高校生も使える若年性AGA育毛剤は薬用プランテル

高校生の若ハゲが増えています

最近、高校生で薄毛の人が増えています。

これは、若年性AGA(若年性男性型脱毛症)という病気です。

ハゲと聞くと、「歳のせい、、」と思ってしまいますが、10代後半や20代前半の若ハゲは若年性AGA(Andorogenic Alopecia)という病気なのです。

国内に、薄毛で悩む男性は、1,260万人いるといわれて、成人男性の1/4が薄毛に悩んでいるのですが、最近は、

  • 10代後半で薄毛
  • 20代前半で薄毛

のヒトが増えているのです。

10代後半や20代前半の若ハゲは、若年性脱毛症(若年性AGA)で、早めに処置をしないと進行するのです。

下の図は日本皮膚科学会のAGA分類表ですが、AGAはⅡ型からⅦ型まで進行します。

AGAの分類表

AGAは処置をしないと進行する

Sponsored Link

AGAにはプロペシア

ハゲの原因は幾つもあります。

  1. 食事の偏り
  2. 不規則な生活(睡眠不足)
  3. ストレス
  4. 頭皮環境

など、たくさんありますが、

AGAの原因は男性ホルモンです。

男性ホルモンであるテストステロンは、5α-リダクターゼという酵素によってさらに活性の強いジヒドロテストステロン(DHT)というホルモンに変えられるのですが、DHTが頭髪の毛根に作用すると、髪の毛の成長を抑制してしまうのです。

DHTが髪の毛の成長を抑制

ですから、AGA(若年性AGA、壮年性AGA)では、5α-リダクターゼという酵素を抑えて、DHTの産生を抑える必要があるのです。

AGAでは5α-リダクターゼを抑える必要がある

 

プロペシアは高校生は使えない

AGAにもっと有効な育毛剤はプロペシアです。

AGAにはプロペシア

プロペシアは我国で唯一のAGA治療薬です。

AGAは医療用医薬品ですから、皮膚科やAGAクリニック等で医者の診察を受けて処方箋を出してもらわなければ手に入れることはできませんが、診察は簡単で、薬代も1ヵ月10,000円くらいです。

しかし、

プロペシアは20歳未満の男性には処方が禁じられています。

プロペシアは前立腺肥大や前立腺癌の治療薬として開発された薬で、投与量を減らして、AGAの治療薬にも適応が拡大されたのです。

プロペシアには、

  1. 性欲減退
  2. 勃起不全
  3. 精子形成不全

などの副作用が報告されており、未成年への服用は禁じられているのです。

個人輸入代行などで簡単に、格安で入手できるのですが、絶対に購入しないでください

プロペシアは未成年男子の服用は禁止されている

 

リアップも高校生は使えない

大正製薬のリアップは国内で最も売れている育毛剤です。

リアップはAGAに効かない

リアップの育毛作用は、「血管拡張作用」によるものです。

頭皮の血行を良くして毛根部に酸素や栄養素を充分に行き渡らせて発毛を促進します(最近は、発毛を刺激する因子の分泌を促進するとの報告もあるようですが、未確定です)。

リアップは、

5α-リダクターゼ抑制作用がないことから、AGAの育毛剤としては不充分、です。

しかし、

リアップも未成年者の男性は使うことが禁じられています

リアップの有効成分はミノキシジルという化学物質ですが、ミノキシジルは高血圧の治療薬として開発されたのです。

高血圧の薬(経口薬)としての開発は失敗したのですが、副作用に多毛症が認められたことから、外用薬として育毛剤に転用されたのです。

副作用として心臓など循環器系への副作用があることから、未成年者が服用することは禁止されています。

リアップはは未成年男子の服用が禁止されている

 

プランテルは高校生も使えるM字ハゲの育毛剤

AGAの高校生はどうすれば良いの、、、、、

このままハゲるのを待つのかよ!!

 

副作用の心配のない、良い育毛剤があるのです。

プランテルという育毛剤です。

プランテルのボトルと外箱プランテルは、植物エキスからなる、厚労省の認可を受けた医薬部外品です。

プランテルには、AGA予防には欠かせない5α-リダクターゼ抑制作用があるのです。

ヒオウギエキスの5α-リダクターゼ抑制作用

プランテルにはヒオウギという植物のエキスが使われています

  1. ヒオウギエキスには、イソフラボンという成分が含まれています。
  2. イソフラボンには、5α-リダクターゼ抑制作用があります。
  3. イソフラボンの5α-リダクターゼ抑制作用は科学的に証明されています。

ですから、プランテルはAGA(M字ハゲ)に有効なのです。

プランテルは医薬部外品

プランテルはM字ハゲ(AGA)に有効な育毛剤です

 

AGAは処置をしないと進行しますので早めの予防が有効です

Sponsored Link

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ