コスメディ製薬がfa:sa(ファーサ)を新発売

コスメディ製薬が世界初というコンセプトの育毛剤を発売しました。

名前は、fa:sa(ファーサ)。

なんと、微細な針で頭皮に直接育毛成分を注入するというのです。

痛くないのかな、、、と思ってしまいます、、、

fa:sa(ファーサ)を発売するコスメデイ製薬は皮膚送達では革新的な技術を持つ会社のようです。

かなり期待が持てそうですが、

fa:sa(ファーサ)はどんな育毛剤なのか、有効成分や価格も調べてみました。

 

コスメディア製薬が育毛剤fa:sa(ファーサ)を新発売

6月15日に、

京都のベンチャー企業であるコスメディア製薬が、

新しいコンセプトの育毛剤「fa:sa(ファーサ)」を新発売しました。

 

fa:sa(ファーサ)は世界初の全く新しいコンセプトの育毛剤で、

マイクロニードルといわれる微細な針を頭皮の中に差し込んで育毛液を頭皮の中に直接注入するというのです。

       詳しく見る ⇒ コスメデイ製薬プレスリリース

 

え!

針を頭皮に突き刺すの?!!

と、驚いてしまいますが、安心して下さい。

針は、ヒアルロン酸といわれるコラーゲンのようなものでできていますので、体温と水分で溶解してしまうのだそうです。

ヒアルロン酸でできた針の長さは0.2ミリ、先端部分に穴が開いておりここから育毛成分が注入されるのです。

また、ヒアルロン酸でできた針にも育毛成分が含まれているそうなのです。

 

 

どうして頭皮に針を刺して注入するのか?

どうして針で注入するのか?

それは、髪の毛を作り出す毛根部の毛母細胞まで有効成分を届けるためです。

 

 

育毛剤の成分は、頭皮から浸透して毛根部の毛包という部分まで到達し、髪の毛を作り出す毛母細胞を活性化することで薄毛を解消するのです。

多くの育毛剤が、使ったときにスーッとしますよね。

これは育毛剤にアルコールが含まれているからです。

アルコールを混ぜるのは、爽快感を与えるためではなく、

  • 育毛成分を溶解する
  • 育毛成分の浸透を助ける

という目的のためなのです。

 

しかし、アルコールは頭皮を傷めてしまう可能性もあることから、

最近はアルコールを含まない育毛剤も開発されています。

 

育毛成分をナノ化といって非常に細い粒子にして頭皮からの吸収を良くしている育毛剤もあります。

ビタブリッドCなどは、分解されやすいビタミンCを毛根部に確実に届ける技術により驚くほどの育毛効果を現しています。

 

頭皮には毛根部の皮脂腺から分泌された皮脂で被われていますから浸透しにくいのですね、、、

 

Sponsored Link

 

育毛剤fa:sa(ファーサ)の使い方と成分、価格

コスメデイ製薬の育毛剤fa:sa(ファーサ)は世界で初めてのコンセプトの育毛剤ですが、

  1. 使い方
  2. 成分
  3. 価格

はどうなのでしょうか?

 

fa:sa (ファーサ)の使い方

fa:sa (ファーサ)は、

  1. fa:sa スキャルプパッチ
  2. fa:sa 育毛トニック

の2つの組合せになっています。

  • 毎日朝晩  : fa:sa 育毛トニックを使う
  • 週に2~3回 : スキャルプパッチで頭皮に注入

という使い方をするのだそうです。

 

さて、スキャルプパッチで頭皮に注入する方法ですが、

  1. 洗髪後、髪の毛の水分をしっかりと拭き取る
  2. 育毛トニックにアプリケーターをセット
  3. アプリケーターに針のついたパッチを装着

  4. パッチを薄毛が気になる部分に押しつける
  5. 育毛トニックを注入

と、簡単そうです。

頭皮にパッチを押しつけると、「チクッと感じる」そうですから育毛トニックのノズルを10秒程度そのまま押し当てるとスキャルプパッチが溶けて頭皮に育毛液が浸透するそうです。

その後は指の腹を使って頭皮をマッサージしながら育毛トニックをなじませればOKです。

 

fa:sa 育毛トニックの成分

マイクロニードルで、角質層の内部まで有効成分を浸透させられることができるのですが、気になるのは育毛成分です。

コスメディ製薬は、

各種育毛成分に加え、トンガ王国産天然モズクから抽出された「フコイダン」を多く含む海藻エキスを配合

としています。

その他の成分としては、

<スキャルプパッチ>
    ヒアルロン酸Na、トレハロース、
    加水分解コラーゲン、トコフェロール、ジカプリル酸ピリドキシン、
    BG、グリチルレチン酸、クラドシホンノバエカレドニアエ多糖体、
    オタネニンジン根エキス、ショウガ根茎エキス、ガゴメエキス、
    メチルパラベン、エチルパラベン

<育毛トニック>    
    グリチルリチン酸ジカリウム、センブリ抽出液、ニンジンエキス

ということで、目新しい成分はなさそうです。

fa:sa の価格

さて価格です。

製品ラインアップは、

  1. fa:sa スペシャルケアセット
  2. fa:sa スキャルプパッチ
  3. fa:sa 育毛トニック

の3種類です。

育毛トニックだけ買っても意味はありませんし、パッチだけでもどうしようもありません。

基本セットは「fa:sa スペシャルケアセット」でしょうね、、。

 

fa:sa スペシャルケアセット

  • スキャルプパッチ 6枚×4セット
  • 育毛トニック スキャルプパッチ専用 60ml

 価格 : 14,040円(税込)

 

しかし、付いてくるのは、パッチとパッチ用の育毛トニックですから、

毎日朝晩使う育毛トニックも必要です。

 

fa:sa 育毛トニック

価格 : 5,400円(税込)

 

ということです。

パッチは6枚×4セットですから、24枚。

薄毛が気になる部分3ヵ所に、週3回、ということですと9枚、月に36枚が必要です。

 

fa:sa スキャルプパッチ

スキャルプパッチ6枚×4セット

価格 : 1万1、880円

 

そうしますと、

1ヵ月に、

14,040円 + 5,400円 + 11、880円 = 31,320円

追加パッチを買わなければ、

14,040円 + 5,400円  = 19,440円

 

パッチがあってこそのfa;sa育毛剤ですから、、、

使ってみたいのですが、価格が気になります。

 

Sponsored Link

 

fa:sa育毛剤のコスメデイ製薬とは

結構高価な育毛剤ですから、

fa:sa育毛剤を販売しているコスメデイ製薬とはどんな会社かが気になります。

 

コスメディ製薬(株)は京都薬科大学薬剤学教室から出発したベンチャー企業です。

TTS ( transdermal therapeutic system )を基盤とした皮膚関連製品の開発会社です。

 

TTSというのは、皮膚送達技術のことで、

いかにして有効成分を皮膚から効率よく吸収させるか

という技術です。

 

その一つが、fa:sa育毛剤のパッチに使われたマイクロニードル技術です。

応用例としては、

  1. 蛋白医薬の経皮吸収製剤
  2. 経皮ワクチン
  3. 美容ケア

などがあり、

2008年にはマイクロニードル技術を応用した化粧品の実用化に世界で初めて成功し、

貼るだけで肌に、はりと潤いを与え、小じわや乾燥対策になるという「ダーマフィラー」やオリジナルブランドの化粧品「Quanis」を発売しているようです。

 

 

いかがでしたでしょうか?

コスメデイ製薬のマイクロニードル技術を活かした、

微細な針を頭皮の中に差し込んで頭皮の中に直接注入する育毛剤

有効成分に関しては特に目新しさは感じませんが、

有効成分を毛根部に確実に届けることができる

という技術ですからかなり効果が期待できるのかもしれません。

 

関連記事(一部広告を含む)

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ