薄毛対策で水素水を選ぶ時のポイント

水素水が凄いブームです。

昨年の水素水の総売上げ高は200億円を超えたそうです。

水素水は活性酸素を除去することから薄毛対策にも有効です。

水素水を選ぶ時のポイントが重要です。

あなたは水素水を選ぶ時のポイントをご存じですか?

水素水の売上げ高が凄い!

水素水の売上げ高が

健康産業新聞の調査によると、2014年の水素関連商材の総売上高は200億円をを突破したそうです。2010年は150億円ですから、3年間で30%もアップです。急成長の背景には大手健康食材メーカーである健康家族などの有力企業の参入などがあり、今後とも大手食品メーカーや、大手の通販メーカーの参入も予想されることから、さらに市場は拡大することが予想だれるそうです。水素水の市場

販売ルートも、通販に加えて店舗販売、美容での導入などが急速に増え、来期はさらなる市場拡大が見込まれるものの、メーカーの間での競争による淘汰などで業界整理の可能性も予想されのだそうです。

  詳しく見る ⇒ 健康産業新聞

 

水素水は薄毛対策に有効

水素水は薄毛対策に有効です。

過剰な活性酸素は老化や様々な病気の原因になるのですが、髪の毛を生み出す毛母細胞をも攻撃し、髪の産生を妨げていることは間違いないのです。

  詳しく見る ⇒ 活性酸素は薄毛の原因

水珊瑚の粒.の薄毛育毛効果

しかし、問題はどの水素水を選ぶかです。

どの水素水を選ぶかが重要

現在、通販やネット、あるいは店舗で売られている水素水の数は水素水の数は100種類以上あるそうで、さらにウオーターサーバーを入れるともっと多いそうです。

  • 本当に効果があるのか?
  • きちんと水素が入っているのか?

水素水は、臭いも、味もしませんから、メーカーのいうことを信じるしかありません。

杏林大学健康学部の平岡教授は、「飲むと健康に良いと宣伝されている諸水製品の実態の検討」という研究報告を出しています。

  詳しく見る ⇒ 飲むと健康に良い緒水製品の実態の検討

研究では、

  • その製品の抗酸化活性
  • 県強者における飲用効果

を調べているのですが、

  • 水素水は活性酸素を除去した
  • 健常者では明確な抗酸化作用を検出できなかった

として、

ヒトを対象とした論文で報告していなければ信用に値しないと見なす方が無難

と結論しており、購入する製品の見極めが非常に重要です。

 詳しく見る ⇒ 水素水は薄毛に有効なのか

薄毛に有効な水素水を選ぶポイント

薄毛対策で水素水を購入するには、薄毛に効果がある水素水を選んで下さい。

凄い数の水素水が販売されているのですが、意外と簡単なのです。

水素水を選ぶ重要なポイントは3つ、こののポイントさえ抑えれば、意外と簡単に良い水素水を見つけ出すことが可能です。

水素水を選ぶポイント

  1. 容器は何を使っているか?
  2. 水素がしっかり入っているか?
  3. どこの水を使っているか?

ということです。

Sponsored Link

水素水の容器

清涼飲料水の容器には、

  1. ガラス瓶
  2. プラスチック容器
  3. 紙パック
  4. アルミパウチ容器
  5. アルミ容器

と様々ですが、

水素水では、

  1. アルミパウチ容器
  2. アルミ容器

でなければ絶対にいけません。

水素水の容器

水素分子は非常に小さいことからプラスチックや紙はすり抜けてしまい、保存中に水素は抜けてしまいます。

水素はきちんと入っているか

水素水とは、通常の水よりも溶け込んでいる水素の量が多いという水ですから、しっかり水素が入っているか、これこが一番重要なポイントです。

水に溶けている水素分子の濃度は、「水素濃度」、「溶存水素」あるいは、「溶存水素濃度」と表示され、ppm(part per million)という単位で比較され、1ppmというのは、1リットルの液体に1mgの水素分子を含む濃度ということに。

常温、常圧における水素の飽和濃度はおよそ1.6ppmであることは科学的事実であり、1.6ppmが常圧で水素が溶ける最大値ということになります。

2.0ppmとか2.6ppmとかの高濃度の水素濃度を特徴にしている製品もありますが、きっちり密閉して圧力をかければ、その時点では高い水素濃度が保てますが、飲もうとして蓋をあけた瞬間に常圧となり1.6ppm以上の水素はすぐに抜けてしまいますから、私達が口にするときの最高濃度は1.6ppmなのです。

水素水の水素濃度は信じるしかない

通常の水道水やミネラルウオーターにも水素は溶存していますがその濃度は非常に低いものです。

天然水やミネラルウオーターなどの電気分解方式などの種々の方法で水素を高濃度に溶解させたものが水素水です。

水素の飽和濃度はおよそ1.6ppmで、どの製品もこの限界濃度の水素が含まれていることを謳っていますが、1.6ppmでも1.0ppmでも見た目も味も色も全く違いが分かりませんから、私達はメーカーの数字を信じるより仕方がありません。

もっとも、水素濃度計や水素s濃度測定キットなども販売されていますので、自分で測ってみれば良いのですが、あくまでも簡易測定であり、また多くの製品を比較測定する手間や購入のたびに測定する煩わしさなどを考えると現実的ではありません。

水素水の水素濃度

 

玉石混淆の水素水市場は、商品によっておよそ0.2ppm〜1.6ppmと溶存水素量に大きな差があるといわれています。

さらに、この溶存量を明示していない商品も出回っていますので、水素水を選ぶ時には、「水素水」「高濃度」といった商品ラベルに惑わされず、必ず溶存量をチェックすることが大事です。

  • 大手メーカーの水素水
  • 口コミで評判の良い水素水

これが安心の目安になると思います。

 

どこの水を使っているか

水素水は、水に人工的に圧力をかけて水素を含有させたものです。

原料となる水は商品によって様々ですが、飲みやすい天然の軟水(カルシウム含量の少ない水)を使って異いる製品が多いようです。

カルシウム分が多い水は硬水といって下痢をする人も多いのです。

水素水がどんな水を使っているかは製品や企業会社のホームページなどに記載されているので必ずチェックする必要があります。

調べてみる限りにおいては、売れ筋の水素水は日本名水百選という国が定めた名水を使っているところが多いようです。

水素水の原水

しかし、名水だからといって必ずしもあなたに合うとは限りませんし、湧水量の関係などで名水に指定されていない名水もたくさん有りますので、試しに購入してみることも良い方法でしょう。

どうしても判別つかなければ、

  1. 大手企業の製品を選ぶ
  2. 評判の製品を選ぶ

ということも良い方法だと思います。

人気の水素水は?

玉石混淆の水素水市場で、商品によって0.2ppm〜1.6ppmもの溶存水素量に差があるともいわれていますが、溶存水素濃度の高い商品を選ばなければただのミネラルウオーターです。

水素濃度が変わっても色も味も変わるわけではなく目や舌で確認出来ませんので、水素水を選ぶときには、「大手メーカの商品」、「評判の水素水」が目安になります。

ネットでの口コミなどを比較して、下記のランキングを作ってみました。

  1. 浸みわたる水素水

    販売会社 : アビスト(株)&水素健康医学ラボ(株)との共同研究し
    評判 : 楽天ランキング 総合ランキングにて3冠など国内水素水ランキングで10冠王。売上本数1,000,000本を突破。
    溶存水素量 : 2.2~2.6ppm(出荷時)、0.8ppm~0.4ppm(飲用時のネットでの評価による)
    水源 : 熊本県 菊地水源系
    容器 : アルミパウチ
    容量 : 500ml
    100mlあたりの価格  : 約42円(定期購入における最安値)

        詳しく見る ⇒ 浸みわたる水素水 

  2. 仙寿の水

    販売会社 : 健康家族 (にんにく卵黄で有名、創業39年)
    評判 : 高濃度ナノ水素水、250mlの飲みきりサイズ、元宝塚の一路真輝も飲用、販売累計500万本
    溶存水素濃度 : 1.2~1.6ppm(容器表示)
    水源 : 熊本県 霧島山系
    容器 : アルミパウチ 
    容量 : 250ml
    100mlあたりの価格 :  約90円(定期購入における最安値)

  3. 還元性水素水

    販売元 : 伊藤園(お茶の飲料で有名)
    評判 : 水素が抜けにくいアルミ缶を使用し缶内のギリギリまで水素水を入れることより水素が抜にくい
    溶存水素濃度 : 1.9~2.5ppm
    水源 : 大分県湯布院を望む鹿鳴越山系
    容器 : アルミ缶
    容量 : 310ml
    100mlあたりの価格 : 約48円(定期購入における最安値)

良い製品を選んで薄毛対策

水素水は薄毛対策に有効です。

過剰な活性酸素は老化や様々な病気の原因になるのですが、髪の毛を生み出す毛母細胞をも攻撃し、髪の産生を妨げていることは間違いないのです。

水素水を選ぶ時には、「水素水」「高濃度」といった商品ラベルに惑わされず、必ず溶存量をチェックすることが大事です。

しかし、色、味などでは分からないため、

  • 大手メーカーの水素水
  • 口コミで評判の良い水素水

これが安心の目安になると思います。

0.1ppmの水素水も0.8ppmの水素水もその効果に差があまり見られないという研究もあるようですから、高濃度の水素水の方が良いとは必ずしも言えないようです。

適切な濃度(0.6~1.6ppm)の水素水を定期的に毎日摂取するということの方が重要なようです。

Sponsored Link

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ