若ハゲ対策は若い方が良い

若ハゲ対策は予防がポイント

若ハゲ対策は、

『治すより防ぐ』 がキーワードです。

つまり、若ハゲは、

  • 予防は簡単
  • 治療は困難

ということです。

髪の毛の成長速度は、毎日0.3ミリから0.4ミリです。

1ヵ月で1センチ。

1年で10センチ。

貴方の抜け毛の長さは何センチ位ありますか?

短髪のヘアスタイルでなければ普通の男性の頭髪は15センチ、女性であれば20センチ位でしょう。

朝目が覚めたときに枕に付いていた抜け毛は何本あったでしょうか。

それらの髪の毛が成長するまでには2年もかかるのです。

2年もかかった毛が何本も抜けてしまうのです。

 

 

若ハゲはヘアサイクルの乱れ

髪の毛にはヘアサイクルという周期があることはもうご存じですよね。

髪の毛には、

  1. 成長期
  2. 休止期
  3. 退行期

という周期があり、

生えてから抜けるをおよそ2~6年の周期で繰り返しているのです。

 

通常の髪の毛のヘアサイクルでは6、7年ですが、

若ハゲのヘアサイクルでは成長期が短くなり完全に成長が終わらないうちに抜けてしまうのです。

ヘアーサイクル

 

したがって、髪の毛は、細く、短い髪の毛になり、『腰のない髪の毛』になってしまうのです。

そして、最終的には『ハゲ』てしまうのです。

これは非常に非効率的な話ですね。

 

若ハゲの成長期を延ばす

抜けてしまって全く髪の毛がなくなってしまってから新しい髪の毛が生えてくるまでには、また新たな成長期を迎えるまで待たなければなりません。

新たな髪の毛が生えてくるのを待つよりは、途中まで成長した髪の毛を抜けないようにする方がよほど効率的です。

若ハゲ対策では、『抜けるのを防ぐ』のがポイントなのです。

 

男性型脱毛症の年代別発症率を見てみますと、20代では6%、30代でも12%しかありませんが、50代では44%と半数近くが脱毛症です。

若ハゲの発症率

若ハゲと言っているうちに、髪の毛や頭皮も老化し、髪の毛は健康なはげていない方でも新しい毛が生えにくくなってくるのです。

 

Sponsored Link

 

髪の毛や頭皮の老化で髪の毛は生えにくくなる

加齢に伴って、なぜ髪の毛が細くなったり、コシやハリがなくなったりしてしまうのは髪の毛の老化よるものだと、大阪大学の毛髪再生医学講座の板見智教授は述べている。

髪の毛は頭皮の細胞が変化してできたものなのです。

皮膚から上に出ている部分は毛幹といわれ、皮膚の下に隠れている部分は毛包といわれます。

髪の毛は、上でもいいましたように、毛包の部分の毛母細胞が繊毛を生み出し、毛乳頭細胞の刺激により分裂・増殖を繰り返して髪の毛に成長させ、皮膚の表面から上に押し上げているのです。

髪の毛は、2~6年の周期で、成長期、退行期、休止期と続く一連の流れを繰り返しており、これを「ヘアサイクル」と呼ぶことは上の図で説明したとおりです。

 

男性では20代以降、女性では30代以降に老化が始まる

若い時には髪の毛のおよそ90%ぐらいが成長期にあるのですが、加齢とともに、成長期の期間が短くなり、逆に休止期や退行期の期間が長くなることから、成長期にある髪の毛の本数が減少してしまうのです。

これは、新しい髪の毛が生えにくくなるということです。

男性はでは20代、女性では30代をピークに髪の毛は次第に細く、まばらになり、これは「髪の毛の老化現象」で、誰もが避けることはできないのだそうです。

 

若ハゲに気付いたらすぐに若ハゲ対策を開始

若ハゲとは、10代後半や20代前半でみられる若年性脱毛症のことばかりではありません。

上記の男性型脱毛症の年代別発症率を見ると40代での発症率は32%ですから、まだ3人のうちではげているのは1人だけということです。

40代はまだまだ壮年の前半でありハゲる年齢ではないはずです。

まして、30代では、、、。

 

しかし、このサイトをご覧になってお分かりのように、若ハゲは充分に予防できるのです。

ハゲる家系なら早めに予防策を講じてください

若ハゲは遺伝すると言われます。

このサイトでもご説明しましたように、かなり遺伝に支配されています。

しかし、遺伝だけではハゲません。

 

遺伝的要因 + 環境要因

で決まるのです。

環境要因とは、食生活や生活スタイルです。

食事内容、ストレス、睡眠不足、などは遺伝的要因に相加してハゲの引き金を引くのです。

  詳しく読む ⇒ ハゲは遺伝するが遺伝しない

 

食生活の改善も難しいことではない

若ハゲを予防する食生活とはそんなに難しいことではありません。

髪の毛にいい食べ物を摂り、できるだけファーストフードやインスタント食品を控えるだけです。

髪の毛いい食べ物のオススメは大豆食品です。

ダイスに含まれるイソフラボンには、若ハゲの原因である5α-リダクターゼ抑制作用が有るのです。

 詳しく読む ⇒ 大豆のイソフラボンが有効

 

あなたに合った育毛剤を見つけてください

今も育毛剤をお使いかと思いますが、貴方の若ハゲに合った育毛剤を選んでください。

たくさんの育毛剤が販売されていますが、貴方の若ハゲに有効な育毛剤は、『5α-リダクターゼ抑制作用の有る育毛剤』です。

他のたくさんの育毛剤を使っても結構ですが、若ハゲ、AGAには、『5α-リダクターゼ抑制作用の有る育毛剤』でなければ効果がないのです。

 

Sponsored Link

 

関連記事(一部広告を含む)

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ