40代女性の薄毛はモヤシで防げ

40代女性の薄毛はモヤシで防ぐことができることを存じですか?

もやしは薄毛に良い

あのスーパーで売っているモヤシです。

 

もやしは完全食品

卵は完全食品だといわれます。

成長に必要な全ての成分をもれなく含んでいるからです。

もやしは、緑豆の種子を発芽させたものですが、種子は卵と同じように成長に必要な者を全て含んでいますから、水を与えるだけで成長が開始されます。

もやしは植物の完全食品です。

 

ブロッコリーのスプラウトに育毛効果がある

ブロッコリースプラウトに髪を増やす効果があるということをお話ししたことがありますが、憶えておられますか?

   詳しく見る ⇒ ブロッコリースプラウトの発毛効能と育毛剤

ブロッコリースプラウトの育毛作用

近畿大学薬学部の川崎直人教授らの研究グループとリーブ21との共同研究によりブロッコリスプラウト、

つまりブロッコリーの新芽ですね、には毛乳頭細胞を約1.8倍に増やす効果や、

細胞分裂などを促進因子や蛋白質の遺伝子発現を増加(約1.4倍)効果が有ることが分かったのです。

  • 毛乳頭細胞が約1.8倍に増殖
  • 血管内皮増殖因子(VEGF)の遺伝子発現が1.4倍に上昇
  • 毛の髪を伸長させる毛乳頭細胞が分泌するBMP4の遺伝子発現が約1.4倍に上昇

 

もやしは緑豆のスプラウト

ブロッコリースプラウトはブロッコリーの新芽のことで、スプラウトとは植物の新芽を指す言葉です。

もやしは、先に言いましたように、緑豆を発芽させたものです。

ブロッコリースプラウやカイワレ大根は、発芽させた後、光に当てますので緑色になりますが、もやしには光をあてないので白いままなのです。

ブロッコリースプラウトは余り見かけません。大きなスーパーでなければ置いていませんし、価格もやや高価です。

ブロッコリーの種子を購入すれば自分で作ることも出来ますが、お忙しい貴女には大変です、、、、

ブロッコリースプラウトの育毛効果は、ブロッコリーの種子だけが持つものではなく、植物の種子が持っている効果なのです。

 

Sponsored Link

 

もやしの薄毛効果

もやしにはビタミンビタミンB1、ビタミンB2、そしてビタミンCやが豊富に含まれていて、育毛に効果的な食べ物なのです。

もやしで薄毛対策

ビタミンB1の働き

ビタミンB1は、疲労回復のビタミンとも呼ばれているビタミンです。

炭水化物 (糖質)の代謝を促すため、白米を主食にしている日本人にとって必要なビタミンで、また、エネルギーをつくる手助けをすることで、神経や筋肉の機能を正常に保つ効果があります。

またビタミンB1が不足すると低血糖状態になり、それが続くと疲労が長期化してストレスが溜まりやすくなり、ひいては薄毛や抜け毛の原因に繋がります。

 

ビタミンB2の働き

ビタミンB2は、粘膜を保護して目や肌を健やかに保つ効果がありますが、食べたものをエネルギーに変えて細胞分裂を促進する働きもあります。

髪の毛の成長は、髪根の部の毛母細胞が毛乳頭細胞から栄養素や成長刺激因子を受け、毛母細胞が細胞分裂を繰り返し起こして髪の毛が成長するのです。

ビタミンB2は、毛母細胞の細胞分裂を促し髪の成長をサポートする働きをしているので、髪の成長に欠かせないビタミンなのです。

ビタミンB2が不足すると、髪の毛の成長が悪くなり、頭皮がベタつくなど頭皮環境も悪化し、抜け毛が増える原因となります。

 

ビタミンCの働き

ビタミンCは、貴女もご存じのように、美肌効果などの効果でしられるビタミンですが、抗酸化作用、抗ストレス作用、コラーゲンの生成など育毛にとって大切な働きをしています。

 

 注目すべきはもやしに含まれるケイ素

もやしにはケイ素が多く含まれます。

ケイ素はシリコンともいわれますが、シャンプーに含まれるのはシリコンではなく、シリコーンです。

  詳しく見る ⇒ ノンシリコンシャンプーは本当に髪の毛に良いのか?

  詳しく見る ⇒ ノンシリコンシャンプーは本当に髪の毛に良いのか?(その2)

 

シリコンは、ビタミンやミネラルが効率よく吸収されるために必要な栄養素で、もやし(豆のスプラウト)、キュウリの皮、ピーマン、ポテトなどの多く含まれるのです。

骨や細胞壁を構築し、かつ強くしてくれるのです。

 

皮膚・軟骨・骨・大動脈などにケイ酸として存在して、コラーゲンを束ねる効果があることから、ケイ素欠乏の場合には、

  • 爪が割れやすい
  • 髪が抜けやすい
  • 皮膚がたるむ
  • 動脈硬化が進行する

などの症状が見られ、私達の身体に重要で、美容にも大切な成分なのです。 

 

 リーブ21オススメのもやし料理

もやしは価格の王様でここ十年安定した低価格を示していますが、残念ながら最近は中国の緑豆の高騰により価格が上がっていますが、それでもまだ他の野菜に比べて安く、いつでも手に入る食材です。

もやし=もやし炒め を連想しますが、もやしにも様々な食べ方があります。

 

貴女もご存じの発毛専門リーブ21でも、「髪にやさしいレシピ」としてたくさんのもやし料理を紹介しています。

 

もやしの5色炒め、豆もやしのスープ、もやし鍋などいろいろなもやし料理を紹介していますが、寒い季節にはオススメなのが、もやし鍋です。

材料は、もやし、豚バラ肉、シメジ、にらだけで、髪にだけでなくお財布にも優しいレシピです。
我が家ではこれにお豆腐を足しています。

もやし鍋

もやし鍋で薄毛対策

材料(4人前)

豚バラ肉 300g
もやし 2袋
しめじ 1パック
にら 1束

作り方

(1)豚肉は食べやすい長さに切り、酒少々(分量外)をふっておきます。食感がよくなるので、もやしはひげ根を取り、水洗いして水気を切り、しめじは石突きを取って小房に分け、にらは5~6cmの長さに切ります。
(2)ピリ辛だれの材料を合わせて、よく混ぜておきます。
(3)鍋にもやしの1/3~1/4量を敷き詰め、その上に豚肉、しめじ、にらを各々適量(豚肉は重ならないように)並べ、塩とお好みで黒こしょうをふります。
(4)(3)の作業を材料が無くなるまでくり返し、最後に酒をかけてふたをします。
(5)弱火~中火で蒸し煮にし、豚肉に火が通ればできあがりです。ぽん酢しょうゆや、合わせたピリ辛だれにつけていただきます。

 

Sponsored Link

 

内からはもやしで外からは育毛剤で薄毛退治

このサイトで何回も書いてきたことですが、40代女性の薄毛は必ず回復できるものです。

更年期に伴うホルモンバランスの変化に伴う薄毛だからです。

更年期障害はいずれ解消するように、薄毛もいずれ解消するのです。

 

しかし、その間の生活の仕方が大事なのです。

ストレスを溜めない、髪に良い食べ物を食べることが大事です。

 

そして早く回復するためには、髪に良い育毛剤を使ってみることも良い方法ですが、40代女性ではM-1育毛ミストのように、発毛促進(毛母細胞を活性化する)育毛剤でなければ効果が薄いということを頭に入れておいて下さい。

 

妻の髪は、「髪に良い食べ物」+「髪に良い育毛剤」で、ずいぶんコシが出てきたと喜んでいます。

 

関連記事(一部広告を含む)

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ