夏には髪の毛の紫外線対策をしていますか?

最近は真夏のような日射しです。

紫外線もいよいよ強くなりますが、紫外線対策が重要です。

あなたは髪の紫外線対策をしていますか?

紫外線対策は顔や腕などばか気に留めますが、髪にも気を使って下さい。

無防備な髪の毛の紫外線対策

日射しは上から注ぎます。

顔や首、腕の日焼けばかりを気にしますが、帽子などで頭の紫外線対策をしていない場合には、頭は顔の2倍以上の紫外線を浴びるているのです。

紫外線による日焼けが気になる部分は、、とのアンケート調査((株)リベルタ)の結果では、顔、首、手の甲についで、髪の毛は4番目だったそうです。

顔の2倍もの紫外線を浴びているのに、気にしている人は意外に少ないのです。

紫外線が気になる体の部分

最近は、テレビの天気予報でも紫外線情報を放送していますが、紫外線は5月から強くなります。

紫外線は真夏!とお思いでしょうが、連休明け頃の紫外線は7月、8月の紫外線量とさほど違わないのです。

紫外線の月別照射量

紫外線対策は5月から始めて下さい。

Sponsored Link

髪の毛は紫外線に弱い

紫外線は波長がultraviolet)は波長が10 – 400 nmの光で私達の目には見えない光です。英語ではultra-violetといいますので、UVと表記されることが多いですね。

UVには、UV-A波、UV-B波、UV-C波の3つが有るのですが、UV-C波はオゾン層で吸収されてしまいますので、地上に届くのはUV-A波とUV-B波の2つですが、UV-B波もオゾン層で一部が吸収されますので、UV-A波が最も多いのです。

紫外線は髪の毛に悪い

UV-A波はオゾン層でも吸収されず、もっとも強いUVで、カラスも通過するのですが、私達の体に対する強さでは、UV-B波がもっとも強く、日焼けを引き起こし、長時間当たれば皮膚癌の原因にもなります。

UV-A波はUV-B波程強くはありませんが、皮膚の奥まで届き、長時間浴びればシワやタルミなど肌の老化の原因になります。

紫外線の皮膚に対する影響

髪の毛は紫外線に弱い

髪の毛はメラニン色素により紫外線を吸収する自己防衛機能があるのですが、最近では女性のほとんどの方が髪の毛のカラーリングをしているため紫外線を吸収してくれるメラニン色素がぬけて紫外線の影響をより受けやすくなっているのです。

髪の毛の97%以上はケラチンという蛋白質で作られています。

から珍は皮膚や爪などの角質層を作っている成分で、18種類のアミノ酸で構成されている蛋白質です。

蛋白質は、アミノ酸がシステイン結合という結合により作られているのですが、紫外線を受けるるとシステイン結合が切れてしまいます。

髪の毛の構造

紫外線でダメージを受けた髪の毛は、キューティクルが痛み、壊れ、しまいにはキューティクルが剥がれてしまいす。

髪の毛には皮膚とは違って再生機能がないのです。

髪の毛は、

  • ばさばさ
  • ゴワゴワ
  • ガサガサ
  • 切れ毛
  • 枝毛

などの大きなダメージを受けるのです。

さらに、紫外線は髪の毛の内部のメラニン色素も分解してしまいます。

海水浴の後に髪の毛が退色して赤茶っぽくなった経験はありませんか?

これが髪の毛の日焼けです。

しかし、日焼けは「光老化」という老化現象で、光老化は、紫外線を浴びた時間や強さに比例して顕著に現れるのです。

髪の毛の再生には2~3年もかかってしまいます。

 頭皮と髪の毛の紫外線対策

夏の強い日射しを受けると、肌と同じように頭皮も水分や脂のバランスが崩れ頭皮自体の防衛力も低下してしまいます。

頭皮が日焼けすると、頭皮自体がダメージを受けるだけでなく、直ぐ下にある毛根部の毛母細胞や毛乳頭細胞がダメージを受けて育毛が低下してしまいます。

紫外線による日焼けについてのアンケート調査((株)リベルタ)をおこなった結果では、頭皮や髪の毛の日焼け対策を行っていた人はほとんどゼロだったそうです。 

UVカットを使う体の部分

 

年配の方は日傘を差している方も多いのですが、若い方は日傘は煩わしいことから日傘を使わない方の方が多いですし、帽子も髪の毛のファッションの関係で被る方が少ないですね、、、。

ましてや男性になれば、帽子はおろか日傘を使う方は皆無に近いです、、、、。

しかし、薄毛を気にされている方は髪の毛や頭皮に対する紫外線の影響を真面目に考えるべきことなのです。 

髪の毛のUVカット商品も販売されていますが、スプレーしっぱなしにしておくことは逆に髪の毛や頭皮を傷めてしまうというデメリットもあります。

髪の毛の紫外線対策で、一番良いのは、

保湿性のあるシャンプーを使うこと

です。

紫外線でダメージを受けた髪の毛はキューティクルが傷ついているので、乾燥がもっとも良くないのです。

高級アルコールの石油系シャンプーは頭皮や髪の毛の皮脂をほとんど洗い落としてしまいます。夏場は、サラサラした髪の毛がサッパリ感を感じさせますが、紫外線でダメージを受けた髪の毛には乾燥がもっとも良くないのです。

日傘や帽子を使わないのであれば、せめて髪の毛の湿度を保つアミノ酸系シャンプーを使って下さい。

  ⇒ アミノ酸系シャンプーはウーマシャンプー

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ