若ハゲを防ぐには髪の毛にいい食べ物と規則正しい生活

貴方も薄毛を気にしているように、

若い人の薄毛、いわゆる若ハゲが増えているのです。

若ハゲが増えている

これには色々な原因があるのですが、日本頭髪学会によれば、

ストレスの多い不規則な生活
不規則で偏った食生活

が大きな原因であると述べています。

前の頁にも書きましたように、「髪に良い食品ベスト10」を監修したVictoria Barbosa,博士も述べているように、「健康な髪は健康な身体が造る」のです。

若ハゲとは、10代後半から20代前半の年代で見られる薄毛のことをいうのですが、この年代では、大学受験や就職など、人生で非常に大きなイベントが重なり、心身とも大きなストレスを抱えている時期なのです。

ハゲや薄毛の一般的原因としては、

  • 年齢や遺伝
  • 睡眠不足などの不摂生
  • ストレスの過多
  • 栄養バランスの乱れ
  • 頭皮の血行不良
  • 頭皮の脂質分泌過多
  • 喫煙

など、多くの原因があるのですが、若ハゲが見られる10代後半から20代前半の世代では、

  • 睡眠不足などの不摂生
  • ストレスの過多
  • 栄養バランスの乱れ
  • 喫煙

など、ハゲになる原因が集中しているのです。

髪の毛にいい食べ物と必要な栄養素

前の頁にはアメリカの専門家が纏めた「髪に良い食品ベスト10」を記載しましたから、是非ご覧になってください。

日本でも、「髪にはわかめが良い」、「ひじきを食べれば髪が伸びる」といいます。

わかめやひじきなどには豊富なミネラルやビタミン、食物繊維が含まれており髪にとって必要な栄養素が含まれています。

しかし、「コンブやひじきを食べると髪が生える」という諺には医学的根拠が少ないとされています。美しい髪を維持するために海藻類を食べることは無意味ではないのですが、コンブを食べれば髪が生えるということはありません。

髪の毛にいい食べ物と必要な栄養素

蛋白質:

髪の97%は蛋白質で造られています。蛋白質が不足すると髪が細くなったり、色素細胞の機能が低下して白髪が増え傾向にあります。

オメガ3脂肪酸:

最近の研究で、オメガ3脂肪酸という不飽和脂肪酸が髪の発育に必要であることが分かってきました。不飽和脂肪酸は体内で合成することが出来ませんので、食物から摂る必要があります。
オメガ3脂肪酸は、髪の根幹となる毛幹を作ったり、頭皮の細胞膜を作ったり、頭皮や髪が乾燥するのを防ぐ働きをしています。したがって、不足すると髪が乾燥し、もろくなり、髪の毛の成長が遅くなり、ふけも増えたりします。
鯖などの青魚に含まれているDHAやEPA、植物油・ナッツ類に含まれるαリノレン酸などもオメガ3脂肪酸に分類されます。

ビタミンは他の栄養素がうまく働くための潤滑油のような存在で、当然強くて美しい髪を作るためにも重要です。ほとんど体内で作れないので、食事でしっかりとる必要があります。ただし過剰摂取は逆に体によくないので注意。

ビタミン類:

ビタミンは身体の新陳代謝に不可欠なものです。
ビタミンAは、頭皮の新陳代謝を促進させ、健康に保つ働きがあり、不足すると乾燥しやすくなります。
ビタミンB類は、蛋白質の代謝に必要で、他にも頭皮の健康を維持したり、血行をよくする働きがあります。

亜鉛:

亜鉛は様々な酵素の生成に重要で不可欠ななミネラルです。特に髪においては、M字ハゲの原因である5αリダクターゼを抑制する働きがあるとされており、抜け毛対策は重要な栄養素です。

Sponsored Link

 

若ハゲには睡眠やストレスも大きく関与している

規則正しい生活やストレスが若ハゲやハゲとどんな関係にあるんだろう、、、と思っていませんか?

“寝る子は育つ”ということわざがありますが、単なる言い伝えではないことはご存じですよね。

身体の成長を支配している成長ホルモンは寝ている間に分泌が盛んになるのです。

髪の成長も身体と同様に成長ホルモンに支配されているのです。

髪は、毛根部分にある毛母細胞によって髪の赤ちゃんである“繊毛”が生み出され、この繊毛が毛母細胞の側にいある毛乳頭という細胞から成長の刺激を受けて成長し、やがて皮膚の上に顔を出すのです。

 

発毛の仕組み

 

良い睡眠を取ることは髪の成長を促す上で重要なのです。

 

ストレスやタバコは髪とどんな関係にあるかご存じですか?

ストレスもタバコも髪にとって同じような悪影響を与えているのです。

猫が驚いた時には背中の毛が逆立ちますよね、、、
人間も驚いた時に頭の毛が逆立ったは漫画をよく見ますよね、、

これは、ストレスや恐怖の時には毛の根元にある立毛筋が収縮して毛を逆立てるのです。
これは身体を大きき見せて敵を威嚇するためなのですが、皮膚が緊張で硬くなります。

皮膚が硬くなると、頭皮の毛細血管が圧迫して血行が悪くなります。

血行が悪くなると、毛母細胞や毛乳頭に充分な酸素や栄養素が行き渡らなくなるのです。

タバコも同じです。タバコのニコチンには血管を収縮させる作用が有り、頭皮の血管も収縮させますので血行を悪くして毛の発育を阻害してしまうのです。

 

若ハゲを防ぐためには髪に良い食べ物をバランス良く摂って規則正しい生活を送ることが大事なのです。

Sponsored Link

関連記事(一部広告を含む)

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ