薄毛対策には自家植毛が最も効果が期待できる

薄毛になったらどんな髪型にしますか?

アイランドタワークリニックは薄毛に悩む20代~50代の男性を対象にした、

薄毛の実態調査をおこなっているのですが、

薄毛に悩む男性の62%は自分のヘアースタイルに満足しておらず、

薄毛の男性が望むヘアースタイルはショートヘアーなのだそうです。

薄毛に悩むからには、

ロングヘアーやデザインヘアーに憧れているのかと思いましたが、意外ですね。

アイランドタワークリニックでは、

薄毛に悩む人のために無料診断をおこなっています。

無料相談だけでも受けてみたらいかがでしょうか。

髪型のバリエーションはグッと増えるはずです。

 

Sponsored Link

 

育毛対策として自家植毛の認知度は低い

自家植毛では日本一の実績と技術を誇るアイランドタワークリニックですが、

男性の薄毛についての実態調査をインターネットのアンケート調査でおこなっています。

 

先日は、

薄毛に悩む男性が望むヘアースタイルについての調査結果を報告しました。

 

薄毛に悩む男性では、

約62.7%(約3人に2人)が現状の髪型に満足していない

憧れの髪型は「ショートヘア」「デザインヘア」「ボウズ」

だということがわかったというのです。

   詳しく読む ⇒ 薄毛の男性が好む髪型はショートヘア

 

今回は、

薄毛に悩む男性の薄毛対策についての知識についての結果を報告しました。

 

その結果は、

自家植毛の認知度は低い

自家植毛は最も効果がある薄毛対策だと考えている

ということがわかったということです。

   詳しく読む ⇒ アイランドタワークリニック・プレスリリース

 

この調査は、

アイランドタワークリニックが2017年9月に、

  • 20~50代の男性33,500人にインターネットによる「薄毛に関するアンケート」をおこない、

さらにその中の、

  • 「薄毛に悩んだことがある」と回答した20~50歳代の各世代の男性1,000名に、

さらに調査をおこなったものです。

 

 

最も認知度が高い薄毛対策は育毛剤

  34,500人に、

Q:知っている薄毛対策は?

と聞いたところ、

第一位は医薬部外品の育毛剤だったそうです。

 

1位  育毛剤(医薬部外品) 72.9%
2位  かつら 71.6%
3位  増毛 71.5%
4位  育毛薬(医薬品) 71.3%
     
9位  自毛移植 41.0%

 

 

医薬部外品の育毛剤というのは、

  1. フィンジア
  2. ビタブリッドC

のような、通販やドラッグストアで購入できる育毛剤ですが、

厚労省が認可した抜け毛や薄毛に効果のある成分が含まれている育毛剤です。

 

3位の増毛とは、アートネーチャーやリッチアップのような、残っている髪の毛に人工毛を巻き付けるような技術です。

増毛の方法

 

 

4位の育毛剤(医薬品)とは、

  • 医療用医薬品 : プロペシア、ザガーロ
  • 一般医薬品  : リアップ

ということですね。

 

アイランドタワークリニックは最新技術を持ち国内では最も自家植毛の症例数が多いクリニックですが、

自家植毛の認知度は低く9位だったのですね。

 

Sponsored Link

 

自家植毛は最も効果が期待できる薄毛対策

そんな、育毛対策としては最も認知度が低い自毛植毛なのですが、

 

Q:最も効果があると思われる育毛対策は?

との質問には、

 

1位 自毛移植 59.0%
2位 治療薬の服用 55.4%
3位 人工毛移植 54.2%
4位 生活習慣の改善 34.2%
5位 発毛サロン 31.0%
6位 増毛 28.5%

 

 

自家植毛が治療薬の服用を抑えて第一位だったのです。

自家植毛の認知度は低いのですが、

薄毛に悩む男性が、確実に効果があると考えているのは自家植毛なのです。

 

自家植毛は日本皮膚科学会も推奨している

日本皮膚科学会は、

男性型脱毛症診療ガイドライン

というのを出しています。

 

男性の脱毛症の治療では、何が有効か、どんな治療法をすべきかという指針なのですが、

その中で、

さまざまな治療法を、

症例対照研究の論文をを参考に、

5段階で評価しているのです。

  • 推奨A: 行うよう強く勧められる
  • 推奨B :行うよう勧められる
  • 推奨C1 :行うことを考慮してもよいが,十分な根拠がない
  • 推奨C2 :根拠がないので勧められない
  • 推奨D :行わないよう勧められる

 

   詳しく読む ⇒ 日本皮膚科学会ガイドライン

 

そして、

  • A:行うよう強く勧められる
  • B:行うよう勧められる

に選ばれたのが、

 

推奨A  ミノキシジル外用
推奨A  フィナステリド内服
推奨B  自毛移植

 

ということなのです。

 

Sponsored Link

 

人工毛移植はやってはいけない

植毛には、

  1. 自家植毛
  2. 人工毛植毛

の2つがあります。

 

自家植毛とは自分の後頭部などの頭髪を薄毛の部分に移植するのです。

 

i-direct法による自毛植毛自毛植毛の費用はそれほど高くありません

 

 

 

 

 

 

後頭部の髪の毛はAGAの影響を受けませんから薄毛の部分に移植してもハゲませんし、

毛包部も移植していますから、移植した髪の寿命が尽きて抜けてしまっても再び生えてくるのです。

 

人工毛移植とは人工的に作った髪の毛を薄毛の部分に植え付けるのですが、免疫的な拒否反応により時間がたてば抜けてしまいます。

日本皮膚科学会のガイドラインでは人工毛植毛は「やるべきではない」としています。

 

自毛移植は薄毛対策の中では最も勧められ方法なのですが、問題は金額です。

何本移植すれば良いかはその人の薄毛の状態で決まりますが、

100万円程度はかかるのではないでしょうか?

  詳しく読む ⇒ 自家植毛した有名人の価格は?

 

しかし、

リアップやミノキシジルの1ヵ月薬価は10,000円程度ですからリアップを数年間使い続けるのであれば自毛移植の方が安上がりかもしれません。

 

 

自毛移植は最近では非常にポピュラーになり、日本皮膚科学会の男性の脱毛症治療ガイドラインでも推奨する方法なのです。

 

 

価格も安くなってきましたし、早い段階で行えばそれだけ費用も安く済みますし、

段階的に移植していくので周囲の人にも気づかれずに増毛することができるのです。

 

薄毛対策を考えている人は無料診断だけでも受けてみたらいかがでしょうか。

 

アイランドタワークリニック

 

関連記事(一部広告を含む)

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ