すべきです。

 

  • 行こうか、、、
  • 時間がないな、、、
  • 恥ずかしいな、、、
  • お金が掛かりそうだし、、

とついつい日延べして、数カ月や半年は経過してしまうのですが、

その間に薄毛も進行してしまうのです。

 

関連記事(一部広告を含む)

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ