髪の毛にいい食べ物だけでは若ハゲは防げません、遺伝するのです  

ハゲの原因にはたくさんの要因などがあります。

  • 年齢や遺伝
  • 栄養バランス
  • 睡眠不足などの不摂生
  • ストレスの過多
  • 頭皮の血行不良
  • 頭皮の皮脂分泌過剰
  • 喫煙

今までお話ししたように、

栄養素の偏りや栄養素の不足は髪の健康を損ない、若ハゲの原因なるのです。

栄養素の偏りは若ハゲの原因の一つ

髪の成長に最も必要な栄養素は、

  • 蛋白質
  • ビタミンB群
  • 亜鉛
  • オメガ3脂肪酸

ですから、髪の健康を保ち、若ハゲにならないためにはこれらの栄養素を食品あるいはサプリメントで補う必要があります。

若ハゲには遺伝も関与しています

蛋白質やビタミン、亜鉛、オメガ3脂肪酸を過不足無く摂取し、規則正しい生活を送れば若ハゲにならないかといえばそうではありません。

そうではありません。

ハゲは遺伝するという言葉を聞いたことがありませんか?

若ハゲは若年性AGAのことです

ハゲは遺伝するのかという疑問の前に、若ハゲということを理解してください。

若ハゲとは、若年性AGAのことです。

AGAとはAndrogenetic Alopeciaの略語で、日本語では男性型脱毛症といいます。

通常のAGAは30代後半から50代で見られるのですが、10代後半や20代前半でみられるのが若年性AGAなのです。

AGAについては、また改めて詳しく説明いたしますが、男性ホルモンが関与しています。

M字ハゲの原因は男性ホルモン

 

テストステロンという男性ホルモンは、5α-リダクターゼという酵素によって、活性がさらに高いジヒドロテストステロン(DHT)というホルモンに変化するのですが、このホルモンが毛母細胞に作用すると、髪の成長を妨げてしまうのです。

Sponsored Link

ハゲは遺伝する

AGAは、テストステロンが5α-リダクターゼによってつくられるDHTの作用によるもので、要因としては、

5α-リダクターゼの強さ(変化する力)
DHTに対する毛母細胞の感受性(反応する力)

によって、若年性AGAの程度が決まるのです。

“変化する力”、“反応する力” が強ければ強いほど若年性AGAになるのです。

“変化する力”、“反応する力” に、栄養素やストレスなどの環境要因が加われば、若ハゲのスイッチが入り、若ハゲが進行することになるのです。

 

“変化する力”、“反応する力” るは遺伝するのです。
“変化する力”、“感受性”は性染色体“XY遺伝子”で遺伝するのです。

性遺伝子は、男がXY、女がXXです。

男性の場合で説明すると、Yは父親からXは母親からもらうので感受性は母親から受け継ぐことになります。

となれば母親にも父親、母親がいるわけですから特定の“X“は母方の祖父からもらったという可能性もあります。

中学校で習ったメンデルの法則なのですが、チョット難しかったでしょうか、、

M字ハゲの遺伝様式

つまり『母方のお祖父ちゃんがハゲていたら孫もハゲる』ということで、その確率は2/3になります。

 
Sponsored Link

若ハゲの予防には育毛剤が有効です

若ハゲの原因は、テストステロンが5α-リダクターゼによってつくられるDHTの作用によるもので、5α-リダクターゼの強さや、DHTに対する感受性は遺伝するということがお分かりいただけたでしょうか。

それに、栄養素、ストレス、頭皮の血行不良などの環境要因が加われば若ハゲ(若年性AGA)は一気に進行します。

お祖父さんやお父さんがハゲていた貴方もハゲます

お祖父さんやお父さんがはげていた貴方も、ハゲの遺伝子を受け継いでいます。

しかし、“スイッチ”が入らなければ若ハゲは始まりませんから、若ハゲには予防が必要なのです。

M字ハゲは遺伝する

では、どうすれば良いのか、、

AGAの原因は、5α-リダクターゼによるDHTが主役を演じているのですから、DHTをつくらないようにすれば良いのです。

そのためには、5α-リダクターゼが働かないようにすれば良いのです。

5α-リダクターゼ抑制作用のある育毛剤がある

若ハゲをストップさせるには、5α-リダクターゼを抑制すれば良いのですが、5α-リダクターゼ抑制作用のある育毛剤があります。

薬用プランテルという育毛剤です。

薬用プランテルは、ヒオウギ、牡丹、ビワ葉などの植物エキスからできている育毛剤ですが、ヒオウギエキスにはイソフラボンという女性ホルモンの働きを持つ成分が含まれており、イソフラボンが5α-リダクターゼを抑制するのです。

イソフラボンの5α-リダクターゼ抑制作用については、がん研究センターなどの化学論文でも立証されています。

 

薬用プランテル(医薬部外品)

【効能・効果】
育毛、薄毛、かゆみ、脱毛の予防、毛生促進、発毛促進、養毛

【配合成分】
有効成分:セファランチン、グリチルリチン、センブリエキス
その他の成分:ビワ葉エキス、海藻エキス、牡丹エキス、シナノキエキス、ヒキオコシエキス、ヒオウギ抽出液

【使用方法】
朝夕の髪の手入れ時に頭皮に適量を振りかけよくマッサージをする。洗髪後には水気をふき取ってから使うこと

関連記事(一部広告を含む)

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ