ハゲは得する?損する?

昨日は、「ハゲは得か損か」という話をしたのですが、

今日も引き続いて、「ハゲで得をする」話をしたいと思います。

 

 ハゲを活かして商売

昨日の話の中に、

「セールスの仕事をしていますが、ハゲています。初めて新しい顧客を訪れたときに、若い邪険に扱われることが多いのですが、ハゲているせいか年齢が上に見られ、丁寧に応対して貰えることが多いです」

というのがありましたが、

もう少しハゲを積極的に利用とする話です。 

 

 アメリカのテキサス州での話なのですが、自分のハゲ頭を広告スペースとして売り出すサービス会社を立ち上げたのが、ブランドン・チコットスキーさん(27歳)。 

Bald LogoをWEBサイトで立ち上げたところ、問い合わせが殺到しているのだそうです。

 

 

 サービスは至ってシンプル。

「ハゲ・エージェント(頭に広告を入れる人ですね)」の頭に好きな宣伝を入れるだけ。

宣伝は、頭の両側に消せるタトゥーで描くのだそうです。

 

広告を入れたエージェントは、外で人と交流したり、クライアントの希望があれば、イベントやカンファレンスに参加するなどの宣伝活動もするのだそうですが、電車に乗ったり、外を歩くだけでも目立って宣伝になりますよね、、、。

 

さらには、看板やバナーを掲げた女性2人と一緒に、目立つプロモーションもしてくれるそうです!

料金は、1日320ドル。

現在広告を入れるハゲ・エージェントは3名いるそうで、

テキサス州のオースティンを本拠に活動しているのだそうですが、将来的には他の地域にもエージェントを置くのだそうです。

 

BaldLogo 

 ブランドンさんは10代の後半からハゲが進行し、現在ではツルツル。

病気ではなく自然にハゲたのだそうですが、利益の一部は髪の毛を失ってしまう病気の子供たちにも寄付する予定だそうです。

 

Sponsored Link

 

日本ではコストパフォーマンスが悪い

日本でもやれば人気が出るかも、、。

でも、日本人はシャイだから勇気のあるヒトはいるかな? 

と思ったら、『絶対領域広告』というのがあるんですね、、、

 

絶対領域広告

 

顔や女性の太ももなどにロゴを入れるんですね、、。

   ①広告ステッカー12時間以上、「絶対領域」に貼る
   ②その「絶対領域」を異なる場所で二回以上撮影して、写真をSNSなどに投稿する
   ③すると、企業から1000円~1万円/一日ほど貰える

という仕組みなんだそうですが、私はまだ見たことない!!

でも儲かるのかな、、と思ったら、コストパフォーマンスを計算した人がいるのですね。

絶対領域広告のコストパフォーマンス

CPCが3,000円で、CPA(1人あたりの獲得単価)は測定不能だし、良くて1件で10,000円だと思います。これは一般的に、非常に悪い効果です。原因は広告が見づらいことですね。広告のスペースが小さいので文字が読めないと思います。本当に至近距離で「しっかり見る」ことをしないと、判別できません。ググる人数3人も甘めの想定で出しており、実際は0人かもしれません。(WEB等では表示された回数の1%がクリックすれば良い方なので、しっかり見る人が100人いないと誰もググらない。

リアル媒体のティッシュ配りだと、時給1,000円で配らせて、ティッシュ代3,000円だと仮定したときに、7時間でおよそ300個は配れるのでそちらの方がコストパフォーマンスが良いとか、、。

また、絶対領域広告で1ヵ月広告を貼ると30万円かかりますが、バスの外壁一面の広告は30万円だそうですから、そちらの方が目に付きますね。

 

Sponsored Link

 

ハゲの面白い広告 

ちょっと話がわき道にそれてしまいました、、、。

ハゲで得したと、直接ハゲの人が儲けた話ではないのですが、ハゲを使って儲ける話。

この写真、何だか分かりますか?

ハゲの面白広告1

 そうなんです。

アレベーターのドアーです。

 ・閉まっているとき: 頭髪がある男性の写真

 ・開いたとき   : エレベーターの奥にハゲの男性の写真

育毛シャンプーの広告だそうです!

 

カツラの広告かと間違えそうですが、育毛シャンプーの広告なんだそうです。

 

髪の毛アリ → 髪の毛ナシ

なので、「育毛シャンプーを使わないとハゲちゃうよ、、」ってことなんでしょうね。

頭に毛が気になっている人にとっては凄くインパクトの有る宣伝ですね。

 

Sponsored Link

 

次は、、、

なんでしょうか?

ハゲの面白広告2

 

写真をよく見ると分かるのですが、『ひげ剃り器』の宣伝だそうです。

 

写真がなかったら、ハゲ頭が何を意味しているのか分かりませんよね、、、 

「この髭剃りを使うと卵のようにツルツルになりますよ、、」と言いたいのでしょうけど、、、

髪の毛を書き込んで、多い → 少ない → ハゲ としたら、育毛剤の宣伝にも使えるかも。

 

でも、食べ物を使った悪ふざけは、日本ではマイナスイメージですからね。

どうでしたでしょうか、、、

どうもハゲを活かして得をする方法も余りなさそうです。

薄毛が気になったら早めの予防が第一ですね

 

 関連記事(一部広告を含む)

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ