自毛植毛で髪の毛増やすための料金は?

矢野経済研究所は2014年のヘアケア市場分析を公表しました。

ヘアケア市場は順調に拡大しているが中でも植毛市場の伸びが顕著だそうです。

植毛市場は今後とも堅調に拡大すると予想されていますが、新規参入も多く市場競争が激しくなる模様だということです。

自毛植毛の費用はそれほど高くありません

市場競争が激しくなるとと植毛費用が安くなることが期待されます。

しかし、同時に信頼できるクリニックの見極めが必要になるということです。

 

Sponsored Link

 

自毛植毛で髪の毛増やす人が増えている

矢野経済研究所は、2015年9月に、2014 年度の国内のヘアケア市場規模と概要を発表しました。

ヘアケア市場とは、

  1. 毛髪業市場
  2. 植毛市場
  3. 発毛および育毛剤市場
  4. ヘアケア剤市場

の 4 分野から成る市場のことで、

 

この中の、

毛髪業市場は、

  • カツラ
  • 増毛
  • 育毛
  • 発毛サービス

とその関連商品であり、

 

ヘアケア剤市場とは、

  • シャンプー
  • リンス
  • トリートメント

などの市場です。

 

その報告書によると、2014 年度のヘアケア市場規模は前年度比 101.4%の 4,414 億円だったそうです。

 

4分野の市場別では各分野で前年度実績を上回り、

  1. 毛髪業市場 : 前年度比 100.9%の 1,401 億円
  2. 植毛市場 : 前年比 108.3%の 39億円
  3. 発毛・育毛剤市場 : 前年比 100.5%の 654 億円
  4. ヘアケア剤市場 : 前年比 101.8%の 2,320 億円

 

特に、植毛市場の伸びが目立ったそうです。

 

植毛市場は今後も拡大

2014 年度の植毛市場を詳しく見ると、市場規模は前年度比 108.3%の 39 億円で、他の3市場の伸びを上回わり好調さが目立ちます。

その理由として、矢野経済研究所では、

形成外科や美容整形などのクリニックにおけるAGA治療の投薬治療が普及したものの、

大手植毛専門クリニックの積極的なプロモーション戦略によって植毛を試みる新規患者獲得に成功し、

今後も植毛市場は拡大基調で推移する

と予測しています。

しかし、

植毛市場に新規参入するクリニックも増えていることから、植毛市場での競争環境は厳しくなってきていると分析しています。

 

Sponsored Link

 

日本皮膚科学会も自毛植毛を推奨

日本皮膚科学会では、2010年に「AGA治療のガイドライン」を策定しています。

ガイドラインを策定した背景として、

最近、男性型脱毛症に有効な外用、内服の育毛剤が開発され、皮膚科診療においても積極的に使用されるようになってきた。
しかし、それでもなお皮膚科医の立場からは無効といえる科学的根拠に基づかない治療法が社会的に横行し、無効な治療法を漫然と続ける患者も少なくない
このような現状の中で、科学的根拠に基づいた情報を選び出し、男性型脱毛症の診療ガイドラインを作成することは、医師、患者双方にとって標準的治療法を促進するために重要である。

としています。

 

ガイドラインでは、AGA治療に有効な治療法について科学的根拠に基づいて、推奨度を以下の4つに分けています。

  • A : 行うよう強く勧められる
  • B : 行うよう勧められる
  • C1 : 行うことを考慮してもよいが、十分な根拠がない
  • C2 : 根拠がないので勧められない
  • D : 行わないよう勧められる

 

推奨度がAとされたものは、

  • フィナステリド(プロペシアの有効成分)
  • ミノキシジル(リアップの有効成分)

による薬物療法です。

 

推奨度Bとされたものは、

  • 自毛植毛

で、日本皮膚科学会も自毛植毛をAGAの治療法として「行うように勧められる」と推奨しているのです。

 

Sponsored Link

 

自毛植毛のクリニックと費用

人口の高齢化、ストレスによる薄毛人口の増加、アンチエイジングに対する関心の高まり今後もヘアケア市場は伸張するのですが、

植毛は皮膚科学会も科学的根拠があるとして「行うよう勧められる」と推奨しており、薄毛対策として植毛を選択する人はますます増えると予想されます。

しかし、皮膚科学会は、

科学的根拠があるとして自毛植毛は「行うよう勧められる」と推奨していますが、

人工毛植毛については、「D:行わないように勧められる」ですから要注意です。

さらに、植毛市場の拡大に伴って新規参入が増えていますので、

確かな技術を持つ医者(クリニック)を選ぶことが非常に重要になってきています。

 

自毛移植では良いクリニックを選ぶことが重要

自毛植毛とは、自分の頭部の髪の毛を脱毛してしまった部分に移植する方法で、生着率は85% 以上と高い生着率が得られます。

自分の髪の毛を毛根部ごと採取して脱毛部に移植する自毛植毛は、世界全体で年間225,800件程度実施され、男性だけでなく、女性においても自毛移植する人が増えている(男性86.2% 女性13.2%)のです。

 

 

最初に述べた、矢野経済研究所の報告書の中では、

自毛植毛市場はアイランドタワークリニックが市場を牽引している

と述べています。

 

アイランドタワークリニックでも、自毛植毛の6割のシェアを占めているとホームページに記載しています。

 

アイランドタワークリニックが人気の理由は、

  • メスを使わない独自技術「i-direct」法により、
  • 開院以来15年間の通算症例数は20,000を超え、
  • 生着率は95%

と記載しています。

 

i-direct法とは、世界的に主流になっているFUE(Follicular Unit Extraction)法をアイランドタワークリニックがさらに進化させた植毛方法で、

極細のチューブパンチを使用して頭髪をグラフト(毛包)ごと採取し、

空気圧を利用したインプランターにより脱毛した部分に移植する方法で、メスを一切使わないため、

傷跡が残らず、痛みも少ない植毛方法なのです。

  詳しく見る ⇒ 自毛移植は費用よりも術後が心配

 

アイランドタワークリニックがi-direct法で毛包の採取に使用するパンチは直径0.8mmで、FUE法で使う直径1.2mmのパンチに比べて格段に細いのです。

 

自毛移植の費用は

いくら優秀な技術でも費用が心配です。

髪の毛の本数は平均10万本あると言われ、1日に100本ほどが抜けています。

薄毛の状態にもよりますが、通常、薄毛が分からないようにするには3,000本ほどの植毛が必要だと言われています。

 

髪の毛は一つの毛穴(毛包)から複数の毛が生えており、平均2.5本程度だと言われていますから、1,200の毛包の移植が必要だと言うことになります。

そうすると、、、

費用についてはこのサイトでも詳しく計算していますから、参考にしてください。

  詳しく見る ⇒ 自毛植毛した芸能人の費用は

 

クリニックによっても多少異なりますが、おおよそ100万円です。

100万円と聞いて高いと感じるか、安いと感じるかはその人の薄毛に対する悩みの深さと価値観によるので何ともいえません。

しかし、100万円で毎日気になる薄毛が解消されるとしたら安いのではないでしょうか?

 ⇒ アイランドタワークリニックの無料カウンセリング

アイランドタワークリニック

 

100万円という費用は、頭頂部まで薄くなった元競輪選手の中野浩一さん場合です。

AGAがそんなに進行していないあなたの場合には、こめかみ部分だけですからその1/4~1/3程度で済む可能性もあるのです。

また、急に増やすのが違和感があるのであれば、半年や1年を掛けて徐々に増やす方法もあるのです。

 

カウンセリング申し込みは

  • 名前
  • 性別
  • 年齢
  • 連絡先(電話/メール)

だけですから安心です。自毛移植で髪の毛を増やす費用は無料カウンセリングで

 

クヨクヨ悩んでいても何も解決しません。

自分の薄毛がどの程度なのか、どの位植毛すれば良いのか、それを知ってから決断すれば良いのです。

 

関連記事(一部広告を含む)

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ