M-1育毛ミストの成分と効果をわかりやすく解説します

M-1育毛ミストの効果はわかりにくすぎる!

家内がM-1育毛ミストを使い始めて3ヵ月になります。

髪のコシが出てきたみたい、、と喜んでいるんですけど、友達に勧めるにしても「なぜ効くのかが難しすぎて説明できない」と、ぼやいています。

M-1育毛ミストを家内に勧めたのは僕ですから、家内の友達にに分かりやすく説明するために書いてみました。

M-1育毛ミストの興味を持った貴女もこれを読めば分かっていただけると思います。

M-1育毛ミストの効能は難しすぎる

M-1育毛リストの公式ページを見ても、

  • マイクロセンサー理論
  • デュアルアクション
  • ナノ技術

と難しい説明ばかりで、何だか分かりませんよね、、。

科学や生物学に強い私でも、世界毛髪会議で受賞したという「マイクロセンサー理論ってなに?」と疑問です。

初回購入したときの特典として、『マイクロセンサー理論の全て、育毛発毛の正しい知識「育毛ガイドブック」』というのが付いてきたのですが、やや詳しく書いてあるので出来るだけ簡単に分かりやすく説明したいと思います。

M-1育毛ミストの特典

 

M-1育毛ミストの成分

まずは、M-1育毛ミストの成分です。

最近販売されている育毛剤の成分表を比較すると、メチャクチャたくさんの成分が含まれています。20種類を超す成分が含まれていたりして、何がどう効果が有るのか全く分かりません。

M-1育毛ミストの有効成分って本当に少ないんです、、、、わずか数種類しかありません。

M-1育毛ミストの有効成分

含まれる成分と効果を見てみますね。

厚生労働省が、効果が有るとして認可した「医薬部外品」では全成分を表記する必要はないのですが、M-1育毛ミストの成分はたったの5種類と水だけです、、、

 

成分 効能
加水分解酵母エキス マイクロセンサー理論を元に配合され、デュアルアクションにより発毛を促進する
加水分解ケラチン 紫外線などから頭皮を守る際に働くケラチノサイトという細胞を手助けする
グリチルリチン酸K2 甘草の主成分で、頭皮の雑菌を殺菌して頭皮環境を清潔に保つ
センブリエキス 頭皮の毛細血管の血流を改善し、頭皮環境を整える
ニンジンエキス 保湿効果、血行促進、代謝改善、頭皮の炎症予防、フケ予防がある
精製水  
M-1育毛ミストの有効成分は酵母エキス

酵母とは有機物を利用しながら育つ微生物ですね。

味噌や醤油を作るときの酵母、日本酒を発酵する酵母、パンを作る酵母、日本酒を造るときの酵母、チーズを作るのにカビ酵母など、たくさんの発酵食品を作る過程で酵母が利用されましたは、酵母は栄養分が豊富で、発酵工業をはじめ種々の食品工業で使用されているのですが、酵素ダイエットなど、最近ブームになっている酵素飲料は酵母の酵素から作られているのです。

酵素には種々の効果が有り、保湿成分や、核酸、ビタミンB2・B6、アミノ酸などを豊富に含み皮膚細胞の修復効果や、肌の水分蒸発防止効果があり化粧品などにも使われています。

加水分解酵母エキスは、酵素を吸収しやすくしたものですが、M-1育毛ミストの発毛作用の主要成分は、酵素なのですが、酵素の種類までは明らかにされていないようです。

Sponsored Link

M-1育毛ミストの発毛効能

最初にも書きましたが、M-1育毛リストの公式ページでは3つの効果を謳っています。

  • マイクロセンサー理論
  • デュアルアクション
  • ナノ技術

ですが、これを調べてみました。

マイクロセンサー理論

髪の毛は皮下の毛包という部分にある毛母細胞が細胞分裂することによって生み出され成長して髪の毛になります。

毛母細胞の直ぐ側には毛乳頭細胞という細胞が有り、この細胞が毛母細胞に種々の成長刺激を送って髪の毛の成長を促進するのです。

M-1育毛ミストの発毛原理

毛乳頭細胞の成長刺激は、毛乳頭細胞にある繊毛(マイクロセンサー)の働きによって発信されるのですが、加水分解酵素エキスが繊毛(マイクロセンサー)を活性化し、FGF-10という成長因子を出して毛母細胞を活性化して発毛を促進するという原理です。

私なりに図示してみたのですが、よく考えれば簡単なことですね。

M-1育毛ミストのマイクロセンサー理論

 

この考え方を証明し、「日本皮膚外科学会」や様々な学会で発表し、「世界育毛会議」で最優秀賞を受賞たのだそうです。

ナノ技術

デュアルアクションを説明する前に、ナノ技術を説明した方が良さそうです。

ナノ技術とは最近よく聞く言葉ですが、要するに微細化技術です。

ナノとは大きさの単位で、ナノミリといったら、一千万分の1ミリです。

M-1育毛ミストの有効成分である加水分解酵母をナノ化することに成功したことから、アルコールの添加も不要になったのです。

通常の育毛剤にはかなりの濃度のアルコールが含まれています(ガスレンジに吹き付けると燃えます!)が、これはスーッとする爽快感のためではなく、有効成分を皮脂がつまった毛穴の奥に浸透させるためで、頭皮や毛母細胞にとっては害になるのです。

デュアルアクション

ナノか技術によって有効成分を微細化することに成功したので、

  1. 毛穴の奥につまる余分な皮脂を除去することが出来る
  2. 毛根にまで有効成分を到達させることが出来る

ということで、頭皮環境を整備し、毛母細胞や毛乳頭細胞まで有効成分を送達できるということのようです。

 

ああ、、、疲れました。
詳しく調べてみるとたいして難しいことではないのですが、「マイクロセンサー理論」とか「デュアルアクション」とか難しい言葉を使うから分からないのです。素直に、「酵母エキスは繊毛を活性化する」、「毛穴を綺麗にして有効成分を中まで届ける」と言えば誰でも分かるにに、、、。
これは、私も含めて科学者の悪い点ですね。自分の説に難しい言葉をちりばめて荘厳化して賢威付けしようとするのですね。

結構疲れました、、、M-1育毛ミストのことについては他の頁にも書きましたので、そちらを参照してください。

  詳しく見る >>> M-1育毛ミスト

    詳しく見る >>> M-1育毛ミストはAmazonで買った方が安いのか

でもこれで、家内もM-1育毛ミストの効果の原理については納得してくれました。

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ