薄毛で人目が気になるのは男性か女性か

薄毛を気にしているのは若い男性と年齢の高い女性

ヘアサロン&ビューティーサロン検索予約サイトの「ホットペッパービューティー」がおこなった興味深い調査があります。

これは、

「薄毛に関する男女別年齢別の意識調査」

で、

薄毛に対する意識を年齢別に調査したものです。

この調査では、男女2,149人を対象に、髪への不安や薄毛などについて答えを求めたのですが、

薄毛を気にしているのは若い男性と年齢の高い女性

だということが分かったのです。

 

薄毛が気になる人の男女別割合

髪への不安として、

  • ハリ・コシ
  • 毛髪量
  • ボリューム
  • 髪の細さ
  • 抜け毛

を感じている人の中で、薄毛が気になる男女別、年代別の割合を調べたのですが、

年代別の薄毛が気になる割合

 

  • 男性では30歳代
  • 女性では年齢が高くなるほど

薄毛を気にしている割合が高くなるのです。

 

若い男性ほど薄毛を気にしている

20代の男性で薄毛を気にしているのは、74.7%でしたが、

30代になると77.9%と上がるが、40代、50代と年齢を重ねるにつれて気にしなくなっていることが分かったのです。

(これは諦めてしまった、、ということなのでしょうか?) 

 

 年齢の高い女性ほど薄毛を気にしている

一方、薄毛を気にする女性は20代では67.7%で、年代が上がるにつれて上昇傾向が見られたのですが、

40代では、女性の方が男性より薄毛を気にしている人の割合は多かったのです。

 

育毛剤を購入するのは若い男性が多い

男性では若い年代ほど薄毛を気にしているということは、別の調査結果でも明らかになっています。

これは、当サイトでも推奨しているM字ハゲ専用の薬用プランテルの購買層調査です。

プランテル購入者の年代層

図のように、育毛剤の購入者で最も多かった年齢層は、

  1. 20代後半と30代前半
  2. 20代前半と30代後半

であり、全購入者の80%が20代と30代で、40代は15%しかいなかったのです。

Sponsored Link

 

高齢者では女性の方が外見の老いを気にしている

ソニー生命保険が行った「シニアの生活意識調査2014」からも髪の悩みに関して興味深いことが分かりました。

この調査では、

自分がどのようなときに年をとったと感じるか

をたずねたところ、

  1. 小さな文字が見づらくなったとき : 56.1%
  2. 人やモノの名前がなかなか出てこないとき : 54.8%
  3. 白髪が増えたと感じたとき : 48.2%
  4. 運動の際に思ったよりも体が動かなかったとき : 41.0%
  5. シワが増えたと感じたとき : 30.3%
  6. 髪のボリュームが減ったと感じたとき : 28.1%

と、

  • 身体の衰え
  • 外見の変化

によって年をとったことを感じるシニアが多かったのです。

 

しかし、男女別にみると、身体の衰えによって自覚をするのは男性が多く、

運動の際に「思ったよりも体が動かなかったときに老いを感じるか」の質問では、

ハイと答えたのは、

  •  男性 : 49.0%
  •  女性 : 33.0%

でした。

 

 一方、

外見の変化によって自覚をするのは男性よりも女性が多く、

白髪が増えたと感じたときに老いを感じるのは、

  •  男性 : 40.0%
  •  女性 : 56.4%

髪のボリュームが減ったと感じたとき、では

  •  男性 : 24.2%
  •  女性 : 32.0%

シワが増えたと感じたとき、では、

  •  男性 : 20.2%
  •  女性 : 40.4%

では女性のほうが多く、

女性は外見の衰えを気にしている人が男性よりも多いのです。

 

Sponsored Link

 

 薄毛にお金をかけるのは30代男性と高齢女性

 薄毛を気にしているのは30代~40代の男性と50代以降の高齢の女性だということが分かったが、さらにこれを裏付ける調査結果があります。

前出の「ホットペッパービューティー」が行った調査ですが、

毛髪対策に月間でどれだけの費用をかけているかという調査です。

年代別薄毛対策費用

毛髪対策として、実際にかけている月間金額、さらに、かけても良いと思う金額を尋ねたところ、

男性では、

  • 月に育毛剤にかけている金額は30代が4,745円で最高額
  • かけても良い月間金額も30代が6,180円で最も高かった

のです。

女性では、かけている金額が多かったのは、

  • 30代では3,239円
  • 40代では2,834円

で、あったが、

月にかけても良いと思う金額は50代の4,460円がもっとも高かったのです。

 

男性と女性では薄毛になる時期が異なる

これらの調査結果から、男女の薄毛の違いが背景に有るように思われるのです。

つまり、

 男性 : 20代30代の、若年性男性型脱毛症

 女性 : 50代以降の、閉経後の女性男性型脱毛症

の違いがあるからだと思われます。

薄毛は老化を連想させ、より加齢を感じさせてしまうものですが、

  1. 適切な薄毛対策
  2. 髪の毛にいい食べ物
  3. 最適な育毛剤

によって予防することが可能なのです。

一番わかって欲しいのは、

育毛剤だけでは薄毛は治らないと言うことです。

良い髪を育てる

失った髪の毛を取り戻すのは難しい

関連記事(一部広告を含む)

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ