薄毛対策には究極のTKGを使った卵かけご飯

タカラトミーアーツから10月に「究極のTKG」が発売されます。究極のTKGを使った卵かけご飯はビオチンが多く薄毛に良い

「究極のTKG」は、生卵をセットしてボタンを押すと、

メレンゲ状になったフワフワの白味と黄色い黄身をにすることができるという仕組みだ。

写真を見ただけで食べたくなりますが、

実は、究極のTKGは薄毛対策に最適な卵かけご飯を作ることができるのです。

薄毛対策には卵がお薦めなのですが、普通の卵かけご飯では薄毛対策には不充分なのです。

 

 

薄毛対策にお薦めな卵かけご飯を作る「究極のTKG」

タカラトミーアーツは10月に、

  1. 卵割り機能
  2. 白身分離機能
  3. 高速攪拌機能

を備えた卵かけご飯を作る「究極のTKG」を発売すると発表しました。

ビオチンが多い究極のTKGで作った卵かけご飯は薄毛に良い

この、「究極のTKG」を使えば、

薄毛対策には究極のTKGで作ったビオチンが多い卵かけご飯が最適

こんな卵かけご飯を作ることができるのです。

 

その機能は、タカラトミーアーツがビデオで紹介していますからご覧下さい。

 

いかがですか?

これであなたも「究極の育毛対策」を初めて見ませんか?

「究極のTKG」の価格は3,780円と格安です!

 

では、

「究極のTKG」がどうして「究極の育毛対策」なのかをご説明しましょう。

 

Sponsored Link

 

 

卵かけご飯は薄毛対策にお薦め

「タマゴ3個で毛が生えた!という」私の記事をご覧になっていただけましたか?

 

週刊現代の7月18日号の記事を紹介したのですが、

  • 1日にタマゴ3個を食べたら「勃った」
  • 1日にタマゴ3個を食べたら「痩せた」
  • 1日にタマゴ3個を食べたら「毛が生えた」

というのです。

究極のTKGで作った卵かけご飯で毛が生えた

        詳しく読む ⇒ タマゴ3個で毛が生えた!

 

「卵3個で毛が生える」って凄いことですよね。

おまけに男性では「勃った」、女性では「痩せた」というのであれば食べないわけにはいきません。

 

今でこそ卵は安くいつでも手に入りますが、

昭和の初期頃までは卵は貴重品で、「病気になったとき」や「お金持ち」しか食べられなかったのです。

 

卵はビタミンやミネラルも豊富に含まれ、

一番優れた動物性食品なのです。

そうですよね、雛が孵化するまでの全ての栄養素が含まれているのですから。

 

さらに、卵には、

  1. うつ病の予防
  2. メタボの予防
  3. 動脈硬化の予防
  4. 認知症の予防

もあることが明らかになっています。

 

卵のビオチンは薄毛に効果がある

卵にはビオチンが豊富に含まれています。

ビオチンはビタミンの一種で、ビタミンHやビタミンB7とも呼ばれているのですが、

ビオチンは体の代謝に必要な成分で、細胞の成長を促進する作用を持ち、

 

ビオチンが欠乏すると

  • 脂肪代謝の障害
  • 疲労の増加
  • 筋肉の痙攣
  • 睡眠障害
  • 抜け毛
  • 湿疹や皮膚あれ
  • 血糖の上昇

などの体のトラブルが起きることが明らかになっています。

 

食品のビオチン含有量(100g当)

  • 豚レバー  79.6μg
  • 卵黄    65.0μg
  • アーモンド 61.6μg
  • アサリ   22.7μg
  • 焼き海苔  46.9μg

卵はビオチンをたくさん含んでいる食品です。

 

日本人ではビオチンの成人摂取目安量は50μgです。

卵黄1個は18gですから3個食べれば35μgになります。

 

ビオチン研究の第一人者である県立広島大学加藤秀雄名誉教授 は、

卵黄には育毛効果がビオチンが多く含まれ毛根や毛髪の成長を助ける

と述べていますし、

 

脳科学コメンテイター である黒川伊保子氏は、

 脳の老化防止に1日卵3個を始めたところ髪も肌も蘇った

とコメントしています。

 

卵はコレステロールを上げるは間違い

「卵を食べすぎるとコレステロールが上がる」これは昔から信じられてきました。

しかし、

2015年4月に厚生労働省は「食事摂取基準」を改訂しコレステロールの摂取基準を撤廃したのです。

同時に、

日本動脈硬化学会も2015年4月に、

「食事で体内のコレステロール値が変わることはない」

との声明を発表しました。

 

体内でコレステロールを作れないウサギでは、コレステロールをたくさん食べると血中のコレステロールが上がることから、

「コレステロールの摂りすぎは血中のコレステロールを上げる」

といわれてきたのです。

 

しかし、体内でコレステロールを作ることができる人間では、
コレステロールをたくさん食べると体内のコレステロール合成が低下し、バランスをとっていることが分かったのです。

 

ですから、薄毛対策として1日に卵3個食べることは何も問題がないのです。

 

 

Sponsored Link

 

究極のTKGで薄毛対策に最適な卵かけご飯を作る

さて、薄毛対策に効果があるビオチンなのですが、

ビオチンが含まれているのは黄身

なのです。

 

そして問題なのは、

白味にはアビシンという成分が含まれているのですが、

白味のアビシンは黄身のビオチンの吸収を妨げてしまう

ということなのです。

 

卵かけご飯を食べようとして、生卵をかき混ぜると、

  1. アビシンはビオチンに結合して熱や酸に強い物質に変化する
  2. アビシンと結合したビオチンは腸で吸収されずに体外に排出されてしまう

ということで、ビオチンの薄毛に対する効果が発揮できなくなってしまうのです。

 

ビオチンの効果を発揮させるためには、

  1.  黄身と白身を分けて食べる
  2.  加熱してアビシンを失活させる

必要があるのです。

 

 

ですから、

 卵かけご飯では黄身だけを食べる

のが良いのですが、それでは物足りませんよね、、、、

 

そこでお薦めなのが10月に発売される「究極のTKG」なのです。

究極のTKGでは白味がメレンゲ状になっていますから、

ビオチンとアビシンの接触をかなり防ぐことができるので、ビオチンの効果が発揮できるのです。

 

薄毛対策には卵が効果がありますから積極的に食べて下さい。

卵かけご飯では究極の究極のTKGを使ってできるだけ黄身と白身の接触を避けて下さい。

 

関連記事(一部広告を含む)

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ