糖質制限で薄毛が治る|藤田紘一郎

糖質制限をご存じですか?

糖質、すなわち炭水化物を食べる量を制限する食事療法です。

具体的には、ご飯の量を減らす、パンの量を減らす、麺類を余り食べない、、という食事法です。

糖質制限は糖尿病や肥満に有効な食事療法で、あなたも聞いたことが有ると思います。

この、糖質制限が育毛に有効で、糖質制限で薄毛が治るというのです

 

藤田氏が糖質制限で薄毛が治るワケを解説

これを実証したのは、寄生虫や腸内細菌の研究で有名な藤田紘一郎博士です。

 

 

藤田紘一郎氏は糖質制限で薄毛が治る

糖質制限で薄毛が治ったというのは、東京医科歯科大学名誉教授の藤田紘一郎氏です。

藤田紘一郎しは、免疫学者で専門は、寄生虫学、感染免疫学、熱帯医学などで、腸内に回虫などの寄生虫がいるとアトピーや花粉症にならないとして、回虫を飲み込んで自分の腸内で飼育(?)したりしたことでも有名です。

また、一生太らない体をつくる「腸健康法」 などをはじめ、腸と健康に関する多くの著書もあります。

 

そして、今回、出版したのが、

 「55歳でハゲた私が76歳でフサフサになった理由」

という本なのです。

藤田紘一郎氏の著書は薄毛は糖質制限で治る

 

藤田紘一郎氏が薄毛を意識したのは、

大学教授として忙しかった55歳頃だったそうです。

この頃は、

  • 忙しく生活が不規則
  • 昼食は、こってりラーメン・半ライス・餃子
  • 間食は、アイスやチョコ

と、メタボ街道まっしぐらの生活で、

ついには、

 重度の糖尿病を患らってしまった

そうなのです。

そして薄毛も進行し、頭皮の地肌が透けて見えるようになり、55歳から10年間は、

  • 頭皮マッサージ
  • 発毛剤
  • 育毛剤

など、ハゲに効くと聞くと直ぐに試し、ちまたでハゲに良いといわれているものはひと通り試したのだそうです。

しかし、努力の甲斐なく、非常に落ち込んだのだそうです、、、

そして、55歳でハゲ始め、20年経った今ではすっかりハゲても当然なのに、、、

それが、、、、

%e8%97%a4%e7%94%b0%e7%b4%98%e4%b8%80%e9%83%8e

なんと、、、

白髪もないし、まるでカツラを着用しているようです。

糖質制限で薄毛が治った

55歳で薄毛を感じたのですが、20年経った76歳でも豊かな毛髪をキープしているんです。

その理由は、

糖尿病になって、腸内細菌と毛髪の関係に気づいた

のだそうです。

 

糖尿病を患って、糖尿病から脱しようと、日本糖尿病学会でも推奨する「カロリー制限」を励行し、

カロリー制限では、カロリーの60%を糖質(炭水化物)から摂るように指導されていたため、

ご飯もラーメンも餃子もパンも食べていまのだそうです。

しかし、

  • 糖質の摂取は体に良くない
  • 糖尿病患者には薄毛が多い

ということに気付き、糖質制限食が糖尿病に気付いたのだそうです。

そして、

糖質制限を始めてわずか2週間で、

  • 糖尿病にに関する数値が低下
  • 徐々に体重が減少し、
  • 髪の毛に元気が戻ってきた

そうです。

藤田氏は、加齢による薄毛に糖質制限には一定の効果があり、

そのキーワードは活性酸素だ

と述べています。

活性酸素は体のサビともいわれ、老化や種々の疾病の原因とされ、活性酸素は薄毛の原因とも言われています。

 

Sponsored Link

 

体内の活性酸素は、

  1. ストレス
  2. 激しい運動
  3. 喫煙
  4. 紫外線
  5. 食生活の乱れ

などによってより増加し、細胞にダメージを与えて老化を促すのです。

 

腸内細菌が薄毛の原因の活性酸素を除去する

藤田氏は、

  • 腸内細菌には活性酸素を消す強力な抗酸化力を持っていることがわかってきた
  • 腸内細菌の働きを活性化させて抗酸化力を高めれば活性酸素を消去することがでる

として、

 腸内細菌の活性化 → 活性酸素の除去 → 薄毛の解消

が期待できるのだそうです。

 

そして、

炭水化物を多量に摂取すると、腸粘膜のミトコンドリが、免疫や毛髪に重要なビタミン類、ホルモンの生成が低下し、活性酸素の除去能力が低下すると説明しています。

 

藤田氏は、

健康な毛髪を作る頭皮や毛球は人体の組織の中でも特に老化しやすい繊細な組織で活性酸素のダメージを受けやすい

そんな活性酸素の増加を食い止めるのが腸力の強化で、

腸内の活性酸素の除去能力を高めるためには糖質の摂取を制限することが有効なのです。

 

Sponsored Link

 

薄毛が治る糖質制限とは

藤田紘一郎氏は、『50歳からは「炭水化物」をやめなさい。 ~「病まない」、「ボケない」、「老いない」体をつくる腸健康法~』という本も執筆し、糖質制限を推奨しています。

 

糖質制限とはどのような食事法なのでしょか?

 炭水化物 = 糖質 + 食物繊維

 

ですから、

糖質制限とは、炭水化物を食べる量を制限する食事法です。

糖尿病では、血糖値が上がる病気ですが、血糖は糖質ですから、糖尿病の患者では糖質の量を減らせば血糖値が下がり、糖質制限は糖尿病の食事法として推奨されているのです。

 

糖尿病は薄毛の原因

糖尿病は血管の病気です。

高血糖が長く続くと血管壁が障害され、

細い血管が傷害されると、

  1. 糖尿病性神経障害
  2. 糖尿病網膜症
  3. 糖尿病腎症

などの合併症が引き起こされ、

さらに、大血管が傷害されると、

  1. 心筋梗塞
  2. 脳卒中

など、重篤の合併症が引き起こされ、生命の危機に及ぶのです。

 

血管壁の障害は当然、頭皮の血管においても起こりますので、

糖尿病は薄毛の原因になることが多くの研究報告で明らかになっています。

 

肥満、高血糖、高血圧などがAGAの進行に関与しているとの報告もあり、

  詳しく見る ⇒ デブがハゲる理由

メンズヘルスクリニックの小川医師らは欧州毛髪学会で発表しています。

 

女性においても、

30~40歳代の女性では高コレステロールや高血糖で抜け毛が増える

ことが明らかになっているのです。

 

Amazonに本を注文しました。

本を読んで情報をアップしましたので、是非読んでください。

  ⇒ 糖質制限で薄毛が治るワケ

 

関連記事(一部広告を含む)

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ