若ハゲを防ぐには髪の毛にいい食べ物と頭皮ケアー

若ハゲを防ぐにはなんといっても髪の毛にいい食べ物です。

若ハゲや薄毛を防ぐには何回も行ってきましたが、

第一に髪の毛にいい食べ物

なのです。

 

食べ物で若ハゲや薄毛が防げるのか?

と貴方は疑問に思うかもしれません。

でも、考えてください。

筋トレだけで筋肉隆々の身体が作れますか?

ボデイビルダーはバーベルを持ち上げたり、腹筋や背筋をしたり身体を酷使してトレーニングをしますが、プロテイン、アミノ酸など1日に5,000カロリー以上もの筋肉の元になる栄養素を摂取しているのです。

髪の毛についても同じことです。

髪の毛にいい食べ物を過不足無く摂取す々ことが基本なのです。

 

髪にいい食べ物は、

  • 蛋白質
  • ビタミンB類
  • 亜鉛
  • オメガ3脂肪酸

でしたね。

忙しい貴方は、亜鉛やオメガ3脂肪はサプリメントを利用すれば手軽に補うことができます。

若ハゲを防ぐには頭皮環境も大切です

貴方は下記の項目に幾つ当てはまりますか?

髪に最近ハリやコシがなくなってきた
抜け毛が気になる
頭皮がかゆい時が多い
フケが多く頭皮が乾燥している
頭皮が硬いような気がする
髪にボリュームがなくなってきた
ヘアカラーやドライヤーをよく使う
睡眠不足気味である
目の疲れや肩こりがある
顔や首筋のたるみが気になる

これは、スカルプ環境、つまり“頭皮の状態”を調べるチェック項目で、
相当する項目の数で、次のように診断されます。

1つ   : 10歳代後半
2~3つ : 20歳代
4~5つ : 30歳代
6つ   : 40歳代
7つ   : 50歳以上

貴方の“頭皮年齢”は何歳だったでしょうか?

頭皮環境はどうして大切なのか

毛を作るのは毛母細胞という細胞で、毛穴の一番奥にあります。

そして、毛母細胞の側には毛乳頭細胞という細胞があり、毛母細胞に髪を成長させるシグナルを送っているのです。

発毛の仕組み

毛母細胞や毛乳頭細胞は、頭皮の毛細血管により酸素や栄養素を送られています。

酸素や栄養素の供給がなければ毛母細胞や毛乳頭細胞は活発な育毛活動ができずに健康な髪の毛を生み出すことができないのです。

頭皮が硬い、頭皮が痒い、、というような状態は貴方を不快にさせているだけでなく、毛母細胞や毛乳頭細胞にダメージを与えているということなのです。
Sponsored Link

若ハゲを防ぐには頭皮ケアも大事です

貴方の頭皮年齢が貴方の年齢よりも高かったら、髪にいい食べ物をバランス良く摂っても毛母細胞や毛乳頭細胞まで運ぶことができませんので、せっかくの栄養素も無駄になってしまいます。

頭皮年齢が高かったらスカルプケアで若返り

スカルプケア、スカルプマッサージ、スカルプシャンプーなどと、最近は良く“スカルプ”という言葉を耳にしますが、“スカルプ(scalp)”とは“人間の頭皮(頭の地肌)”と言う意味です。

ですから、“スカルプケア”というのは“頭皮のお手入れ”ということです。

髪にいい食べ物 + スカルプケア

は若ハゲや薄毛を防ぐ上で、相乗的に作用します。

頭皮年齢が高かったら、貴方も是非、スカルプケアを始めて下さい。

スカルプケアってどんなことをするのか

スカルプケアをしてください!といわれてもどんなことをしたら良いのか迷ってしまいますよね。

頭皮ケア

スカルプケアとは、

頭皮に良いことをする、ことなのですが若ハゲを防ぐには最低限、

  1. 頭皮に良いシャンプーで正しい方法で洗髪する
  2. 頭皮マッサージをおこない血行を促進する

を心掛けるべきです。

 

あなたの髪の毛はあなたしか守れません

薄毛対策は早めが肝心です。

Sponsored Link

関連記事(一部広告を含む)

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ