若ハゲで死にたいほど辛いときにやるべき5つのこと

若ハゲは気になります、、、
考えれば考えるほど気になるものです、、
でも悩んでも、苦にしても毛が生えてくることないのです。
では、どうすれば良いのか、、、

①誰をも恨まないこと

若ハゲやM字ハゲは遺伝する!

オヤジもM字ハゲだ!

若ハゲに産んだ親を恨む!!!

若ハゲは遺伝するというが良く言われることから、親を恨んだりする人がいますが、これは止めましょう。親を恨んでも若ハゲは治りません。

確かにハゲは遺伝すると言われています。

ハゲは隔世遺伝するとか、お祖父ちゃんもお父さんもハゲげていたら自分もハゲるとか、いいますが、それは間違いではありません。

【若ハゲは遺伝する】というページにも書いたのですが、祖父や父親がハゲていれ場あなたもも確率的にハゲる要素を受け継いでいることには間違いありません。

ハゲの遺伝は量的形質

遺伝には、『質的形質』と『量的形質』というものがあります。

 質的形質 : 髪の毛の色、肌の色、血液型 など

 量的形質 : 身長、肥満、ハゲ など

お父さんやお母さんは髪が黒かったら子供の髪の毛は黒と決まっています。AA型とAA方の両親から生まれたこの血液型はAA型と決まっています。これが質的形質です。

量的形質とは、肥満体のお父さんとお母さんから生まれた子供は肥満する要素を持っていますが、食生活を管理すれば肥満することはありません。

ハゲは量的形質

 

お祖父さんやお父さんがハゲていれば、あなたもハゲの要素を持っていると思われますが、ハゲてしまったのであれば、あなた自身が悪いのです。

他人を恨んだところで、ハゲは治りません。

Sponsored Link

②前向きに考える

薄毛に悩んでいる人は貴方だけではありません。

国内でハゲに悩む男性は1,260万人もいるといわれています。

国内の成人男性は4,200万人ですから、成人男性の3人に1人はハゲに悩んでいると言うことになります。

薄毛やハゲで悩んでいるのは貴方だけではありません、仲間は沢山いるのです。

ハゲを治すにはクヨクヨすることは良いことではありません。

病は気から、といいますが、育毛も気からです。

これは決して気休めではありません。

育毛を盛んにするには頭皮の血行を良くする必要があります。クヨクヨ考えたり意気消沈することによって交感神経が活発になり毛細血管は収縮して血行が悪くなります。頭皮の発育は命に関わるものでは有りませんので、身体の重要度からも低く身体の維持においても後回しになってしまい、悪い傾向に傾いてしまいます。

リラックスして交感神経を高めることは頭皮の血行をも良くするのです。

ソフトバンクの孫正義さんのツイッターを読んだことがあるでしょうか。

非常に前向きに考えています。

その名言は、『髪が後退したのではない、私が前進したのだ』、素晴らしい発想の転換です。

③食生活を見直す

②でも言いましたように、ハゲの遺伝は量的形質です。

 遺伝的要素 に 環境要因 が加わって初めて ハゲ が始まるのです。 

環境要因の大きな因子は食生活です。

昔はこれほど薄毛や若ハゲに悩む人はいなかったといわれています。

薄毛や若ハゲが増えた原因は『食生活の西洋化』があると言われています。

脂肪の多い肉中心の食生活、ファストフードやインスタント食品の摂り過ぎ、、、、

貴方の食生活も少し見直してみませんか?

髪に良い食品は、『まごわやさしい』だといわれています。

まごわやさしレシピ

 

食生活の改善はなかなか難しいものですが、昼食を外食するときも、和食総菜屋さんを選んでみるなどを心掛けてみたらいかがでしょうか。

1日1回だけの心掛けでも1/3ですから、非常の多いウエイトです。

また、どうしても食事を変えることができないときには、サプリメントの使用なども効果的で、『しじみ習慣』などは髪によいミネラルやアミノ酸を簡単に補うことができます。

 

④育毛剤を使ってみる

食生活の改善、生活の改善だけでも若い貴方ですから必ず改善の傾向に進むことは間違いありませんが、あなたの薄毛に合った育毛剤を使うことにより、より回復を早めることが期待できます。

若ハゲといわれる若年性AGAには男性ホルモンが関与していると言われています。

DHTが髪の毛の成長を抑制

若ハゲを防ぐには5α-リダクターゼという酵素を抑制して、DHTの産生を防ぐ必要があります。

AGAに最も効果が有るのはプロペシアです。プロペシアは医療用医薬品で医師の診察を受けなければ手に入れることはできませんが診察は簡単で、費用も1ヵ月に1万円程度です。

しかし、プロペシアには性機能に関する副作用が報告されており、性欲減退、勃起不全、精液産生障害などの危惧が有り、また20歳未満の男性や女性では服用することができません。

リアップは最も売れている育毛剤で薬局で購入出来ますが、リアップには5α-リダクターゼ抑制作用がなく、若ハゲである若年性AGAの予防には不充分です。

5α-リダクターゼ抑制作用がある育毛剤

副作用がなく、5α-リダクターゼ抑制作用がある育毛剤もあります。

薬用プランテルのボトル

商品名でいえば、『薬用プランテル』、『ブブカ』、『チャップアップ』などがありますが、薬用プランテルの成分である植物のヒオウギエキスに含まれるイソフラボンの5α-リダクターゼ抑制作用は科学的にも証明されており、最も効果が有ると判断され、私は最も効果が期待できるものと判断しています(私も使用して1年半になります、、)。

⑤気長に考えること

髪の成長は、1日に0.3ミリから0.4ミリと非常にゆっくりしたものです。

また、髪の毛には毛サイクルといって発毛の周期があり、育毛剤を使ってもそれを早めることはできず、それ以上に無理に毛サイクルを早くするような薬物を使うことは毛根が癌化する危険があるとさえ言われています。

脱毛症の医療用医薬品でさえ効果を実感するまでには6ヶ月かかるといわれていますし、リアップでも発毛までには4ヶ月は使うことと明記されています。

プロペシアの発毛は6ヵ月必要

どの育毛剤を使っても、半年は使用してみる必要があります。

若ハゲで悩んでいる貴方にこんな言葉を言っても気休めにしかならないかも知れないのですが、頭髪が薄くなっても命に関わるものでは有りません。

貴方が自分の薄毛を気にしているほど他のヒトはあなたの薄毛を気にしていないのです

ソフトバンクの孫サンのツイッターをもう1回読んでみてください。

孫正義のハゲ名言

『髪の毛が後退しているのではない。私が前進しているのである』

気持ちが柔らかくなりませんか?

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ