ガニアシ育毛剤には発毛効果と白髪予防効果がある

カイゲンファーマはガニアシを毛髪アンチエイジング分野でも展開すると公表した。

カイゲンファーマと聞いてもピンと来ないヒトも多いでしょうが、

感冒薬「改源」と聞けば一度は耳目に触れたことがあるでしょう、、、

そのカイゲンファーマはコンブの発毛に関する研究では長い歴史を持っているのです。

「コンブ」「育毛」と聞けば、思い出すヒトも多いことでしょう。

そうです、ブブカやチャップアップなど多くの育毛剤にはコンブのエキスから抽出された発毛成分が使われているのです。

カイゲンファーマはガニアシには発毛促進作用だけでなく白髪予防作用をも見いだし、今後は髪の毛のアンチエイジング剤としても販促していくというのです。

 

Sponsored Link

 

ガニアシには発毛効果に加えて白髪予防効果もある

カイゲンファーマ(株)は、

ガニアシの育毛成分について総合的な毛髪アンチエイジング素材として拡販に乗りだすとプレスリリースしました。

 

北海道産の真昆布のガニアシ由来の成分について、

従来の発毛・育毛に加えて、新たに「白髪ケア」をも訴求するというのです。

 

既に特許も取得し、

75人を対象にした臨床試験で、

白髪が減少したとの「白髪ケアに関する新規データ」も揃ったとで白髪予防などの毛髪のアンチエイジング剤として販促していく計画なのだそうです。

 

Sponsored Link

 

発毛作用や白髪予防作用のあるガニアシとは

昆布にはさまざまな健康効果のある成分が含まれ、

あなたもご存じのように、チャップアップやブブカには北海道のミツイシ昆布から抽出された育毛成分が使われています。

また、発毛促進で有名なリーブ21もコンブに育毛成分を見い出したと報じています。

 

ガニアシとは、そのコンブが岩に貼り付いている部分(仮根)なのです。

コンブ自体は採取しても、ガニアシは岩にガッチリと貼り付いているために採取することが困難で捨てられていたのです。

 

ガニアシの名前の由来は、 ガニアシ → カニのアシ ということで、

コンブを採取する漁師さんが、岩に貼り付いているカニのように見えることから、ガニアシと呼んできたのです。

ガニアシは採取することが難しい上に、非常に固くて食べることができず、食用にならないとして廃棄されていました。

しかし、

カイゲンファーマの研究により、

コンブ本体よりも成分が豊富で、本体には含まれていない新しい成分が含まれていることが明らかにしたのです。

 

ガニアシにはコンブ本体より2倍も多くのミネラルが含まれ、

  1. アルギン酸
  2. フコイダン
  3. セルロース

などの多糖類や食物繊維が非常に多く含まれているのです。

 

 

ガニアシにはフコイダンが2種類含まれる

コンブの毛髪に対する育毛効果はフコイダンと言われる成分です。

フコイダンとは、褐藻類といわれるコンブやワカメ、モズクなどのヌルヌルした粘質物に多く含まれる食物繊維で、

  1. 抗酸化作用
  2. 抗がん作用
  3. 抗菌作用
  4. 皮膚創傷修復作用
  5. 胃粘膜保護作用
  6. 胃潰瘍治癒促進作用
  7. 血中コレステロール低下作用

などの多くの健康効果を示すことが明らかになっています。

 

フコイダンには、

  1. L-フコイダン
  2. GA-フコイダン

の2種類あるのですが、

 

コンブ本体にはL-フコイダンしか含まれないのですが、

ガニアシにはL-フコイダンとGA-フコイダンの2種類のフコイダンが含まれているのです。

そして、

ガニアシにだけ含まれるGA-フコイダンの作用が注目されているのです。

 

Sponsored Link

 

ガニアシの発毛作用

コンブやモズクなどは表面がヌルヌルしていますが、フコイダンはこのヌルヌルに含まれているのです。

フコイダンの発毛作用は、

フコイダンは毛乳頭に作用してFGF-7を分泌させる

ことによるといわれています。

 

FGF-7は線維芽細胞増殖因子といわれる成長因子の1つで、毛乳頭細胞から分泌されたFGF-7は毛母細胞の細胞分裂を活発化させ、発毛を促進するのです。

 

FGF-7などの成長因子とは細胞分裂を活発にする働きがあり、胎盤などにも多く含まれていることで知られており、薄毛治療の1つであるHARG療法ではFGF-7などの成長因子を頭皮に注入するのです。

 

NPO法人日本EGF協会の報告では、

臨床試験において3カ月にわたってFGF-7を塗布したところ、

  • 男性の70%
  • 女性の90%

頭髪量の増加が確認され、

  • 男性の80%
  • 女性の90%

頭髪の太さが確認された、

と報告しています。

  詳しく見る ⇒ NPO法人・日本EGF協会

 

 

ガニアシの発毛効果については、ガニアシ研究会が2006年に報告しています。

  • 30~70歳の男女111名に、
  • ガニシア粉末を朝晩各500㎎を、
  • 4ヵ月間服用させたところ、

発毛に関して、

  • 著効と有効の人が 71%(70人中50人)

だったと報告しています。

 

 

カニアシで発毛を促進するには

さて、

カニアシの育毛剤は発売されているのか、、、が気になるところです。

 

カニアシの育毛剤は、サプリメントで発売されているようです。

カイゲンファーマは、

 

アートネイチャーと共同開発した「King of Konbu −昆布の王様−」を販売しています。

昆布を研究して半世紀のカイゲンファーマと髪の専門メーカー、アートネイチャーが共同開発して誕生した髪を考える大人気サプリメントがリニューアル!
昆布由来の特許成分「ガニアシ」、「ガニアシエキス」に加え、新原料にアミノ酸成分が豊富な「黒酢エキス」、
さらに活力サポート「ガラナエキス」、「生コーヒー豆エキス」等を加えた『King Of Konbuアミノ酸Plus』に生まれ変わりました。
『King Of Konbuアミノ酸Plus』があなたの髪とからだの健康をサポートします。

というものです。

 

具体的な内容は、

  • ガニアシ
  • 配合野菜酵素(64種類)
  • 黒酢(アミノ酸)

が主成分で、

ガニアシと、発酵させた野草、黒酢エキスを配合したもののようです。

 

ガニアシの発毛効果を利用するなら現時点では経口サプリメントを活用する必要がありそうです。

 

関連記事(一部広告を含む)

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ